パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
第18回チャリティー講習会募集のお知らせ

東日本大震災の復興支援を目的に、2011年より、山豊シェフ(元Gerard Mulot)の呼びかけで行われてきた行われてきた「チャリティー製パン講習会」。
第18回目は「平成30年7月豪雨」の被災者への応援として開催される。
伊原靖友シェフ(ZOPF)、井上克哉シェフ(Auvergne)とともに、先日名古屋にオープンした話題の新店「涼太郎」の渡邊涼太郎シェフが登場。

大いに期待できそうだ。

 

1 実行委員及び講師
渡邊 涼太郎氏(涼太郎オーナーシェフ)赤ワインパン/全粒粉100%バターロール他
山 豊 氏(元 Gerard Mulotシェフ  )バゲット/セーグルフリュイ/フリュイルージュ他
井上 克哉 氏(Auvergneオーナーシェフ )デニッシュ食パン
伊原 靖友 氏(ZOPF オーナーシェフ  )昼食


2 日時・場所
平成30年10月3日(水)10時〜16時30分(9時30分受付開始)
日清製粉株式会社 小網町ビル加工技術センター
〒103-8544 東京都中央区日本橋小網町19−12
※お車でのご来場はご遠慮ください。鉄道など公共交通機関のご利用をお願い申し上げます。

 

3 会費
受講の方 7,000円(お一人当たり) *昼食付です
メディアの方 2,000円(昼食代として)
*受講料は「赤十字」に寄付する予定です。
講習会では個別領収書は発行致しませんのでご理解賜りますようお願い致します。

 

4 定員
70名 ※定員となり次第締切らせて頂きます。

 

5 お申込方法
別添の申込書に所定事項をご記入の上、FAXにてお申込下さい。

 

6 お申込締切
平成30年9月21日(金)

 

7 お申し込み方法
日清製粉株式会社 チャリティー製パン講習会 窓口行まで

下記の必要事項を記入してFAXで
FAX:03-5282-6137

・フリガナ    
・貴社名    及び 貴社ご住所
・電話番号    
・FAX番号    
・参加者ご芳名(役職[所属部署])
 1        
 2        
 3        

 

8 お問合せ先
日清製粉株式会社 営業本部営業企画部 (TEL:03-5282-6365)
チャリティー製パン講習会窓口 小池

- comments(0) trackbacks(0)
第17回チャリティー講習会のお知らせ

 

東日本大震災の年から、レジェンド山豊シェフ(元Gerard Mulo)はじめ、伊原靖友シェフ(ZOPF)、井上克哉シェフ(Auvergne)の3人がつづけてきた「チャリティー講習会」も17回目。
今回は熊本に場所を移して、地震発生から早くも2年の歳月が流れた熊本にて開催されます。
会場の株式会社丸菱は震源地に近く、甚大な被害を受けました。
また、いまだに自宅に帰れない方がいるなど、復興は道半ばです。
講師は他に、地元で盛り上がるパン屋さん、Boulangerie Pa Painの西徳雄シェフ、ロビンフッドの家弓武矢シェフ。
ぜひお近くの方は足をお運びください!

 

 

1 実行委員及び講師 予定演目
西 徳雄氏 (Boulangerie Pa Pain代表) 阿蘇自然豚と熊本の季節野菜のパン/エッグタルト(マカオ風)
家弓 武矢氏(ロビンフッド代表取締役社長) シナモンロール/洋梨の赤ワイン煮等
井上 克哉氏(Auvergneオーナーシェフ ) 最高級デニッシュ食パン
伊原 靖友氏(ZOPF オーナーシェフ  ) ロッゲンミッシュブロート/昼食
山 豊 氏(元 Gerard Mulotシェフ  ) バゲット/ライスミルクブレッド/マドレーヌ

 

2 日時・場所
平成30年6月21日(木)10時〜16時30分(9時30分受付開始)
株式会社丸菱
熊本県上益城郡益城町宮園788/電話096−286−1915

 

3 会費
受講の方 5,000円(お一人当たり)
メディアの方 2,000円
*義援金は運営経費を差し引いて熊本市災害寄附金に振り込ませていただきます。

 

4 定員
50名 ※定員となり次第締切らせて頂きます。

 

5 お申込方法
下記の所定事項をご記入の上、FAXにてお申込下さい。

 

6 お申込締切
平成30年6月11日(月)

 

FAX送付先
大陽製粉株式会社 チャリティー製パン講習会 窓口行
FAX:092−781−2527

・フリガナ
・ご参加者名
・貴社名
・お役職(所属部署)
・貴社ご住所
・電話番号
・FAX番号
・シェフへのご質問など


お問合せ先
大陽製粉株式会社 TEL:092−713−5782
チャリティー製パン講習会窓口 勝野

- comments(0) trackbacks(0)
パンよ、空へ!

