パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
「作って! 食べて! 熊本応援!!」南阿蘇のパンダイゴさんとの2日間

南阿蘇にパンダイゴというパン屋さんがあります。
このたびの地震で店舗が被害に遭い、いまだに営業再開できていません。
また自身とご家族も避難所で暮らすなど、辛い思いをされてきたのだと思います。
ダイゴさんを応援したい。
そう思っていたとき、夢のような企画が実現しました。
ダイゴさんがL'ZOPF(ZOPFの講習会場です)にやってきて、パンを焼く!
パンの販売はありませんが、「熊本の素材を使ったサンドイッチレッスン」「立食パーティ」「熊本産小麦を使ったパン講習会」と3つのイベントが行われます。
私、池田も2日間お手伝いいたします。

詳細はこちら
http://www.brezel.ecweb.jp/class-event-kumamoto-zopf.html

 

◆サンドイッチレッスン
『シンプルが一番!素材を生かしたサンドイッチとパンに合うサイドディッシュ−熊本素材を使って』

『サンドイッチの発想と組み立て』の著書がある第一人者ナガタユイさんを迎え、ダイゴさんのパンに熊本素材をはさんでサンドイッチを作ります。

 

日 時 2016年8月20日(土)15:30〜17:30
講 師 ナガタユイさん(フードコーディネーター) × 上道大吾シェフ (PAIN DAIGOオーナー)

受講料 5000円(義援金、テキスト代、試食を含む)

定 員 18名(着席デモンストレーション形式)
会 場 Lehrstube ZOPF(千葉県柏市) 詳細・申込み
http://www.brezel.ecweb.jp/class-event-kumamoto-zopf.html

 

(ダイゴさんの作ったパン)


◆立食パーティ『食べて・感じて!熊本応援 熊本の美味しいもので交流会』
ナガタユイさんによる料理を食べながら、ダイゴさんに熊本の話を聞き、つながりを深めましょう!

 

日 時 2016年8月20日(土)18:00〜20:00

定 員 30名程度(立食パーティ形式)

参加料 6000円 (義援金を含みます)

会 場 Lehrstube ZOPF (千葉県柏市)

詳細・申込みhttp://www.brezel.ecweb.jp/class-event-kumamoto-zopf.html

 

(玉名の小麦畑を訪ねるダイゴさん[左から2人目])

 

◆上道大吾シェフ製パン講習会
愛情をこめて地元・熊本の小麦を使いつづけてきたダイゴさんによる講習会。
いよいよ8月10日に解禁される、熊本産新麦を使います。
熊本製粉の名物技術者・長谷川信治さんとパンラボ・池田のトークもあります。

 

日 時 2016年8月21日(日)11:00〜15:00頃

講習メニュー ホシノ天然酵母パン種と熊本小麦を使用した カンパーニュ、ブリオッシュ、ナン

定 員 18名(着席デモンストレーション形式、分割〜成形までの実習あり)

受講料 8000円(義援金、ご自身が成形したパンのお持ち帰り、ランチを含みます)

会 場 Lehrstube ZOPF(千葉県柏市)
詳細・申込み
http://www.brezel.ecweb.jp/class-event-kumamoto-zopf.html

- comments(0) trackbacks(0)
【まとめ】クロックムッシュ氏とパンラボ池田のちがいって何?

あのクロックムッシュ氏っていうのは、パンラボの池田なのか?
というお問い合わせをよくいただいております。
自分でもよくわからなくなってきたので、ここでちがいをまとめておきたいと思います。

 

IMG_20160714_121028.jpgクロックムッシュ氏
・日本中のパン屋を巡っている
・パンを見つけると頭の小麦アンテナがぴーんと立つ
・おいしいパンを食べるとベシャメルソースを分泌
・体内からグルテンがなくなると動けなくなる

 

池田浩明
・日本中のパン屋を巡っている
・パンを見つけるとどーっと走り出す
・おいしいパンを食べると「うー」「あー」と唸り声を分泌
・体内からグルテンがなくなると動けなくなる

 

同一人物ではないようですが、見分けがつかないぐらい似ていることがわかります。

 

パンラボ&comicsで私は「さすらいのクロックムッシュ氏」の監修をさせていただいております。

・横須賀 中井パン
・浅草 粉花
・京丹後 やさか窯

 

この三軒は、
「あのパン屋さん、映画のモデルになりそうだね」とか
「漫画になりそうだね」とか
「J熱大陸が取材にくるんじゃないかな」とか、

 

