パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
goes to j-wave!



IMG_1068.jpg

六本木ヒルズのj-waveです。

IMG_1077.jpg

レディーー

ゴーーーー!!!

IMG_1075.jpg

ムッシュ meets Mr.別所哲也

本日、朝8時30分頃から生放送ではじまったパントーク。
別所さんが朝からハイテンションであることは
日頃よりTOKYO MORNING RADIOリスナーである自分(柏手)にはごく自然だけれども、
今日はいつも以上にハイテンションに思えた。

スタッフの方の話では別所さんはパンが大好きで、
今日の企画「朝のパン祭り」にノリノリだったのだとか。

おっとー!
ならば今日のムッシュとのトークはとても面白いのではないか?
と直感的に思った。

理由は、主宰池田浩明も喋りの波に乗るとテンション振り切り系だからだ。

案の定,主宰はのっけから、
ダンディゾンのバゲットにひっくり返った話をひっくり返るようなテンションでまくしたてた。(最近食べたパンの話を振られて)
それは、皮が甘い。中も甘い。起承転結のあるバゲットだった! 
で、ひっくり返った!!!!!!!!!!!!! と池田。

パンに起承転結!!!!!!!? ワオ!!!!!!!!!!!! と別所さん。

テンションは完全にシンクロ!!!!!

イエーーーーー!!!!!!!


二人して、パンを頬張る光景。

IMG_1080.jpg

IMG_1079.jpg


別所さんオススメのパリパリしたパン(長野ベーカリーの明太フランス)や、
サクサクしたパンなどを頬張り、
小山薫堂さんオススメのチャイナ・メロンパンを頬張りつつ、
リスナー・オススメのZopfのパンの素晴らしさや、
シニフィアン・シニフィエのパンの気高さなどを別所さんに紹介するムッシュ。

短い時間でしたが、パン好き男二人の会話は濃密で、
噛み締めるほど味わい深いハード系のパンを食べているかのようなトークだった気がします。

最後にパンとは? の質問に、
コミュニケーションと応えるムッシュが印象的でした。


そういえば、東京のパン屋さんはJ-WAVEリスナーが多いという話をしてなかった気がします。次回にぜひ(次回があるといいね)。

パンラボ本はもちろん別所さんに貰っていただきました。







- comments(3) trackbacks(0)
Comment








やんや! やんや!!

ハムの人!!
from. 研究員D | 2013/02/14 20:55 |
あれ?あれれ?

かしわでさんも突撃してたんですかー!!??

観るからに楽しそうなradio…

いいなぁ、池田さんmeets別所さんのやりとり、
聞きたかったなぁ。濃密だったんだろうなぁ。

別所さんの朝のあの声、心にちょうどいい
テンションを与えてくれるから好きです。

うー、次楽しみにしますっ。
from. ブレーメン | 2013/02/14 21:21 |
かしわで


小山薫堂さんオススメのチャイナメロンパンは生地はメロンパンで、
中身はチャーシュー系の肉まんの具みたいなものが入っていて、
やられた感いっぱいだそうです。

トゥーランドット。
新中華の鉄人の店ですね。

from. かしわで | 2013/02/15 00:39 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1525
<< NEW | TOP | OLD>>