パンラボは、要石を失くした。
3月4日のことだった。
さっきまで元気にいつもの通り競馬のブログを書いていたというのに、運命がかしわでさんを奪っていった。
誰もそれを信じなかった。
訃報を聞いてもドッキリだろうとみんなで言い合っていた。
いつもおもしろがり、隙あらば笑わせようとしていた、そんな人だったから。

 

要石とさっき書いたが、重石なんかじゃない。
軽きも軽し、堂々たる軽石だった。
昔からパンラボblogを読んでくれている人なら、軽妙で剽軽で軽佻浮薄な、その文体を知っているだろう。

 

文頭や文末に「かし」とか「かしわで」と記された記事を読んでほしい。

氏は頭脳パンかにぱんに異常なる執着を見せた。
あるいは、キューカンバーサンドにはまっていたことがあったけど、それは女子にモテたいからであったり。
それからAKBの誰がパン好きかということや、フジの女子アナの誰がどのパンが好きかということにも通じていたし、

ル・コッペ堂という幻のパン屋から三色インドカレーコッペなどを買ってきてくれたりも。
あんぱんの中では、つぶあんやこしあんという王道ではなく、いちばんの変化球である「うぐいすあん」を愛していたし、
ぬぬぬぬぬ。
とか
ターーーー!
ワオ!
うひょ!
というオノマトペを好んで多用した。
かしわでさんはパンをおもしろがっていたのだ。

過剰なるおもしろがリズムこそ、かしわでさんの真骨頂だった(氏はそれを「ニギ」と呼んでいた)

 

仮想のパン研究所「パンラボ」をはじめてから約9年も経ち、私がむしゃむしゃとパンを食べ、どんどんとディープにマニアックに向かっていった一方で、かしわでさんはいつまでもミーハーで軽チャーなままだった。
いや、かしわでさんは、あえてその地点にとどまったんだと思う。
本を作るためには両方の視点が必要だ。
もっと先へ、もっと深くへと道をたどっていくマニアの視点と、本屋さんでたまたまパンラボに出会い、なんの予備知識もないままとびらを開ける人の視点。
私が森の奥へ奥へとすすむ獣道をずんずん進んでいったとき、かしわでさんは道の登山口を守っていてくれた。

 

実のところ、かしわでさんがいなかったら、私はいまだに何者でもなかったかもしれない。
大学を出て白夜書房(パンラボの発行元)に入った私に、本の編集というものを教えてくれたのは、かしわでさんだったし、白夜書房を辞め、ふわふわしていた私に『パンラボ』という本を出させてくれたのも、またかしわでさんだった。
つまり、かしわでさんがいなかったらみなさんがいま目にしている「パンラボ」というものは、どこにもなかったかもしれないのだ。

 

そんな感謝を、あまりにも突然だったので、本人にマジ告白したことなんて一度もなかった。
あーと悔いまくりながらお通夜に向かったところ、思いもかけず、そこには、かしわでさんの手を経てパンラボシリーズの本を出した著者の方々が一堂に会していたのである。

まさこジャム』の渡邉政子さんも、『パンの漫画』『パンの漫画2』の堀道広さんも、『空想サンドウィッチュリー』の西山逸成さんも、『パンは呼んでいる』の山本ありさんも、『シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書』(これはパンの本ではないけど、かしわでさんのもうひとつの大好物)の岩田リョウコさんも。
かしわで氏への感謝は、私だけではなく、著者全員が共有していたものなのだ。

 

その気持ちは、『空想サンドウィッチュリー』の撮影のときのかしわでさんのことを書いた西山さんのこの言葉に言い尽くされている。

 

「いつも試食の際にはおもしろがって、『すごい!、すごい!』『美味しい!、美味しい!』と言ってくださるようなとても優しい方だった」(「とても寂しかったこと。」)

 