そんなことを誰かが言ったり、自分で思ったりしたことある、おもしろパン屋さんばかり。
映画になるまで待てないので、いち早く漫画にしてみました。

ぜひご覧ください。(池田浩明)

 

ガイドワークスオンラインで購入すると、堀道広さんの直筆サイン入りのパンのクリアファイルが付きます。

 

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc

- comments(0) trackbacks(0)
本日発売 パンラボ&comics

 

hyousi01.jpg

 

 

パンラボ&comics

 

本日発売です。

 

 

堀道広+池田浩明のクロックムッシュ氏は描き下ろし3本に加え、初回、2回目も再録してます。

諸事情でクロックムッシュ氏のことは知っていても、はじめのころに掲載されていた漫画雑誌は読みにくかった方もいるのではないか? ということで今回再録させてもらいました。

 

描き下ろし

浅草/粉花編 小麦の個性をパンで表現する姉妹の話

横須賀/中井パン店編 レトロだけど新しい、ポテチパンを作り続ける兄弟の話

京都の丹後/弥栄窯・前編(後編は10月1日発売本にて)フランスの農家パンを目指す青年の話

 

面白くて、ときどきシュールで、油断するとほろりときたりする。

ムッシュ氏の麦アンテナも反応しまくりです。

 

 

IMG_20160714_121028.jpg

 

 

 

こちらは北海道で収穫されたキタノカオリの新麦。乾燥前だからやわらかくて、噛むとじんわりと甘みが…。

IMG_20160714_115748.jpg

 

17日日曜日のNHK第一ラジオ「マイあさラジオ」(7時40分頃)にムッシュ池田が出演し、新麦について語ります。

そちらもよろしく。

 

 

 

他にも日本を代表するパン好き漫画家さんがテロワールな感じで描いてくれてます。

 

 

山本あり パンは自転車にのって 鎌倉編 楽しさとスリルのある鎌倉パン漫画になってます。個人的にはスリルのところをみなさんに読んでほしいです。

 

 

難波里奈+あかいこうじ 純喫茶のトーストがおいしい理由 純喫茶の達人/難波里奈さんとムッシュ池田のコラボレーション漫画。舞台は神田のエースです。

 

 

ぱんとたまねぎの福岡とパン パン表現界の第一人者のぱんとたまねぎさんが4コマ漫画で地元福岡のぱんについて描いてくれてます。

 

京都のカツサンド事情、沼津のご当地ぱん、さらに空想サンドウィッチュリー「植物園」など、

ハッピー、ミステリー、ノスタルジー、ファンタジー、

パンを通して、感じられることっていっぱいです。

 

 

 

ガイドワークスオンラインで購入すると、堀道広さんの直筆サイン入りのパンのクリアファイルが付きます。

どうぞよろしく。

 

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc

 

 

お近くの書店、Amazonでもご購入できます。

 

 

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
堀道広さんのサイン

パンラボ&comics 7月15日発売です。

 

 

このときのさすらい(横須賀)や、

 

 

IMG_3768.JPGIMG_3769.JPG

 

 

 

 

 

このときのさすらい(浅草)の模様も

描かれてます。

 

 

IMG_3660.JPGIMG_3652.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドワークスオンラインで購入してもらえる堀道広さんの直筆サイン入りのパンのクリアファイルです。

 

 

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc

 

 

 

もちろんAmazonでもご購入できます。

 

- comments(0) trackbacks(0)
京都のカツサンドと目黒さんのカルネ

思わぬところで、思わぬ人に、思わぬ用件で、思わず盛り上がるとテンションがあたたまる。

 

 

先日、新横浜の居酒屋で、パンとは関係ない用件で、幾人かと作戦会議をしていたら、

元・本の雑誌の発行人で、今は作家の目黒考二さん(藤代三郎さんとして自分は会っていたけど)が、

突然「ぼくはパンが好きで、京都に行ったら必ず立寄る店があるんだよ」と話し始めた。

 

え!? と自分。

パンが好きだなんて初耳だ!

 

「店の名前は志津屋って言うんだけどね、パンの名前が思い出せないなぁ。なんて言ったかな。めちゃくちゃシンプルなパンでさぁ〜」

 

もしかして、これですか? 

