パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
代官山蔦屋書店で不思議なトークショーやります!
代官山蔦屋書店で開催中の
パン関連の書籍や雑貨を集めた「やっぱりパン屋さんが大好き」。


4月22日からはじまったこのイベント。
パン欲を刺激してやまない数々の書籍、パンラボグッズはもちろん、
日常を楽しく彩る様々な雑貨が揃い踏み。
さらには、パン屋さんの超絶密集地である代官山付近のお店を
食べ歩けるように作られたパンMAPなど(文章は池田さんが書いています)、
実に楽しい試みに溢れています。

『パンMAP…池田さんの文章と代官山蔦屋書店の秋吉さんのイラストで作られてます』

溢れついでに、堀さんと池田さんのイベントも
やっちゃおうじゃないか…というわけで、代官山蔦屋書店で
5月31日(土曜日)19時よりトークショーやります。
やっちゃいます。やらせていただいちゃいます。

思えば、池田さんのイベントはたくさんやりましたが、
堀さんを壇上に引っ張り上げてのものは初めてです。

『千本松牧場にて記念撮影する池田さんと堀さん』

どんなサッカロマイセスセレビシエ(発酵的な意味)を起こすのか。
一応、二人の担当の編集者であるところの自分から見ると、
二人ともボケとツッコミで言うなら明らかにボケだ!
なんだか不思議なトークショーになりかねない!

『千本松牧場にある牛に腰掛ける池田さんと堀さん』

これはある程度ちゃんとしたお題を設定した方がいいんじゃなかろうか。

というわけで、今回のトークショーは
「パンの漫画」に収録されている中編漫画「不思議なパン屋を巡る小旅行」の
取材の模様を肴にすることに。

『取材時はcimaiのある幸手市は桜祭りの真っ最中でした』

『幸手での待ち合わせに現れた池田さん』

この不思議なパン屋を巡る小旅行。
ちょっとした思い出になるくらいオモシロ美味しかったです。

丸々一日かけて埼玉県幸手市にある「cimai」、
さらに寄り道で「千本松牧場」、
そしてインパクト抜群の西那須野原の「なまけもののパン屋」を巡りました。

実はこのトークショーのため、
そのときの模様をビデオカメラで撮影させて頂きました。

じつに素敵な雰囲気、酵母の匂いに満ちていたcimaiの店内、
食べたくなること必至のあんバターをはじめとしたパンの数々。
正直、カルチャーショックを受けるぐらい美味しかった……。

『とってもモダンな外観のcimai』

『いま見てもヨダレが出てくるcimaiのパン』

『cimaiのパン、ハード系も柔らか系もマジで最高です!』

『夢に出てきそうなほどハマってしまったcimaiのあんバター、あずきもコッペパンも最高に旨い』

さらに、いままで行った中で最も不思議なパン屋さん
「なまけもののパン屋」さんの店内(不思議だけれど居心地が最高に良かった!)。
店主の奈良さんとのおしゃべり(奈良さんはとっても良い人でした)など、
はっきりいってめちゃくちゃ貴重な動画となっております。

『なまけもののパン屋の看板(?)』

『一見さんはちょっとおののく、なまけもののパン屋の入口への道』

『なまけもののパン屋の店内、凄い数の風鈴、音色が美しい!』

『あまりの不思議さに圧倒される一同』

『良書だらけの蔵書、堀さんも池田さんもひたすら感心』

『クマ』

『焼き物(店主奈良さんのお父さんが焼いたそうす)に乗っているパン』

『なまけもののパン屋さんのパン、たくさん買いました』

こういったものを撮影した動画をまとめます。
これは多分、他では絶対に観られません。
このトークショーのためだけに、これから動画の編集作業をしますよ〜!

このムービーを観つつ、堀さんと池田さんのトークに耳を傾けつつ、
最後には「すごいパン」を参加者の皆様とともに齧ろう…
という段取りです(すごいパンについては当日のお楽しみ)。

現在、代官山蔦屋書店のサイトにて予約を受付中です。
「1500円以上送料無料」という条件にうまくかかるように、
パンの漫画+パン代120円とさせて頂いていますので、
送料無料です。


『パンの漫画発刊記念 やっぱりパン屋さんが大好き 池田浩明氏×堀道広氏 トークショー』

日時/2014年5月31日(土曜日)19時〜20時30分(サイン会もあり)
場所/代官山蔦屋書店1号館2階イベントスペース

ご予約はコチラ! 代官山蔦屋書店のサイトから。


行ったことがある人ならばわかると思いますが、
代官山蔦屋書店、ものすごく居心地が良く、ため息が出るほどの品揃えを誇る
凄い本屋さんです(個人的には東京で一番だと思う、1日居れますよ、本当に)。
代官山(パン屋さん、たくさんありますよ〜)も蔦屋書店も
お出かけ先には本当に最高だと思いますので、是非!


