パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
桃屋
いつもお世話になっている漫画家の尾上龍太郎さんを訪ねて、静岡へ。


沼津駅前で帰り際の尾上さん。
ちょい照れくさそうにひとつの袋を無言で手渡してきました。
尾上さん「これ、いつも言ってたアレ(照)」
D「な、な、なんとおおおおっーーー…!!!」





なんとそこには沼津市民なら知らない者は居ないとも云われる

桃屋のメンチカツサンド(上)&カツサンド(下)が!!


前々から話には聞いていましたが、実際に目の前にすると物凄い迫力ですね。
ドッグパンに横から切れ目を入れたところに、メンチカツまたはカツが挟まれている。
どちらにも薄ピンク色をしたハムが一枚ぺろっと挟まれているのも特徴。
そこにソースが塗ってあるのみという潔さは、揚げ物屋さんならではでしょうか。
(桃屋はパン屋さんではなく揚げ物屋さんなのです)



しかもソースが選べるらしい。
甘いソースと甘くないソースとがあり、今回は甘くないほうをチョイスしてきてくれました。

このハムのおかげで、
"メンチカツを先に食べちゃってパンが少し余ってさびしい気持ち"というのが無くなる。



カツサンドに挟まれているカツは超ビッグで揚げたて。
下にはちゃんとハムも敷かれているのでご安心。

一般的に想像する食パンを使用したカツサンドとは趣向が異なるけれど、
この満足感と安心感は旅のおともに/お土産にグッド。
甘いソースバージョンも食べてみたいので、また立ち寄ってみたいお店となりました。


いくらパンラボとかいう活動をしているとはいえ、
漫画家さんに気を遣わせるとは本当にどうしようもないなと反省しつつ
2本ともしっかり完食し東京へ戻りました。【D】





にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう
(沼津よいとこ)
パン・トリップ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>