パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
伝説のぱんに出会った!



うぐいす.jpg



おっとー!!!

何年ぶりだ! 思い出せない!

いたんだ! いたんだね! チミは!!


一週間くらい前、
もはや伝説のぱんと認定していたヤマザキのうぐいすぱんに出会った。

しかも(自分的に)驚くべき場所で。


西武池袋線の池袋駅の地下改札構内にあるスナック・イン
(やきそばやソバなどが立食できる場所。一応リンク貼ったけど、興味ある人いるのかな?)
菓子パンコーナー(といってもめちゃくちゃ小さいスペース)に
うぐいす色のニクいやつは2袋いた!!!

まさかの灯台、
まさかのもと暗し。
まさかの変化球。
まさかの駅売り。

値札! ¥100

20年前! いや30年前! 時空を超える値札付き!
値札1つでまさかのオールウェイズ感!! 東京タワワワワー!


世の中は経済であり、ビジネスである。
この場所にうぐいすぱんがあるということは
この場所ではけるからあるということだ!

この沿線を利用してるお客様の中にいる。
うぐいすぱんを愛す方が確実にいる。
偶然のはずない。偶然で置かれるぱんではもはやないからだ。
(でないとヤマザキのうぐいすを求めてスーパーの菓子パンコーナーを彷徨う自分が浮かばれない)
いや、偶然でもいい。もし偶然置かれた日に自分が偶然通りがかったとしたら、それはそれでディピュティーだ。(練馬から離れ、池袋駅をほとんど利用しなくなった)

だけれども、これはやっぱり偶然ではない。
なぜなら、そこに置かれていた2つのうぐいすぱんの賞味期限が1日ずつ違っていたからだ。



でもどんな人が買っているんだろう。できれば女子高生のおやつ替わりだといいんだけど、ちょっとムシがいいかな?
うぐいすぱんを好きな女性、略してうぐいす嬢(…とか言ってみたりして。うひ)が毎日、そこでうぐいすパンと牛乳を買って、食べてるとうれしいなぁ(イート・インできる)。



すまない! うぐいすぱんをいつも買うウグイス嬢!

と気持ち土下座ぎみにそこにあった2つのうぐいすぱんを買わせてもらった。


同じ菓子パンを2つ同時には買わない。

特に課した決めごとではない。けれど、自然にそうなっている。お土産でないかぎり、2つ買わない。
メロンパンが食べたいと思えば、メロンパンを1つ買う。自分用に同じ菓子パンを2つ買ったことなどない。

だけど、今回は2つ買ってしまった。
買い占めてしまった。

ワオ!まさかの罪悪感!

ハッピー&ギルティー



かしわで
パン・トリップ comments(4) trackbacks(0)
Comment








そういえば・・と遠いまなざしを送りながら、癒された私はやはり疲れているのですね。
from. helim | 2012/06/17 16:21 |
え?

疲れて……?


もしかしたら、
自分も疲れている?


休まないと。

でも休んだら休んだで疲れるしなあ〜。


上手に休みたいものです。
from. かしわで | 2012/06/17 21:50 |
初めまして・・です♪
うぐいすぱん・・記憶の底から蘇りました・・好きです!うぐいすパン。
広島ですが、今日から目を皿にして探します。あ〜〜〜食べたい・・懐かしいあの食感を復元しなくては・・。

突然の書き込み、失礼しました♪
from. mitu | 2012/06/19 12:27 |
かしわで

毎日食べたいとは思わないんですよ。
でも食べたいと思い立ったからといって、すぐに出会えもしない。

そういう距離感は嫌いじゃないです。
けれど、うぐいすぱんとの距離はにしたって少し遠い気がしてます。

たとえるなら遠い遠距離恋愛。

遠距離恋愛に遠いも近いもなく、大事なのは気持ちの距離感なんでしょうけどね。

うぐいすぱんとはちょっと遠い遠距離と思ってます。

広島でも出会えるといいけど、目を皿にする必要はないかと。
ニュートラルに構えていればオッケーかと。
ふっと目の前に現れますからきっと。
from. かしわで | 2012/06/21 12:43 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1335
<< NEW | TOP | OLD>>