パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
2色ホーン

北三条駅から東へ進んだら、偶然見つけたパン屋さんマルヤ。


マルヤ
住所 新潟県三条市居島7-1



お正月前は、お休み中に食べるパンを多めに買っていくお客さんが少なくないという。

自分の前に並んでいたお客さんは生クリーム食パン(写真左上)を手にしていた。



2色ホーンは片方にチョコクリーム。



もう片方にカスタードクリーム、というお得感のあるパン。



イナカアンパン。

あまり甘くない粒あんと、酒種の匂いのするようなしっとりとした生地。
よく切れるナイフでホールケーキを切るみたいに小さな二等辺三角形にして
少しずつ食べていったらまたおいしく感じました。
イナカアンパンという名前もイーネ!


自分でパンを焼かない人は、お気に入りのパン屋さんの営業開始日が待ち遠しいですね。
冬休みが終わった人も、これから冬休みが始まる人も、諸々ぶっ続けな人も

元気ですかー? 


(しーん)




パンラボ単行本は旧正月1/25発売


にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう
(3連休か)

パン・トリップ comments(3) trackbacks(0)
Comment








かしわで


黒糖アイスミルク珈琲が自慢の上島珈琲のピーナッツホーンが好き。

コロネと違って、上手に食べないと逆から漏れる油断ならない感じが好き。

ちなみに、念のため書きますが中華圏の旧正月は今年は1月23日から、3日ないし一週間くらい。

1月25日はあくまでもパンラボ的お祝いの日。

念のため。
from. かしわで | 2012/01/08 23:23 |
かしわで


ミツコ感覚は自分が大好きな俳優、古舘寛治が出てる
変な感覚の映画。

おそらく本人がどう思うかわかりませんが、
コイデ感覚と置き換えてもいいような映画。

へへへ。
from. かしわで | 2012/01/09 20:55 |
>かしわでさん
ピーナツホーンとは聞き捨てなりませんな。
とろっとろなアダルト系ホーンということですか。

ミツコ感覚の前に哀しき獣を観てしまい、ちょっとくらくらしてしまい、まだミツコ感覚観てません。早く観ないと終わってしまいますね!
from. 研究員D | 2012/01/10 11:42 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>