パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
パンラボ&comics その4純喫茶マジック

 

えっへん!

 

 

DSC_0608~2.jpg

 

 

東中野の純喫茶の名店・ルーブルのセレナーデ(パフェ)。

 

最先端のパフェにそれがあるのかわからないけれど、昭和のパフェには

「えっへん!」感があった気がする。

 

蝶ネクタイをして、えっへんと誇らしげな感じ。

 

それは背筋を見るとわかる。

 

 

 

 

DSC_0610~2.jpg

 

 

背筋ピーン!

 

うむ、えっへん感いっぱいだ。

 

 

ルーブルの名物はもう一つある。

喫茶店で使える魔法として、ちょっと前に掲載したこれ。

 

 

DSC_0624~2.jpg

 

 

ミートーソース・スパゲッティ

 

 

これまた日本の喫茶店文化の中で研鑽され、昇華してきたと感じる日本人が大好きな旨味満載の、絶品ミートソース。

だからパスタではなく、スパゲッティ〜!

 

 

このことを教えてくれたのが純喫茶の達人で、もうすぐ新刊も出る(純喫茶、あの味)・難波里奈さん。

 

マツコ・デラックスさんの番組で、難波さんが紹介していたから知ってる人も多いかもしれない。

ほんとうにここのミートソースはおいしい。

 

映画「探偵はBARにいる」では、喫茶店のナポリタンが大活躍するけど、東中野が舞台だったならばきっとミートソースが大活躍してるはずだ。

純喫茶=ナポリタンの常識を覆してくれる逸品だ。

 

 

でもルーブルの入口は喫茶店ではない。パン屋だ。

もっといえば、総菜系のパン屋だ。

入口はパン屋で、その奥に喫茶店。

 

実は、東中野近辺に10年近く住んでいるから、当然ルーブルは知っていた。

でも純喫茶の名店としてリスペクトされていることは知らなかった。

いつも入口でサンドイッチを買って、それで終わっていたからだ。

 

 

 

IMG_20160617_095440.jpg

 

 

 

でも、サンドイッチにも名物と思しき逸品がある。

それが、緑のサンドイッチ。

 

 

 

 

IMG_20160617_095626.jpg

 

 

 

きゅうりのサンドイッチではない。

メカブのサンドイッチだ。

 

 

 

 

IMG_20160617_101421.jpg

 

 

マヨネーズとからしともう一つ何かで味付けされたメカブ。

メカブのコリっと感と磯の香りの浮遊感がおいしい。

 

このサンドイッチについては前から知っていた。

そしてときどき無性に食べたくなるときがあって、このサンドイッチを食べたいがために立寄っていた。

 

「メカブのサンドイッチのファンもいっぱいいますよ」と難波さんも語っていたけど、しごく納得だ。一度食べたら忘れられない、クセになるサンドイッチだ。

 

 

 

にしても、パンと磯の香りって、なんで合うのだろう。

 

それは、食パンの魔法でも協力してくれた神田・エースののりサンドのおいしさからもわかる(魔法60のりサンド)。

 

 

IMG_20160412_212725.jpg

 

 

 

こちらは難波さんオススメのドーナツ。

 

IMG_20160412_212810.jpg

 

真ん中のバターを少しずつつけながら食べる。

一口食べて、コーヒーをひとすすり。

 

忘れかけてた「ほっこり」を思い出せてくれるような、

自分にもまだ「ほっこり」の感性が残っていたんだ、と安心させてくれるような、

ほっとするおいしさだ。

 

 

で、思ったのでした。

あ〜もっと知りたい!

純喫茶のパンについて、トーストについて、もっともっと知りたい!

 

で、こうなりました。

 

 

IMG_20160622_115357 2.jpg

 

 

難波里奈さんを監修に迎え、池田浩明を相手に、神田・エースにて、

今一度、漫画用に語り合ってもらいました。

 

神田エースは、難波さんとムッシュ池田が「喫茶店のトーストはなぜおいしいのか?」というトークショーを川口で行ったときの打ち合わせで使われた場所。

そのときのトークショーがあまりに面白かったので、もっと多くのみなさんに伝えたいと思い、もう一度、神田エースに集結してもらったのでした。

 

このトビラ(↑の漫画)を開けると、純喫茶とパンの世界が広がります。

奇才・あかい画伯の描く、難波さん、池田、マスターたちの世界をどうぞご堪能ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンラボ&comics 7月15日発売
現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
パンラボ&comics その3 ぱんとたまねぎ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




