パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
東京国際ブックフェア→雑貨フェア
かしわで


昨日からお台場のビッグサイトではじまった東京国際ブックフェア
業界の末端の端くれとして覗き見に行った。 
(7/4〜7/8)


業界の最先端注目・警戒事項はおそらく「電子書籍」について。
Kindleがやってくるのを迎え撃ってやる! と思ってるかどうかは知りませんが、
大印刷会社さんや大メーカーさんや大ポータルサイトさんらが
未来の展開の主導権を握るべくアピール合戦を繰り広げておりました。

ニギニギしさは明らかにブックフェア・ブースより、電子書籍ブースだったように思えます。


で、気がついたらこんなブースにおりました。

さうじ.jpg


わおー!イスラム!

で、気がついたら、こんなものをちょうだいしてしまいました。

ちょうほう.jpg

アラビア書道で書かれたアラビア文字。

「ちょうほう」と書かれてます。ちょうほうとはもちろん自分の名前・柏手重宝より。

アラビア書道家の佐川信子さんが招かれ、ブースにてみんなの名前を書いてくれていたのでした。

後ろで見てて、気がついたら並んでましたよ。書いてもらいたくって。

ちょうほうさいん.jpg


おっと、ここはパンのブログだった。

どや話のブログじゃなかった。(でも行かれる方にはオススメです。ブックフェア会場の奥の方にあるサウジアラビア・ブースです)


ぱんけーす.jpg

おっと、これは……

見たまんま、あの形に見える……

まさか…

おーぷん.jpg

びよーん。

やっぱり!

これは同時に開催されてる国際雑貨EXPO(7/6まで)のキッチン系ブースで見つけたパンケース。

早川木工所」さん製作の「伊勢神宮ご神木の里シリーズ」のパンケース(13500円!)。(NHKの番組でさらりと映っただけなのにすぐさま購入希望者が殺到したとか)

ブレッドケースといえば、オランダのbrabantiaのようなローラー系の形をイメージしがちだけど、このようなイギリスパン系の形のケースもなかなかにオツか。

この山型パンケース&ポンっと飛び出るトースター

自分には雲の上のコンビネーションだけど、
(無理無理に買ったとしても一ヶ月で素敵力を成仏させる自信あり!)
こういうのを長くいい感じに使いこなせるオシャレ・ブレッダーになりたいものです。



パン・トリップ comments(3) trackbacks(0)
Comment








す、素敵です。
伊勢神宮ゆかりの木!?
ますます、素晴らしい!
眺めているだけで、ヨシヨシとなでるだけで…幸せ。
手元にあったら、目の前に置いて『ふふふふ』とニヤけてしまうな、きっと。
from. ことぱん | 2012/07/05 23:03 |
かしわで

受注販売だそうです。

特別なものを贈りたいときに、贈らねばどうしようもないときに、
よろしいんじゃないでしょうか?

でも、それじゃ自分のものにならない。よしよしできないねぇ。
だとすると、
買ってくれるようにしむけるしかない。催眠療法だ!
from. かしわで | 2012/07/06 01:43 |
パンケース、最高ですね。
早速、誰かに送るフリして買う手筈、整えてます。
もちろん、自分でよしよしします。

てか、HP見てたら、他にもいろいろ欲しくなってきた〜。
生暖かさと、古新しさが素敵すぎます。
from. ブレーメン | 2012/07/06 16:17 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>