パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
シネ・パン
かしわで



バットマンシリーズの最高傑作「ダークナイト」が
おそらくアクション系映画上映では最高の環境と噂される
IMAXシアターで特別上映されるというので、
こっそり観にいった。

このシアターは基本3D上映で真価を発揮するスクリーンだけど、
2Dのダークナイトははたしてどんなもんなのか?
興味津々の深々でレッツした。

ならば。

最近雑になっていた映画を観ながら食べるパン(もしくは上映前に食べるパン)も
自分なりにちゃんとやろうと思って、
トランジットの池袋でパン屋によった。

今回は娯楽映画だからコーラ&ポップコーン・ムービーのはず。
ならば上映中にパンを食べるのもよかろう。
パンもポップコーン同様にパリパリサクサクとした音は立たないから。

なもんで、メゾンカイザーに行ってみた。
すると店頭でバゲットやパンドミらを好きな厚さに切ってくれている。

これは!!!

これは!!!

店員にどんなパンでも切ってくれるか尋ねると、どんなパンでもリクエストにお答えしますとの返答が。

クロワッサンやいちじくのパンやもう2品くらいを買って、その場で大きめの一口サイズにカッティングしてもらった。

「パンはかぶりつくのもいいけど、旨くカッティングしてもらうのもおいしい」が持論だし、
映画を観ながらなら、小さく切ってもらったほうが便利と考えたからだ。

そのまま西武線方向へ歩くと、途中にドンクを発見。

並ぶパンを横目に歩いていたら、あまりにもおいしそうなシナモンパンが眼に入っちゃって、思わず店員に「どんなパンでも切ってくれますか?」とシルブプレする自分が。(もちろんカッティング、オッケー)

1つだけ買うのもアレなんで、ソーセージの入ったパンも買って、大きめの一口サイズにカッティングしてもらう。


それがこれ。


ぱんしね

1つの袋に入れて、あえてまぜこぜにする。

う〜む。今日のシネ・パンは我ながらちゃんとしたなぁ〜。

これを持って、映画館へ突入。

ヒャッホー! 

お! これはクロワッサン、これはシナモンパン、
手探りでパンをつまむ。

映画に没頭しつつも、左手はパンをさぐる。
パンそのものがおいしいから、当然旨いけど、暗闇のパンさぐりも面白い。

でも、

正直量が多すぎた。

パン6個分はさすがに多かった。調子にのって買いすぎた。

でも旨いパンをつまみながら、映画を見るのはそれはそれでゴージャスだ。


ちなみにIMAXシアターは2D映画でも最高の臨場感。
ダークナイトの、っていうかジョーカーの魅力を存分に堪能できた。

っていうか予告編で観たワイルドスピードでさえ、相当面白そうと思えましたからね。
(正直まったくそそられない映画だったのに、ダイナミックな映画に思えた。どんなブサイクでも雪山でスキーウェアを着るとカッコヨク、カワイク見える現象と同じか!?)

このスクリーンは相当だぜ!
パン・トリップ comments(3) trackbacks(0)
Comment








このアイデアすごくいいですよ!
from. 池田浩明 | 2011/10/05 10:47 |
はげしく同意!
これは自分も他のパン屋さんバージョンで試してみたいです。
from. 研究員D | 2011/10/05 13:05 |
かしわで

パンラボのツートップ2人に褒められちゃった。

買い過ぎに注意だけど、こんもりないと楽しくない。
余ったら家で食べればいいし。

紙袋をもらうことをすすめます。
from. かしわで | 2011/10/05 21:40 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>