福岡在住のパン作家といえば、
ぱんとたまねぎさん。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




その独特な表現力、パンへの愛情表現力はムッシュ池田に通ずるものがあると、
またイラストの存在感は堀道広さんにも通ずるものがあると、
2011年の8月以来、ず〜っと
ず〜〜〜〜っと、勝手にシンパシーを感じていたのであります。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




とくにブログのイラストが好き。
頭にバゲットののったバゲットリーゼントのお兄さんが好き。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




「あ!カウリスマキ!」
なんて思って、ひとりでニヤニヤ、ニギニギしていたのでした。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




ぱんとたまねぎさんの描く漫画が無性に読みたくなってしまったのでした。
ぱんとたまねぎさんの福岡物語が読みたい。なんて一方的にこがれていたのでした。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




ぱんとたまねぎさんがパンラボ&comicsに参加してくれました。



わー。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 



P2fukuoka.jpg




あ〜福岡へ行ってみたい。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




シンプルで毎日食べなくなるようなおいしいぱん。
丸ぱんのような、ブリオッシュのようなかわいらしいぱん。
だけど、ときどきスパイスもまぶされいて刺激的でもある、
とぼけた味わいもあるぱん。
そんな4コマをいっぱい描いてくれました。


福岡の方とぱんの距離感が伝わってくる。
明太子の本場、福岡のめんたいフランスって、福岡ではどんな立ち位置なんだろう?
そういう気になるところも漫画にしてくれました。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



4コマっていうか、漫画はめったに描かないそうなので、
それだけでプレミアムですが、クオリティーも抜群です。
どうぞお楽しみに。





パンラボ&comics 7月15日発売
現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc
- comments(0) trackbacks(0)
パンラボ&comics その2 パンは自転車にのって



とりゃあ
DSCF5346.JPG


突然視界に海が見えてくる。

こういう景色の現れ方がすき。単純に好き。無性に好き。

ここは鎌倉・由比ガ浜〜七里ガ浜。


こういうところを観光客が、徒歩でもなく、自動車でもなく、自転車で滑るとどうなってしまうか。







わたし、鎌倉に、住んでま〜〜〜す。

心地いいカン違いに浸れてしまうんであります。


自転車のカゴにパンがささっていたら、カンペキだ。

鎌倉に、住んでま〜〜〜〜〜〜す。





あり1.jpg



やっぱりパンが好き!」の山本ありさんが、鎌倉のパン屋を自転車にのって、めぐる漫画。
それが「パンは自転車にのって」。


ありさんは、調理師免許を持ってるほどの料理好きだけど、パンがこの上なく好きなことは、やっぱりパンが好きや、世界ぱんぱかパンの旅での
小麦の味にまで迫る描写からもぐいぐい伝わってくる。






とりゃあ
DSCF5348.JPG
DSCF5390.JPG
江ノ電と並走し、




とりゃあ
IMG_20160609_110456.jpg
パンを買って、すぐに海へ行ける。



とりゃあ(由比ガ浜)
DSCF5215.JPG

とりゃあ(江の島)
DSCF5354.JPG

とりゃあ (大仏)
IMG_20160609_110628.jpg



スリリングだけど美味しかったり、
気持ちのいいシーブリーズを浴びつつ、美味しかったり、
息をきらしつつもおいしかったり、
心の底からほっこりしつつ、おいしかったり、

楽しいけれど、ちょっとした洗礼もあったりして、
充実の自転車めぐりだったように思います。



鎌倉にはおいしいパン屋がいっぱいだ。

今回は、ありさんとムッシュ池田がお店をリストアップ!

しかも、買ったパンをどこで食べればいいかまでご紹介。

はたして、どこをどう回ったのか?


パンは自転車にのって
は、7月15日発売のパンラボ&comics にて。





おたのしみに。






パンラボ&comics
現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc
- comments(0) trackbacks(0)
パンラボ&comics その1 彼は帰ってきた 予告漫画付き

2014年10月下旬。


パンラボ編集部にパンと手紙が送りつけられてきた。



IMG_7492.jpg





これがすべてのはじまりだった。

http://panlabo.jugem.jp/?search=%C2%C0%C5%C4%B8%F7%B5%B0



このときから1年6ヶ月。

青年はフランス修行を終え帰国し、いま、京都は丹後で自ら栽培した小麦で、パンを焼く準備をしている。


その情報を聞きつけたクロックムッシュ氏は、
「五感で伝えるパンを作りたい」という青年の志に触れるためにただちに京丹後へと向かったのだった。




DSC_6643.jpg



青年が目指していたはずの「五感で伝えるパン」とは何か?
フランスで学んできた「ペイザン・ブーランジェ(農家パン屋)」とは何か?
いや、そもそもなぜ、五感で伝えるパンを焼きたいと思ったのか?
いまでもその高い志は生きたままなのか?