 

 

 

 

 

「あ〜これこれ! ハムとたまねぎしか挟まってないんだよ。でも、これがおいしいんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

カルネですね。自分も大好きです。

 

「だけど、なんだって君はこのパンの写真を撮ってるのさ」

 

あ、いや、偶然です。

 

「偶然!?」

 

偶然、京都のグラサン師匠が昨夜お土産で持ってきてくれたので、写真を撮っておいたんです。

 

「わざわざ写真に撮るんだ」

 

あ、いや、癖で。

 

パンを買ったり、もらったりすると発作的に写真を撮るのが癖になってしまいまして。

 

実は自分も京都に行った帰りの新幹線で、よ〜くカルネを食べるもので、それを知ってるグラサン師匠がお土産で買ってきてくれたのですよ。

 

っていうか、パンの本を作ってますからね。池田浩明と。

知ってますよね? 池田のことは。

 

「もちろん知ってるよ。池田くんは今パンの本に携わっているんだぁ〜」

 

パンの本もなにも、テレビやラジオなんかにも呼ばれて大活躍中ですよ。

 

「え〜〜〜!!!! 池田くんがぁぁ〜!!!?」

 

そんなぁ〜。藤代さんには何冊か本を送ってますよぉ〜。食パンをもっとおいしくする99の魔法だって送りましたし。

 

「ほんとに〜〜!!? ぜんぜん知らないよ!!」

 

わかりました。来週(7月15日)新しい本(パンラボ&comics)が出ますので、こんどは直接お持ちします。

 

 

 

hyousi01.jpg

 

 

 

パンラボ&comicsには、いま名前が登場した京都在住の漫画家グラサン師匠も登場する。

 

 

 

びーふかつ.jpg

 

 

京都のカツサンドについて調査してくれたのだ。

 

 

 

 

むしやしない.jpg

 

 

ムシヤシナイ。

 

 

京都でカツサンドについて調査していたら、パン屋ではなく、祇園の有名仕出し料理屋さんへたどり着いた。

 

 

そして、出て来た答えがムシヤシナイ。

 

 

なかなかのミステリーだ。ブレッド・ミステリー。

 

 

 

パンラボ&comics 漫画で巡るパンとテロワールな世界

7月15日発売

 

 

 

 

 

 

ガイドワークスオンラインで購入すると、堀道広さんの直筆サイン入りのパンのクリアファイルが付きます。

どうぞよろしく。

 

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc

 

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
パンラボ&comics その4純喫茶マジック

 

えっへん!

 

 

DSC_0608~2.jpg

 

 

東中野の純喫茶の名店・ルーブルのセレナーデ(パフェ)。

 

最先端のパフェにそれがあるのかわからないけれど、昭和のパフェには

「えっへん!」感があった気がする。

 

蝶ネクタイをして、えっへんと誇らしげな感じ。

 

それは背筋を見るとわかる。

 

 

 

 

DSC_0610~2.jpg

 

 

背筋ピーン!

 

うむ、えっへん感いっぱいだ。

 

 

ルーブルの名物はもう一つある。

喫茶店で使える魔法として、ちょっと前に掲載したこれ。

 

 

DSC_0624~2.jpg

 

 

ミートーソース・スパゲッティ

 

 

これまた日本の喫茶店文化の中で研鑽され、昇華してきたと感じる日本人が大好きな旨味満載の、絶品ミートソース。

だからパスタではなく、スパゲッティ〜!

 

 

このことを教えてくれたのが純喫茶の達人で、もうすぐ新刊も出る(純喫茶、あの味)・難波里奈さん。

 

マツコ・デラックスさんの番組で、難波さんが紹介していたから知ってる人も多いかもしれない。

ほんとうにここのミートソースはおいしい。

 

映画「探偵はBARにいる」では、喫茶店のナポリタンが大活躍するけど、東中野が舞台だったならばきっとミートソースが大活躍してるはずだ。

純喫茶=ナポリタンの常識を覆してくれる逸品だ。

 

 

でもルーブルの入口は喫茶店ではない。パン屋だ。

もっといえば、総菜系のパン屋だ。

入口はパン屋で、その奥に喫茶店。

 

実は、東中野近辺に10年近く住んでいるから、当然ルーブルは知っていた。

でも純喫茶の名店としてリスペクトされていることは知らなかった。

いつも入口でサンドイッチを買って、それで終わっていたからだ。

 

 

 

IMG_20160617_095440.jpg

 

 

 

でも、サンドイッチにも名物と思しき逸品がある。

それが、緑のサンドイッチ。

 

 

 

 

IMG_20160617_095626.jpg

 

 

 

