パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
浸し浸されの関係

かしわでさんから連絡を受ける。

「どこかいかない?」


かしわでさんは大事な話をするときに街へ出る。
パンラボに関する何かそういう話と見当をつけて、かしわでさんに黙って付いていった。
すると着いたのは伊勢丹新宿店の地下!!



「カフェオレに浸すに相応しいパンがあるって聞いたから」とデュヌラルテへ直進し
パンを大人買い。

◎ラルテ…クロワッサン
◎アミティエ…ブリオッシュ

近くでコーヒーとカフェオレもテイクアウトしたから、実験をするつもりらしい。



そうか、おいしいパンと温かい飲み物を食べてパンラボらしい行為に耽りつつ
大事な話をあれこれするというワケか…。

「撮ってね」


あーはいはい、かしわでさんがカフェオレにパンを浸して
"本当にカフェオレに浸すに相応しいパンかどうかを実験している様子"を撮影してほしい
ということですね。



カフェオレの容器に正しく挿入できるよう、丁寧な調子でラルテを割く。


温かな液体で満たされた場所にイン。



さきっぽだけ挿入。
ラルテは白い液体をまとって。


結果:浸しても、結構浸しても、ラルテのサクサク感が損なわれないままカフェオレと融合した。
(かしわでさんは「うまいね」を連呼。詳しい説明はコメント欄に書いてくれるかな…)



アミティエはどうだ。



おもむろにコーヒーのマドラーを刺して、さきっぽをインするかしわでさん。


結果:カフェオレに溶けていくような食感。ラルテよりも融合度高し。


かしわでさんが言ってたこと
◎カフェオレに浸すに相応しいのは、1日経ったパンとかちょっと乾いたパンとかかもね!
◎デュヌラルテのパンはどちらも最高においしい状態だから、正直勿体無いね!

パンラボについてのそういう話もしたけれど、浸し浸されの関係に終始しました。【D】




にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう
(かしわでさんとのプティデート)

パンラボ comments(3) trackbacks(0)
Comment








かしわで


パンラボに関する、とある重大な情報をキャッチした自分は、
コイデェーの顔をうかがうのに必要だったのだ!

パンとコーヒーを浸す行為が!

手品師がマジック・ポイントを隠すためにあえて取る無駄な動き。
ビリー・ワイルダーが話にコクを出すためにあえてずらすストーリー・ポイント。
自分もカフェ・オ〜レに浸すことで、
とある重要な話を引き出そうと思ったのだ!


浸すのに適したパンについては、以前、ムッシュ・池田浩明から聞いていた!

迷わずゲッチュー! スタバでオ〜レをゲッチュー!

パンとオ〜レをゲッチュチュッチュー!

ブチューではなく、ソフチューな感じで浸したけど、
旨い! 正直、浸しても浸さなくても旨い! 

コイデェーが書いてたけど、1日たって、少しパンのオ〜ラが弱まったときに浸すと劇的な気がする。きっとパリジャンだってそうしてるに違いない!(決め付け)


で、そんなマジックをしつつ、自分はうかがう。

コイデェーの顔をのぞき込む。

なるほど。

ななななななななななななななななな

なるほどーーーーーーーーーーーーー!


なるほどぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!
from. かしわで | 2011/09/21 15:14 |
かしわで


みんなぁぁぁ。

ほんとうになるほどだよぉぉぉ。



いまにわかる。

from. かしわで | 2011/09/22 00:03 |
>かしわでさん

いまにわかる。

ってサイコーにかっこいいです。明日もムッシュと行ってきます。
from. 研究員D | 2011/09/22 14:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>