答えはイエス。イエスにもほどあり!



だから、そのすべてをパンを愛するみなさんに伝えることにしました。
どうぞ、いっしょに感じてください。




IMG_1708.jpg



弥栄窯p2.jpg

弥栄窯p3.jpg

弥栄窯p4.jpg

弥栄窯p5.jpg

本編へつづく



さすらいのクロックムッシュ氏 京都、丹後の弥栄窯・前編
漫画・堀道広 原作・池田浩明




パンラボ&comics 7月15日発売


現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc



 
- comments(2) trackbacks(0)
パンラボ&comics


パンラボ&comics という漫画書籍が7月15日に発売になります。

こちらこちらで、さすらっていたのはこのためでした。

今回はガイドワークス限定特典なるものがガイドワークスのオンラインで購入すると早いもんじゅんに付いてきます。

それは、パンのクリアファイルです。
表は堀画伯の表紙絵、裏は池田フォトグラファーのカンパーニュのパンラボ写真。
ここでしか貰えないものです。


パソコンの方はこちらで見てやってください。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc


本については、これから少しずつここで紹介していきます。

やっぱりパンが好きの山本ありさんの描き下ろしや、
あの! ぱんとたまねぎさんが初4コマ漫画に挑戦してくれてます。
他にも面白根多満載です。


&comics班


食パンをもっとおいしくする99の魔法
ともどもよろしくお願いします。


 
- comments(2) trackbacks(0)
野菜に酔う 魔法29 旬野菜の魔法


3月の末ごろにムッシュ池田がJ-WAVEのハローワールドのトースト特集で、
グルグルベーカリーの「じか食」を紹介したら、ハリー杉山さんがあまりの美味しさにのけぞっていた。

いや、ラジオだから仰け反っていたかはわからないが、仰け反っているかのように見えた、いや聴こえた。
それは間違いない。

それを見て、聴いて、グルグルベーカリーのじか食が恋しくなって、恋しくなって、約2ヶ月。
ついに再び千鳥町へ。

去年の暮れ、あれはたしか有馬記念の日だったから12月25日だったはず。五ヶ月ぶりだ。
今日は5月27日で、二日後はダービー。
どうやら競馬のスーパービッグイベントが近づくと、頭がグルグルしてしまうようだ。
アップは12月29日だった





とりゃ
IMG_20160527_132304.jpg

今日から「春よ恋」に変わっていた。
あ〜美味しそうだ。


このパンは、
持って驚いて(見た目より軽い!)、
触って驚いて(ふかふか感がすごい!)、
包丁を入れて驚いて(ズボズボっと入る感触がいい!)、
表面をほっぺたにつけて驚いて(ぷるぷるぷるぷる〜〜〜〜!)、
最後に食べて驚ける、サプライズの五段階活用が成立するパン。

今日もそれを楽しもうと思っていたけど、その前に、別のパンにも心奪われてしまった。





とりゃ
DSC_1143.JPG

「野菜のグルグル」。
季節の野菜を巻き込んだとある。

しかも野菜がてんこ盛りだ。


季節の野菜が美味しいことは、魔法29で教えてもらった。



とりゃ
maho1912+.jpg

魔法29 旬野菜のロースト


野菜を焼いて、オリーブオイルと塩をかけるだけ。
なのに圧倒的野菜感が押し寄せてきて、うまいにもほどがあった。
旬の野菜に焼きを入れると、香りが立って、旨味も立つということか?

このときは初冬だった。
今は初夏だ。

目の前に、季節の野菜を使って、しかも「野菜グルグル」とネーミングされたパンがある。
飛びつかないわけにはいかない。





とりゃ
IMG_20160527_131644.jpg




うらぁ!
IMG_20160527_133809.jpg

裏と断面。

グルグル巻かれている。
チーズが参加していることが、裏を見るとよくわかる。
焼かれたチーズ特有の光沢がじんわりと出ているからだ。チーズびかり!

