パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
たまに食べたくなる「ネオバターロール」との戦い
かしわで


たまに、

たま〜〜〜に、

突然食べたくなるパン、

ネオバターロール。


きょうがその日だった!やっほー!


neo1.JPG 

なぜ食べたくなるのかは考えない。

そのなぜを紐解くのもパンラボかもしれないけど、自分は気にしない。イヤッホー!


自分はときどきネオバターロールの袋のイラストと目が合う。
いつも視界には入っているけど、いつもは目が合わない。
でもときどき目が合ってしまう。
とろんとした断面図なイラストと。


発売元のフジパンのホームページに行くと、
あるわあるわたくさんのネオバター・レシピが。→ここ


やっぱり考えることは同じだ。
日本中のネオバターマンがきっとオリジナルなレシピで楽しんでるのだろう。

正直、長く愛される理由は、そのまま食べておいしいからだとは思う。
少なくとも日本中のネオバターマンたちだって基本はそのままパックンチョしてるはずだ!(決め付け)
実際、自分はそう。


だけど、その一方でなんか工夫してみたいとも考えている。



何をネオバターと戦わせるか?


たいていはこれ。


neo2.JPG


自分は挟まない。塗りたくる派。で、だいたいLEE。
LEEのキーマ。10倍!

ネオバターじゃなくても、このパターン多し。超熟でもLEE。

でも、きょうはフジパンのレシピを見てしまった。

見てしまった以上はキャスティングも考えねば!


で、こうなった。


neo3.JPG


頼みは落合シェフ。

ネオバターロール VS 予約でいっぱいの店のボロネーゼ(パスタ・ソーズ)


ネオ・ボロネーゼにしてやる!



neo 4.JPG


右がボロネーゼ、左はLEE。
(LEEはもしものときの押さえ。)


ターーーー!


ネオバターを真っ二つに割って、中に詰め込んでやる!


どうだーー!!


うまい!


さすが落合シェフのおいしい約束だ!

ネオでもその約束は守られている。


けど、


けど、


LEEもうまい!



相変わらずうまい。
ふつうにうまい。

LEEの10倍の辛さとマイルドなネオバターがあいまって、うまい。




勝者! LEE!



LEEの防衛! わーー!!



最後にボロネーゼとLEEを混ぜて、ネオバターしてみる。


パンラボ風にいえば、ボロネーゼとLEEのマリアージュ!


ワオ! これはうまい!

マリアージュ成功だ! いやお見合い成功だ!





でも勝者はLEE!


LEE!









パン・トリップ comments(2) trackbacks(0)
Comment








私は黒糖ネオもたまに食べたくなります。
ネオバタにはカレーが合うんですね!知りませんでした!
早速やってみようと思います!
LEE!
from. ゆか | 2012/03/29 09:55 |
かしわで

自分は少し辛い味のキーマっぽいのが合うと思っております。

辛さとネオバタのまぐわいがよろしいかと。

袋の裏に15秒温めるとおいしいと書いてあります。
たしかに15秒温めると中のネオがとろけておいしい。

本当はカレーには少し歯ごたえのあるパンのほうがおいしいと思ってます(ナンのように)。だから温めてしまうとパンもいっしょに温まってちょっと柔くなってしまう。そこは本当はつらい。
つらいけど、中のネオがとろけたところにカレーが混ざるのはおいしいと思う。だから少し温めてます。


黒糖ネオも好きです。

こんど黒糖ネオとカレーをお見合いさせてみます。
もちろんLEEで。
from. かしわで | 2012/03/29 14:00 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1262
<< NEW | TOP | OLD>>