【ナカムラ】


JUGEMテーマ:美味しいパン
パンの漫画 comments(6) trackbacks(0)
「パンの漫画」、やっとこさ完成!

耳かき仕事人サミュエル」などの快作(怪作?)はもとより、
いまだにネット上で物議を醸している
進研ゼミの漫画」(爆笑必至ですが、お下品、エロありなまとめサイトなので閲覧注意)、
さらにはパンラボの装画「パンの中に住む男」や
いまやなんとな〜くオシャレアイテムになりつつある「クロックムッシュ氏」で
お馴染みの堀道広さんの新刊が完成しました。
やっとこさ〜〜〜〜!

その名も「パンの漫画」。


表紙にどど〜んとコロネを身にまとう伊達男、
「ドン・コロネオーネ」が描かれているこちらの本。
101篇に渡るパンの漫画がおさめられています。

パン好きの夫婦(もちろん堀さん夫妻)、張り込みばっかりしている刑事、
恋に悩む女性、一斤さん(坊主)、そしてもちろんコロネを着たドンなど、
実に多種多様なキャラクターがおおむねソフトに、
ときどきハードに暴れまくる、前代未聞のパンの漫画となっております。


そして、その全てにパンラボ主宰池田さんのエッセイが
即興セッション的に添えられ、不思議な読み口の作品集として
仕上がっています。

32ページはカラー、残りの96ページは1色ですが、
1色のページは素敵なパンの色っぽい特色刷となっています。


さらに101扁目には堀さんと池田さんが1日かけて小旅行した模様を
描いた中編漫画、「不思議なパン屋を巡る小旅行」もおさめられています。

デザインは「パンラボ」や「サッカロマイセスセレビシエ」のデザインも
手がけてくださった「山口デザイン事務所」です。

実はこの本、全てのページの断ち切り部分(ページの天地左右の一番外側の所)が
パンの色っぽい特色刷になっているんです。
そのため本が仕上がるとサイドの部分がその特色の色になって、
パンの耳みたいになる予定です。
こちらのアイデアも山口デザイン事務所の山口信博さんに考えて頂きました。
現時点ではまだ完全版の本は刷り上がっていないので、仕上がりが超楽しみです!

というわけで、「パンの漫画」は5月22日発売です。

さて、この漫画を作るにあたって誕生した「ドン・コロネオーネ」。
なんとも味のあるキャラクターができちゃった…ということで、
こんな物を作ってみたり。

【ドン・コロネオーネiPhoneカバー】

こんな物を作ってみたりしました。



【ドン・コロネオーネキーホルダー】

一回目の型はいつも通り失敗しましたが、
二回目の型で思いのほかいい感じのものが出来上がってきました。

現在発売中のクロックムッシュ氏や
復刻版がもうすぐ出来上がるパンの中に住む男同様、
相変わらず販路が非常に限られているので
どこで買えるんだ状態になりそうですが、
今回はパンの漫画の先行予約ということで、こちらのキーホルダーを
セットで手に入れられるようにしました〜!

なんか、これ、何度書いてもどうしてもジャ●ネットたか●っぽくなっちゃいますが、
現在、予約受付中です。多分、来週18日の夜までです。

パンの漫画キーホルダーセット予約特設サイト


どうぞ、宜しくお願いします。

パンの漫画発売記念のイベントも色々あります。

まずは東急ハンズ池袋店さんで、今年も開催する
パン欲まみれの3日間、みなさんお待ちかね、自分もお待ちかねの「パンコレ」。
プレパンコレとしてパン雑貨のコーナーは5月19日より、
パンコレは5月23〜25日となっております。
特設ホームページはコチラ。