やっぱりおいしい。
野菜のロースト(これもローストと認定)とパンはおいしい。


パンで、野菜で、季節を感じる。
風流だ。
おっと、風流とか言っちゃった。ちょっと酔っぱらっちゃったかな? 飲んでもいないのに。ひゅーひゅー。






食パンをもっとおしくする99の魔法 好評発売中
食パンの魔法 2.jpg
Amazon





パンラボ最新刊は7月15日発売決定。
詳細は6月1日頃に発表します。





 
- comments(0) trackbacks(0)
レモンバカ・魔法44と魔法52



初夏になると、








とりゃ!
IMG_20160518_112632.jpg
タカキベーカリーの濃いレモン蒸しぱん

レモンで濃いとは何ぞや!?
と毎年自問して食べて、うん、濃い!と自答する。
この繰り返し。






初夏ってのはほんとに






とりゃ!
IMG_20160518_112440.jpg
タカキベーカリーの大長レモンクリームパン
だいちょう? いや、おおちょう。
毎年、だいちょうと読んで、おおちょうにたどりつく学ばない私。
広島県呉市の大長レモンだそうだ。







とにかく理由はわからないけれど、初夏になるとレモンバカになるのであります。








とりゃ!
IMG_20160524_093648.jpg
はちみつレモンのせ。
これは魔法から学んだ食べ方。
っていうか、世間ではとっくの昔からド定番か。









とりゃ!とりゃ!
maho0549.jpg
魔法44シュガーレモン

maho1265.jpg
魔法52レモンカード




魔法44はレモンの皮からしか放たれないレモン特有の清々しい香りを丸ごと楽しんじゃおうという食べ方。
魔法52はレモンの果汁とバターと卵黄の三角関係をイギリス貴族よろしくアフタヌーンに楽しんじゃおうという食べ方。




はちみつレモントーストは、レモンの皮と実をはちみつとバターを媒介にして楽しんじゃおうという食べ方になるか?
バターにはちみつ。これだけでグレート。偉大な味だ。
レモンにトースト。言うまでもなくニックスの関係だ。
うん、おいしい。
皮の苦みが清涼だ。甘くて、最後にやわらかい苦みが口に広がって、むしろスカっとさわやかだ。




レモンの皮
レモンの果汁
レモンの果実

あとレモンで楽しめてないのは種か。
種の魔法なんてあるかな?








初夏の魔法もいっぱいです。


食パンの魔法 2.jpg
食パンをもっとおいしくする99の魔法
好評発売中。
Amazon







7月中旬発売に向けて、鋭意さすらい中。
パンラボ &comics
もうすぐ先行予約開始します。







 
- comments(1) trackbacks(0)
京都でツアー、福岡でトーク
ご要望の多かった、東京以外の地域でのイベントのお知らせです。

6月18日、滋賀県大地堂 小麦畑ツアー(京都発)

パンヲカタル主宰・浅香正和氏がご案内する
新麦コレクションツアー2016 vol.2
収穫目前!日本で初めて「ドイツ古代小麦ディンケル」の栽培を成功させた
「大地堂」を訪ね パンヲカタル一日

関西を中心にパン屋さんの紹介などの活動をされているパンヲカタルの浅香正和さんといっしょに
http://panwokataru.net/
大地堂の廣瀬さんの畑を訪ねるツアーです。
小麦畑にデッキが設置され、そこでディンケル小麦を使ったパンを食べます。

そこから見る眺めはまるで、風に揺れる小麦畑をゆく船に乗っているかのよう。
廣瀬さんの小麦トークもすごくおもしろいです。
新麦コレクション池田浩明も同行させていただきます。
心もお腹も大満足になることまちがいなし。
ぜひ小麦畑で幸せな一日を過ごしてください。
日本旅行が実施するツアーです。

詳細は下記リンクより。(パンフレットと申込書)
おかげさまで満席となりました!
http://ep.nta.co.jp/kansaikaigai/index.php…

6月11日、池田浩明×相良一公(シェサガラ)@福岡Rethink Books
「福岡でパンを作ること。世界一を目指す『シェサガラ』の話」


下北沢でさまざまな著者を読んでトークイベントを連発、読書会の話題をさらっている書店B&Bが、Rethink Booksとして福岡へ出店。
敬愛するシェサガラの相良一公シェフとトークさせていただきます。
相良さんはパンの世界大会クープ・デュ・モンドで金メダルを目指している「世界を狙う男」。
人生を懸ける真剣勝負の内幕をお話していただきます。
http://rethinkbooks.jp/event/239  

お近くの方、ぜひよろしく願いいたします!
新麦コレクション comments(0) trackbacks(0)
セミナー「小麦とパンのおいしい関係 〜新麦コレクション〜」開催!
パンラボ池田浩明プレゼンツ
小麦とパンのおいしい関係 〜新麦コレクション〜

9月17日(土)、料理教室「Happy Cooking」で、パンを作る教室ではなく、食べる教室を行います。

「パンラボ池田浩明プレゼンツ
小麦とパンのおいしい関係 〜新麦コレクション〜」
詳細・お申し込みはこちら
http://www.happycooking.jp/course/7222

