パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
アメリカンマヨネーズストーリーズ 試行3
『アメリカンマヨネーズストーリーズ』再現シリーズ。

アメリカンマヨネーズストーリーズ試行1
アメリカンマヨネーズストーリーズ試行2


この間の日記ではこんな強気を言っておきながら、最近は食欲が全然無い。

お腹は空いていても、選ぶ自由に疲弊する毎日である。

作り方は書いていなくても、軽めのサンドイッチを想像すると少し食欲が出てくるような気もする。



 7.jpg前回はキュウリのサンドイッチをつくったが、思った以上に反省があった。

(コメントしてくれた方ありがとう!)


アメリカで言うところのキュウリ/キューカンバーは日本で言うところの胡瓜なのか問題、

キュウリの切り方がスタンダードではないのでは問題、

マヨネーズはハインツのほうが適切なのでは問題。


近くのスーパーにハインツのマヨネーズが無かったので、松田のマヨネーズを買ってみた。



5.jpg100%自然素材でつくられた究極のマヨネーズというだけあり、値段が高い

でも包装袋裏面に記された意味深なフレーズを読んだら買わずにはいられないね。
おかげさまで"マヨネーズ"です 
詳しいことは知らないけれど、なんか色々あって大変だったけど頑張ってる的なニュアンス。
蜂蜜が入ったマヨネーズであることは分かった。(しかも甘口・辛口があるみたい)


3.jpgこういう形に薄切りしたキュウリを用意。
生のイングリッシュマフィンにマヨネーズを塗って、キュウリをのせる。


4.jpgもう一段キュウリをのせる。交互。


1.jpgメイン州ポートランド。
17歳の短い夏に、サラとピクニックに行ったとき一緒に食べたキュウリのサンドイッチは
たぶんこれじゃない。


2.jpg塩を使わなかったのも良かったかもしれない。
キュウリの瑞々しさとマヨネーズの優しさがよく分かった。【D】



パンラボ comments(2) trackbacks(0)
Comment









生イングリッシュマフィンでキューカンバーwithマヨネーズ!!?

生イングリッシュで!!??

アバンギャルドや〜

攻撃的や〜〜

エネルギッシュや〜〜


正味の話、マヨネーズを使う時点でアメリカンだよね。
アメリカーナだよね。
アメリケーヌだよね。

アメリカの本だから当然だろうけど。


生イングリッシュマフィン・きゅうりサンド・アメリカーナ

うむ。やっぱりロックンロールだよね。
from. かしわで | 2012/08/16 20:41 |
>かしわでさん
マヨのMAYOのアメリケーヌ感はすごい。
生インマフィはキュウリのサンドイッチらしからぬロックがありました。
母性がありました。
(↑感覚的すぎるコメント)
from. 研究員 | 2012/08/17 09:28 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1386
<< NEW | TOP | OLD>>