きゅうりのサンドイッチではない。

メカブのサンドイッチだ。

 

 

 

 

IMG_20160617_101421.jpg

 

 

マヨネーズとからしともう一つ何かで味付けされたメカブ。

メカブのコリっと感と磯の香りの浮遊感がおいしい。

 

このサンドイッチについては前から知っていた。

そしてときどき無性に食べたくなるときがあって、このサンドイッチを食べたいがために立寄っていた。

 

「メカブのサンドイッチのファンもいっぱいいますよ」と難波さんも語っていたけど、しごく納得だ。一度食べたら忘れられない、クセになるサンドイッチだ。

 

 

 

にしても、パンと磯の香りって、なんで合うのだろう。

 

それは、食パンの魔法でも協力してくれた神田・エースののりサンドのおいしさからもわかる(魔法60のりサンド)。

 

 

IMG_20160412_212725.jpg

 

 

 

こちらは難波さんオススメのドーナツ。

 

IMG_20160412_212810.jpg

 

真ん中のバターを少しずつつけながら食べる。

一口食べて、コーヒーをひとすすり。

 

忘れかけてた「ほっこり」を思い出せてくれるような、

自分にもまだ「ほっこり」の感性が残っていたんだ、と安心させてくれるような、

ほっとするおいしさだ。

 

 

で、思ったのでした。

あ〜もっと知りたい!

純喫茶のパンについて、トーストについて、もっともっと知りたい!

 

で、こうなりました。

 

 

IMG_20160622_115357 2.jpg

 

 

難波里奈さんを監修に迎え、池田浩明を相手に、神田・エースにて、

今一度、漫画用に語り合ってもらいました。

 

神田エースは、難波さんとムッシュ池田が「喫茶店のトーストはなぜおいしいのか?」というトークショーを川口で行ったときの打ち合わせで使われた場所。

そのときのトークショーがあまりに面白かったので、もっと多くのみなさんに伝えたいと思い、もう一度、神田エースに集結してもらったのでした。

 

このトビラ(↑の漫画)を開けると、純喫茶とパンの世界が広がります。

奇才・あかい画伯の描く、難波さん、池田、マスターたちの世界をどうぞご堪能ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンラボ&comics 7月15日発売
現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
パンラボ&comics その3 ぱんとたまねぎ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




福岡在住のパン作家といえば、
ぱんとたまねぎさん。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




その独特な表現力、パンへの愛情表現力はムッシュ池田に通ずるものがあると、
またイラストの存在感は堀道広さんにも通ずるものがあると、
2011年の8月以来、ず〜っと
ず〜〜〜〜っと、勝手にシンパシーを感じていたのであります。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




とくにブログのイラストが好き。
頭にバゲットののったバゲットリーゼントのお兄さんが好き。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




「あ!カウリスマキ!」
なんて思って、ひとりでニヤニヤ、ニギニギしていたのでした。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




ぱんとたまねぎさんの描く漫画が無性に読みたくなってしまったのでした。
ぱんとたまねぎさんの福岡物語が読みたい。なんて一方的にこがれていたのでした。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




ぱんとたまねぎさんがパンラボ&comicsに参加してくれました。



わー。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 



P2fukuoka.jpg




あ〜福岡へ行ってみたい。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




シンプルで毎日食べなくなるようなおいしいぱん。
丸ぱんのような、ブリオッシュのようなかわいらしいぱん。
だけど、ときどきスパイスもまぶされいて刺激的でもある、
とぼけた味わいもあるぱん。
そんな4コマをいっぱい描いてくれました。


福岡の方とぱんの距離感が伝わってくる。
明太子の本場、福岡のめんたいフランスって、福岡ではどんな立ち位置なんだろう?
そういう気になるところも漫画にしてくれました。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



4コマっていうか、漫画はめったに描かないそうなので、
それだけでプレミアムですが、クオリティーも抜群です。
どうぞお楽しみに。





パンラボ&comics 7月15日発売
現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc
- comments(0) trackbacks(0)
パンラボ&comics その2 パンは自転車にのって