江別製粉ハルユタカ、滋賀県廣瀬さんの作るディンケル小麦、湘南小麦、十勝・中川さんの自然栽培小麦など小麦の特徴はどのようにパンとして表現されているのか。
その風味や味わいや食感のちがいを感じ、言葉にしてみる授業を行いました。

前回は、ダンディゾン(ニーム、カンパーニュビオ)、ブーランジェリーレカン(はるゆたかカンパーニュ)、ル・ルソール(湘南小麦のパン)、カタネベーカリー(カンパーニュビオ)4店舗5つのパンを比較テイスティング、受講者のみなさんが感想を出し合いました。
写真のホワイトボードいっぱいに書かれた言葉は、私ではなく、すべて受講者の方から出たものです。
みなさんがパンからたくさんの言葉を紡ぎだされたことに感動しました。
普段はちがいがわかりにく小麦ですが、比較しながらみんなで食べると、個性を理解し、言葉として表現する術が身につきます。

小麦が私たちの元に届くまでの仕組みや、日本全国で栽培される小麦の種類などについて写真を見ながら講義も行います。

日時:09/17(土) 18:30〜21:00
料金:4,500円(食材費込/税込)
場所:HAPPYCOOKING 東京本校(http://www.happycooking.jp/school/tokyo

詳細・お申し込みはこちら
http://www.happycooking.jp/course/7222
新麦コレクション comments(0) trackbacks(0)
横須賀へさすらう
4月某日

クロックムッシュ氏がさすらうというので同行。

さすらいの道の途中は横須賀。


金沢八景を超えて、

IMG_20160429_131618.jpg


県立大学で下車。

DSC_1047.JPG



小泉純一郎元首相の家を通りすぎて、


IMG_3751.JPG


目的のパン屋へ。


IMG_3756.JPG

中井パン店。

ポテチパン(ポテトチップパン)が有名な、っていうかポテチパンを作り上げた元祖であり、本家であり、老舗であるパン屋だ。


ポテチパンと言われれば、ネタ系の飛び道具的なものをイメージしてしまいがちだけど、
その想像があさはかなことに一口食べて気づいた。
おいしい具材として、完全に存在している。


IMG_3768.JPG


キャベツとポテチとパンのおいしい関係がそこにあった。


とりゃ!
IMG_3769.JPG


ポテチパンを知らない競馬王編集部員になにも言わずに、
ポテチパンをふるまったら、おいしい、おいしい、おいしい、おいしいと合唱された。

「なんのサンドですか?」
「キャベツですよね?」
「でもキャベツ以外にも入ってますよね?」
「なんだろう? ん? まさかと思いますが……ポテトチップスじゃないですよね?」

そのまさかです。

「へぇ〜!! でもおいしいですね」
「青のりが入っているということはノリ塩味のポテトチップスですか?」

塩味のポテトチップに青のりを加えているそうです。

「へぇへぇへぇ〜〜〜〜〜〜!! だから青のりの香りもちゃんとするのですね」





ポテチパン用のパン。
IMG_3770.JPG


このパンがおいしい。そこが重要だ。
パン作りにも、ムッシュが腰を抜かすような驚きの手法が継承されていた。
そう、中井パン店は、先代の親父さんが作り上げて、
今は二代目が継承する昭和28年創業の老舗中の老舗のパン屋だ。


IMG_20160429_144209.jpg
ポテチパンは
先代の親父さんが考案し、
パン屋を継いだ息子さん(弟・写真左)さんが継承し、
そしてもう一人の息子さん(兄)がポテチの具材を改良した、
横須賀名物のパンだ。

その誕生秘話、継承秘話、改良秘話、
聞けば聞くほど味わい深く、胸に染み込んで来る。

「魔法がありました」とは弟さんとお兄さんにじっくり話を聞いたムッシュのことば。


ヒ―ハーは食べるとヒーハーするパン。
ちくわパンは、まるで美味しいお好み焼きを食べてるかと見紛うほどの魔法感いっぱいのおいしいパン。
IMG_3758.JPG
ちくわパンを食べていたら、お好み焼きにちわくを入れてもおいしいはずだと思ったのでした。




このさすらいの模様は、6月下旬ころ発表します。
どうぞお楽しみに。
(か)




20160426_1412059.jpg
高橋みなみさんにも絶賛された(http://panlabo.jugem.jp/?eid=2038
食パンをもっとおいしくする99の魔法は好評発売中です。
Amazonでも再入荷されました。
 
Check
- comments(0) trackbacks(0)
| 1/178 | >>