パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
深夜食パン

遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。

ジェットストリーーーーム

皆様の夜間飛行のお供をするパイロットは私、重宝柏手です。


今からおよそ2時間前、世田谷区弦巻の異常に高い放射線がその家の床下にあったビンからのものだったという衝撃のストリーム(オチ)を右から左に流しながら、
自分はある記事を深々と読んでおりました。


ある記事  



真夜中にふと目を覚まし、「デニッシュ食パンが食べたい」と思う。
一度思いつくといてもたってもいられなくなり、ベッドから這い出してハンドルを握り、深夜の国道を東陽町へとひた走る。
 (その記事より引用)


ぬぬぬ。


ぬぬぬ。



ぬぬぬぬぬ。



で、気がつくと、


ぱよる.JPG


来ちゃった。


(学生時代、深夜、っていうか思わぬ時間に、いきなりピンポーン。
ん?こんな時間に誰が?
ドアをあけると、そこには付き合ってはいないけど、よく知ってる女の子が!
驚く自分。
目があうと、その女の子の口から、ひとこと、「来ちゃった…」
そんなシチュエーション、降って来ないかなぁと毎深夜もんもんとしてたっけ)

その来ちゃった。あの来ちゃった。

言われてみたいセリフ、ナンバー1を自分で言っちゃったよ。



ぱプレーン.JPG


ボードにはプレーンのみ記載。

おそらくプレーンのみだろうけど、念のため聞いてみると、やっぱりプレーンのみ。

もちろん購入。

で、
お店から30Mくらい歩いた交差点を右に曲がり、もちろん、すぐさまオープン・ザ・袋。



ぱオープン.JPG


バターの香りがジェットストリーム!


もちろんすぐさま千切る。

ぱチギリ.JPG


手にしっとりとバターの油分がジェットストリーム!


深夜に食べるにはエネルギーが多すぎるパンだけど、
まして負傷かしわでには少し重すぎるけど、
旨い。旨いぜよ。
久しぶりのパワーブレッドに舌鼓は、ジェットストリーーーーム!!


来ちゃって正解ぜよ。




ごきげんよう。
パン・トリップ comments(4) trackbacks(0)
Comment








本当に行っちゃったんですか?
お疲れさまでした。
深夜に首都高をぶっ飛ばすとか、深夜に海を見にいくとか、深夜特急とか、深夜食堂とか、行動のばかばかしさ、意味のなさにぐっときてしまうのではないでしょうか。
from. 池田浩明 | 2011/10/14 09:34 |
かしわで


なんか気流に乗っちゃった感じ。

気づいたら、
首都高をぶっ飛ばし、
木場に着陸してたよ。

ジェットストリーム!

デニッシュが無性に食べたくなったというより、
その店のたたずまいをじかに触れたくなった、あの時間に、その時間に。

店の中からこぼれた光で店が照らされている(ような)光景は、まさに自分が描いていた理想のたたずまいで、それだけでいい気分だった。


from. かしわで | 2011/10/14 11:16 |
もしかして昨晩の着信はパワーブレッドへのお誘いテル…!?
違ってたらいいんですけどね…
違いますよね…
うん違う違う…(言い聞かせ)

皆さんが忘れた頃にひとりで行きます。
予約して季節限定商品とかをゲットしてきます。
from. 研究員D | 2011/10/14 12:21 |
かしわで

お誘いじゃなくて、宣言。

いってきま〜す!

そんな自慢話。

悔しそうなリアクションが欲しくて。

from. かしわで | 2011/10/14 18:21 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1058
<< NEW | TOP | OLD>>