とりゃあ
DSCF5346.JPG


突然視界に海が見えてくる。

こういう景色の現れ方がすき。単純に好き。無性に好き。

ここは鎌倉・由比ガ浜〜七里ガ浜。


こういうところを観光客が、徒歩でもなく、自動車でもなく、自転車で滑るとどうなってしまうか。







わたし、鎌倉に、住んでま〜〜〜す。

心地いいカン違いに浸れてしまうんであります。


自転車のカゴにパンがささっていたら、カンペキだ。

鎌倉に、住んでま〜〜〜〜〜〜す。





あり1.jpg



やっぱりパンが好き!」の山本ありさんが、鎌倉のパン屋を自転車にのって、めぐる漫画。
それが「パンは自転車にのって」。


ありさんは、調理師免許を持ってるほどの料理好きだけど、パンがこの上なく好きなことは、やっぱりパンが好きや、世界ぱんぱかパンの旅での
小麦の味にまで迫る描写からもぐいぐい伝わってくる。






とりゃあ
DSCF5348.JPG
DSCF5390.JPG
江ノ電と並走し、




とりゃあ
IMG_20160609_110456.jpg
パンを買って、すぐに海へ行ける。



とりゃあ(由比ガ浜)
DSCF5215.JPG

とりゃあ(江の島)
DSCF5354.JPG

とりゃあ (大仏)
IMG_20160609_110628.jpg



スリリングだけど美味しかったり、
気持ちのいいシーブリーズを浴びつつ、美味しかったり、
息をきらしつつもおいしかったり、
心の底からほっこりしつつ、おいしかったり、

楽しいけれど、ちょっとした洗礼もあったりして、
充実の自転車めぐりだったように思います。



鎌倉にはおいしいパン屋がいっぱいだ。

今回は、ありさんとムッシュ池田がお店をリストアップ!

しかも、買ったパンをどこで食べればいいかまでご紹介。

はたして、どこをどう回ったのか?


パンは自転車にのって
は、7月15日発売のパンラボ&comics にて。





おたのしみに。






パンラボ&comics
現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc
- comments(0) trackbacks(0)
パンラボ&comics その1 彼は帰ってきた 予告漫画付き

2014年10月下旬。


パンラボ編集部にパンと手紙が送りつけられてきた。



IMG_7492.jpg





これがすべてのはじまりだった。

http://panlabo.jugem.jp/?search=%C2%C0%C5%C4%B8%F7%B5%B0



このときから1年6ヶ月。

青年はフランス修行を終え帰国し、いま、京都は丹後で自ら栽培した小麦で、パンを焼く準備をしている。


その情報を聞きつけたクロックムッシュ氏は、
「五感で伝えるパンを作りたい」という青年の志に触れるためにただちに京丹後へと向かったのだった。




DSC_6643.jpg



青年が目指していたはずの「五感で伝えるパン」とは何か?
フランスで学んできた「ペイザン・ブーランジェ(農家パン屋)」とは何か?
いや、そもそもなぜ、五感で伝えるパンを焼きたいと思ったのか?
いまでもその高い志は生きたままなのか?



答えはイエス。イエスにもほどあり!



だから、そのすべてをパンを愛するみなさんに伝えることにしました。
どうぞ、いっしょに感じてください。




IMG_1708.jpg



弥栄窯p2.jpg

弥栄窯p3.jpg

弥栄窯p4.jpg

弥栄窯p5.jpg

本編へつづく



さすらいのクロックムッシュ氏 京都、丹後の弥栄窯・前編
漫画・堀道広 原作・池田浩明




パンラボ&comics 7月15日発売


現在ガイドワークスオンラインで予約受付中。
ガイドワークスオンライン限定の特典「パンのクリアファイル」が付きます。

パソコンの方はこちらへ。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc



 
- comments(2) trackbacks(0)
パンラボ&comics


パンラボ&comics という漫画書籍が7月15日に発売になります。

こちらこちらで、さすらっていたのはこのためでした。

今回はガイドワークス限定特典なるものがガイドワークスのオンラインで購入すると早いもんじゅんに付いてきます。

それは、パンのクリアファイルです。
表は堀画伯の表紙絵、裏は池田フォトグラファーのカンパーニュのパンラボ写真。
ここでしか貰えないものです。


パソコンの方はこちらで見てやってください。本の簡単な紹介もしてます。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/panlabc

スマホの方はこちらです。
http://guideworks.co.jp/sports-culture/s/panlabc


本については、これから少しずつここで紹介していきます。

やっぱりパンが好きの山本ありさんの描き下ろしや、
あの! ぱんとたまねぎさんが初4コマ漫画に挑戦してくれてます。
他にも面白根多満載です。


&comics班


食パンをもっとおいしくする99の魔法
ともどもよろしくお願いします。


 
Check
- comments(2) trackbacks(0)
| 1/178 | >>