そう、私たちに発表の場を与えてくれて、率先しておもしろがってくれたのが、かしわでさんだった。
パンをいろんな店で10個とか買ってきて、それをいっぺんに食べて感想を記した『パンラボ』という本も、ダンボールで屋台を作っていろんな場所でサンドイッチ屋を開店する『空想サンドウィッチュリー』も、他の出版社では実現しそうにないほどめちゃくちゃだ。
それを、大人の事情なんて脇に置いて、無条件におもしろがってくれたかしわでさんがいたからこそ実現したといえる。

 

パンラボ前、パンラボ後。
パンラボを開始した2009年、かしわでさんや私たち(編集のDさんも)が共有していたのは「前夜」という感覚だった。
「パンってなんかおもしろくないですか?」
かにぱんも、頭脳パンも、バゲットも、有名な店のパンも、パン職人の生き様も、発酵も、あれもこれも。
ふと見渡してみたら、この世界の至るところにパンのトビラはあって、それを私たちは叩いてまわったが、どのトビラも ワオ! とか うひょ! とならないものはひとつもなかった。

 

そしていまや誰もが認めるパンブーム。
パンみたいなおいしいものを、いままでみんな好きじゃなかったのが急に好きになったということではたぶんない。
私が思うにそれは「パンおもしろがりブーム」なのだ。
食べ物としてのパンはもともとみんな好き。
それ以上の価値(アートやカルチャー)としてパンが認知された。
かしわでさん、あなたがこの9年、おもしろがってきたパンを、いまではたくさんの人がおもしろがってくれるようになりましたよね!

 

心配してくれる人がいる。
「かしわでさんがいなくなって、パンラボはこれからどうなるんですか?」
私の腹はもう決まっている。
かしわでさんの遺志を継ぐしかないでしょう!


パンラボはこれからもパンをおもしろがりつづける。

誓いよ、届け。

パンよ空へ! (池田浩明)

 

- comments(0) trackbacks(0)
台北と台南が呼んでいる

パンは呼んでいる」の山本ありさんが

台北と台南を訪れた時の模様をイラストで描いてくれました。

 

 

 

 

 

ピーナツバター・ベーコン・チーズバーガー。

ヌヌ!と構えながらも、頬張ってみたくなります。

ケチャップは使わないのですか?

 

「ピーナツバターと肉の塩気だけです。ケチャップなどは使ってません。でもそれだけでも美味しいです。

台湾の人はピーナツバターが大好きですからね。調味料みたいなものです。

日本人にウケるかはわかりませんが、アメリカ人にはウケそうです」

 

今すぐにでもマネて見たくなります。

加糖のピーナツバターを使うのですね。

 

「このピーナツバターは加糖で甘かったです。甘じょっぱいのが好きなら口に合うと思います。私は好きなのでとても美味しかったです」

 

 

台南は全体的に味が甘めなのですか?

 

「甘いです。薄〜いハムと薄〜〜い卵焼きのサンドイッチにも甘いミルククリームのようなものが塗られてます」

 

食パンはどんな味なのですか?

 

「日本の食パンとはぜんぜん違います。全体的に小麦の味が薄いように思いました。日本だとリッチな食パンとリーンな食パンに分けられると思いますが、リーンな食パンをさらにリーンにした感じでしょうか?」

 

スーパーリーンって感じですか?

 

「そういうニュアンスではないですね。現地の人が、紹介したサンドイッチを懐かしい味と表現するくらいですから」

 

日本で言うところの「昭和の味」ってやつですか?

 

「それに近いかもしれません。ちなみにパンはパサパサしてません。しっとりしてます」

 

 

 

 

 

 

パンは呼んでいる

好評発売中(電子版も配信中です)。

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
パンと僕のモモちゃん・立ち読み1ー02(後編)

パンと僕のモモちゃん・第一話ー02(後編)「

(01前編はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一話 終わり

 

 

 

 

 

著者:うさとさや

ゼノンコミックス

定価:580円+税 B6判 

発売:徳間書店 発行:ノース・スターズ・ピクチャーズ

発売日:2018年1月20日(土)

 

美味しいオリジナルパンレシピ満載♪

悲しみから始まったふたりの共存生活は、「パン」で笑顔に変わっていく――。

 

amazon

- comments(0) trackbacks(0)
新麦コレクションプロデュース「小麦が主役のパンレッスン」

小麦をテーマにしたパン教室「小麦が主役のパンレッスン」がHappy Cooking東京本校で行われます。

講師は、国産小麦シーンのトップシェフばかり。

初心者の方でも歓迎です。

ぜひご参加ください。

 

