パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
俺とMASAKOと男と京都
IMG_4131.JPGPascoのイングリッシュマフィン。


IMG_4132.JPGMASAKOはMASAKOでも渡邉政子で御座います。

政子さんお手製の夏みかんジャムを貰ったので、イングリッシュマフィンを焼いた。
瓶も可愛い。


IMG_4134.JPG具がごろごろしているのがMASAKO JAMの特徴。
糖分70%で、皮の苦みが合っていた。


IMG_4136.JPGバタを塗ったところにのせて。


IMG_4138.JPGMASAKO JAMは具の部分以外がさらっとした液体。

熱々に焼いた面に置いたバターが
バター汁と化した頃、MASAKO JAMの夏みかん汁をさらに重ねて注いでみた。
抱腹絶倒。
ははは! 
はははは!
何これははははは!
この貴重な汁々を受け止めるにはおそらくイングリッシュマフィンが適当でした。

さらさらタイプのジャムがある時はイングリッ汁マフィンを作ってみよう。
それで一緒に笑おう。
(↑ちょい自己啓発っぽい言い方)
 

で、ようやく男がデキました。


男は男でも"パンの中に住む男"。

神聖な様子でパッキングされている。
(キーホルダーの下に敷かれているのは単行本『パンラボ』で賛否両論を巻き起こした
通称パンラボペーパーが…)


キューティでプリティでファンシーでエマージェンシーなキーホルダーになったネ!!

どうかお楽しみに…。



風の噂によると、今夜放送の「8時です! 生放送!!」という番組でパンラボのことを
紹介してくれるみたい。あと政子さんが京都方面に飛んでるみたい。【D】



パンラボ comments(1) trackbacks(0)
Comment








かしわで

おっとーーー!

明日はパンラボ関係者がみんな京都に集結かー?

よーし、こうなったら、俺もー!

ターーーー!
from. かしわで | 2012/05/12 02:29 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>