代官山蔦屋書店さんでは、パン雑貨を集めた「やっぱりパン屋さんが大好き」を開催中です。
パンラボ池田さん全面協力で作った付近のパン屋さんを食べ歩くためのマップは超力作です。
5月31日(土曜日)に堀さんと池田さんのトークイベントも開催します
(予約サイトオープンしたらまたご案内します)。
不思議なパン屋を巡る小旅行にいった時に撮影した動画の上映もします。
美味しいパンはもちろん、
cimaiさんの実によい空気が流れている店内とか、
なまけもののパン屋さんの店内を席巻している大量の風鈴とか、見所満載です。


ユトレヒトさんでは、パンの漫画発売日5月22日より、
パンの漫画出版記念展」(サイトのドン・コロネオーネが凄い迫力!)が開催されます。
パンラボ雑貨はもちろん、堀さんの門外不出の没原稿などを
集めた番外編ジンを制作予定です。
もしかしたら、自分も見ていない凄い原稿があるかも! 欲しい!


6月7日には吉祥寺パルコブックセンターさんにて、
これまた堀さんと池田さんの「即興漫画ライブ」を行う予定。
詳しく決まりましたら、またご案内させて頂きます。
またパンの漫画発売日5月22日より、堀道広さんの原画の展示や、
パンラボグッズの販売もありますよ〜!


パンコレはもちろん、代官山(パン屋さん、いっぱいあるので特製パンMAPを是非)にも、
ユトレヒトさんのある南青山表参道(レフェクトワールのサンドイッチ最高です)にも、
パルコブックセンターのある吉祥寺(ダンディゾンやEPEE)にも、
と〜ってもよいパン屋さんがあります。
この春のパンライフをちょっと楽しく過ごすための催しとして、是非足をお運び下さい。

【ナカムラ】
パンの漫画 comments(0) trackbacks(0)
「パンの漫画×ドン・コロネオーネ」予約開始!
パンラボシリーズ最新刊堀道広さんの「パンの漫画」。
5月22日の発売を前に、ようやく完成が近づいて参りました。


今回もデザインを「パンラボ」や「サッカロマイセスセレビシエ」を
デザインして頂いた「山口デザイン事務所」にお願いしました。

タイトル部分はスミ箔加工、とても大きな帯に新キャラクター
ドン・コロネオーネが君臨しています。
クラフト紙の味とキャラクターが見事な風合いを醸しています。

さらに全ページの断ち切り部分に特色のブラウンを使うので、
本の背以外の3方がまるでパンの耳のように見える予定です。


パンの漫画、その中身は、
まさに千本ノック状態で堀さんが描きに描きたり、100本の4コマ漫画。
日常に発酵するパンにまつわるものごと(ごく一部、パンにまつわるか微妙なものを含む)を
焼き上げるように描いた、ふんわりとした作品集です。
4色ページが32ページで残りの96ページは1色刷です。


さらにこの本のために池田さんと「不思議なパン屋を巡る小旅行」に
出かけた模様を中編漫画として描き下ろし。
埼玉県幸手のcimaiや西那須野のなまけもののパン屋など、
とてもオモシロオイシイ小旅行をしてきました。


パン屋さんだけではなく牧場にも行きました(那須の千本松牧場にて)。

さらにさらに、すべての漫画に池田さんの一言エッセイを
即興セッション的に付けてもらいました。


そして、紆余曲折のすえに生まれたこの本のイメージキャラクター、
「ドン・コロネオーネ」。

せっかくなのでこのキャラクターも
パンの中の男やクロックムッシュ氏のように、
パンラボ第三のキャラクターとしてキーホルダーにしようじゃないか…
ということで、ただいま絶賛制作&監修中です。


第一弾の型はちょっと失敗してしまったので、現在、作り直しています。


色はオレンジが強すぎるので、クロックムッシュ氏的な色調に変更。
さらに顔の部分の型やパン部分の模様をなくすなど、大幅に型も変わります。
今後の模様はブログやTwitterなどで逐一、公開する予定です。

というわけで、
ここからは思いっきり宣伝!

今回、この2つ「パンの漫画」と「ドン・コロネオーネキーホルダー」を
セットで手に入れられる先行予約サイトをオープンしました。


なんかこう、ジャパネットた●た風になっちゃいますが、
発売日に確実にこの2つのアイテムを手に入れるチャンスでございます!
こちらのサイトから予約できます。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




何卒、宜しくお願い致します。

【ナカムラ】


JUGEMテーマ:美味しいパン
パンの漫画 comments(1) trackbacks(0)
| 1/1 |