2/26()
カタネベーカリー 片根大輔シェフ 「ファーマーズブレッドレッスン」

おかげさまで満席となりました。

 

3/2(金)
ZOPF
伊原靖友シェフ 「国産小麦のコツを知るパンレッスン」

予約が取れないパン教室もお店で主宰する伊原シェフが登場。

ちょっとむずかしいイメージのある国産小麦ですが、コツを知るとおいしいパンができます。

外国産とは異なるグルテンの性質を、「繊維」のたとえを用いて、簡単に教えてくれます。

詳細 http://www.happycooking.jp/course/20489

 

3/19()
畑のコウボパン タロー屋 星野太郎シェフ 「季節の酵母が香るパン[〜春〜いちご酵母編]」

おかげさまで満席となりました。

 

新麦コレクションでは、小麦をテーマとしたパンレッスンを随時行っております。

賛助会員になっていただきますと、会員限定割引や人気レッスンの先行予約などの特典があります。

お申し込みはこちらのホームーページから。

NPO法人新麦コレクション mugikore.net

- comments(0) trackbacks(0)
パンと僕のモモちゃん・立ち読み1ー01(前編)

 

パンと僕のモモちゃん・第一話ー01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1−02(後編)へつづく。

 

後編はこちら

 

 

 

 

 

 

著者:うさとさや

ゼノンコミックス

定価:580円+税 B6判 

発売:徳間書店 発行:ノース・スターズ・ピクチャーズ

発売日:2018年1月20日(土)

 

美味しいオリジナルパンレシピ満載♪

悲しみから始まったふたりの共存生活は、「パン」で笑顔に変わっていく――。

 

amazon

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
第8回チャレンジドカップ 〜夢のパン・菓子コンテスト〜 レポート

12月9日、横浜市の国際フード専門学校で「第8回チャレンジドカップ 〜夢のパン・菓子コンテスト」決勝大会が開かれた。
全国から、パンやお菓子作りを通して障がいのある人たちを支援する事業所が応募、一次予選、二次予選を通過した17チームによって大賞が競われた。

 

パン部門

大賞 ななかまど(北海道白老郡) 道産粉田舎パン

 

銀賞 障がい者福祉サービス事業所 宝蓬館ベーカリーチーム 一関草木ハーブシュトーレン(写真は砂糖がけする前の状態のものです)

 

銅賞 ODAKO−BREAD(岩手県滝沢市) ブラックカンパーニュ

 

菓子部門

大賞 つどい工房・杜の風(山梨県北杜市) 山くるみマドレーヌ

 

銀賞 発酵食品 アスタ荏田(横浜市) みそ de シフォン

 

銅賞 ボンボンスマイル(沖縄県糸満市) パッションマンゴーロールケーキ

 

その他の受賞者の情報はこちら
http://kusizawa.blog14.fc2.com

 

金銀銅のメダルに輝いたパンについて。

 

銅賞に輝いたODAKO−BREADのブラックカンパーニュは、カンパーニュにココアパウダーを混ぜ込んだもの。
ココアとはちみつ、発酵種が意外なハーモニーを作りだす。

 

銀賞、宝蓬館の一関草木ハーブシュトーレンは、よもぎ、干し柿、干しナツメ、栗など、すべて一関でとれたものだけを使ったもの。
志の高いアイデアと新しい味わいは、和の食材によるシュトーレンの可能性を示した。

 

大賞の、ななかまど・道産粉田舎パン。北海道産小麦をもっと盛んにしたいとハルユタカを使用。
皮の香ばしさ、中身のもっちり感は小麦の特徴を表現。
サワー種のみで見事なボリュームを出し、パンとしての完成度が高かった。
奇をてらわない、毎日食べられる王道のパンに、審査員の評価が集まった。

 

パン部門審査委員長を務めた山本敬三シェフ(パンステージプロローグ)
「2年に1度、自分の心がピュアになれる日。
参加者のみんなががんばっているのを見て、自分もがんばろうと思います」

 

 

菓子部門審査委員長を務めた横溝春雄シェフ(リリエンベルグ)
「毎回レベルが上がってきています。
私たちプロが見ても参考になるレベルでした」

 

菓子部門審査員の中村逸平グランシェフ(ラ・テール洋菓子店)
「ミキサーががちゃがちゃいっているのに気づかないのはどうしたのかなと思ったら、耳の聴こえない人。
みんな障がいの程度がちがうのだから、審査員はそこを見ないといけない。
健常者にとって簡単なことでもすごく一生懸命。
車椅子の人でも一生懸命できることをやろうとしていたことに感銘を受けました。
そういう人に施設の人が我慢強く教えていることにも頭が下がります。
僕だったら、思わず手が出ちゃうよ」

 

ぱんぱかぱん(徳島県板野郡)の藍パンは、東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムをモチーフに、市松模様を藍入りのパンで作り出した。

利用者自らがこのアイデアを申し出て、チーム一丸でこの手間のかかる作業をやり遂げた。

 

「みんな緊張していたけど、みんなが声をかけあい、ミスにも気づくことができて、いつも以上によくできました」
ある施設の人の言葉である。
たくさんの人に見られながら仕事をすることは、特に障がいのある人にとって、健常者が想像する以上のプレッシャーを与えているはずだ。
それでも誰かに注目される=認められるという経験は、普段以上の力を参加者に与える。

 

作業を終えて戻ってきた参加者をハイタッチと拍手で迎えていた親御さんや友人たち。
彼らが今日どれだけがんばったかを痛いほどわかっているのだろう。
感動的な光景だった。

 

- comments(0) trackbacks(0)
☆希望のアップルクリスマス☆ 参加者募集

パンラボでは東日本大震災発生の2011年以来、パン屋さんからいただいたパンを届けるなど、被災地・陸前高田を応援してきました(「パンを届ける」参照)。

現在は、陸前高田特産のりんごを知ってもらって復興に貢献する「希望のりんご」の活動を行っております。

今年の10月は台風に襲われて傷ついたたくさんのりんごを、呼びかけに応じたパン屋さんに購入していただき、パンにしてもらいました。

来る12月23日に、陸前高田のりんごや牡蠣を食べてクリスマスをお祝いするイベントを開催します。

 

以下、告知文。

 

米崎りんごの一番おいしい季節がやってきました!
でも米崎りんごは生産量が少なく東京ではなかなか味わっていただく機会がありません。

そんな米崎りんごの美味しさをぜひ知ってもらいたいと願い、希望のりんごではクリスマスイベントを企画しました!

 

場所は三軒茶屋にあるパン屋「nukumuku」さんのカフェで開催します。
クリスマスにぴったりな温かい空間で希望のアップルクリスマスをみんなでお祝いしましょう!
当日はnukumuku与儀シェフ特製のりんごのパンや広田湾からとれたての牡蠣、今年できたばかりのりんごジュースシードルなどもご用意します。

また特別ゲストとして陸前高田から若手りんご農家集団「LAMP」の吉田司さんをお迎えし、陸前高田市と米崎りんごの魅力を語っていただきます!


☆希望のアップルクリスマス☆
日時:12月23日(土)16:00〜18:00
場所:nukumuku 東京都世田谷区太子堂5−29−3
参加費:4,000円(食事、ワンドリンク、りんご1個お土産付き)
※キャンセル料は3日前から発生しますのでご了承ください。

 

お申し込みはこちらのリンクにあるフォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/Wai9mvmQdRzRuaX52
お座席に限りがあり定員16席となります。ぜひ沢山のご応募お待ちしております!
(定員オーバーの場合には抽選にさせていただきますのでご了承ください。

- comments(0) trackbacks(0)
パンカレンダー2018 by 秋山洋子

早いもので2017年も残りわずかとなった。


一年は超特急。子どもの頃は急行くらいだったような気がするが、ここ数年は特急を通り過ぎて超特急な来がする。
今年の目標は達成できたかと振り返ってみると「まあまあイケテタナ」って感じなので、今年もいい一年だった。


東京滞在がすっかり少なくなってしまって実家で料理ばかりしているが、今年もイラストレーターの秋山洋子さんのパンカレンダーのお手伝い(仕事)はマジメにやり遂げ、カレンダーも販売中。


2018年は「おもてなし」をテーマにした。

 

 

 


パン好きならおいしいパンさえあればしあわせなはずなので、パンでおもてなしすることを提案。

すっごいパン好きぢゃなくても、おいしいパンでもてなされたらうれしいはずだしね。


パン屋さんで販売もしているし、秋山洋子さんのホームページでも買える。
http://www.yoko-akiyama.net/

おいしくてたのしいパン食生活2018年の参考にしてね〜♬

*まさこぱん*

- comments(0) trackbacks(0)
| 1/189 | >>