パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
いまコンビニのパンはどうなっておるのか?
セブンイレブンの金の食パンがたいへん注目を集めるさなか、私としてはNEWDAYSの地味ながんばりが気になっております。
NEWDAYSとはなにか、一応説明しておきますと、JRのエキナカにあるコンビニでございます。
PANESTシリーズはNEWDAYSのみならず、KIOSKでも売ってますので、なかなか遭遇率は高いです。

気になるというのは、たとえば映画「清洲会議」のコラボシリーズ。
「これがは『KIOSK会議』で出来た商品である」との惹句がついているのです。
「ます」ではなく「である」と。
あえての高飛車さがなんかもやもやさせるわけです。
そしてKIOSK会議なるものが開かれたと。
JRの偉い人が本社会議室に勢揃いした社運を決する会議なのか、あるいは係長以下、担当者数名による、地味なうちあわせをKIOSK会議と称しているのか。
いや、もっとも気になるのは、ここに三谷幸喜その人が参加したのかどうかでありましょう。
たしかに、清洲会議商品の一部には、さりげなく「三谷幸喜監修」が謳われているわけです。
つまりこれに関しては、三谷幸喜が自ら考案したと。

私がいちばん感心したのは「三谷幸喜監修 カレーパン会議」という、カレーフィリングにあらかじめ福神漬けがインしているという代物。
いい組み合わせではありませんか。
カレーというのは、とにかくむわーっと辛さなりコクなりがこれでもかと攻めてくる性質のものであります。
それを反対ベクトルのさわやかテイストによって緩和するというのが、福神漬けの唯一最大の役割なわけです。
それを最初から混ぜ込んできたと。

たしかに、います。
皿の端っこについた福神漬けを、ルーとごはんといっしょにぐわーと混ぜてから食べる人が。
私は別々に食べたい派であり、そうした眺めというのは、いささかトゥーマッチだなと。
福神漬けというものは自分が必要としたときに、スプーンのさきっちょでちょちょっと1、2かけらを小器用にすくって食べるもんだと思っておりました。
ではありますが、最初から混ぜ込んじゃうのもけっこう乙だとはじめて認識をした次第です。
これを、トーストに置き換えれば、最初っからバターなり、ジャムなりを全面的に塗り広げてから食べる派と、一口ごとにのっけて食べる派の論争ということになります。
もはやコンビニの話ではなくなってきましたが。

で、NEWDAYSについて気になっていることは、これだけではありません。
私はマニアックなもんで、袋パンの袋をひっくり返して裏まで見てしまいます。
あるものは第一パン、あるものは敷島パン、そしてあるものは神戸屋。
いわゆるPB(プライベートブランド)、パッケージこそ「PANEST」と冠しておりますが、製作は大手製パン会社の多国籍軍なのです。
この事実だけでもユニークなのですが、さらに興味深いことがあります。
「秋田ジャージー牛乳クリームパン」
これの裏をひっくり返すと、東北の雄「シライシパン」の名前が。
たしかに、バニラよりもミルク味のかったクリームは素朴で、みちのく感を感じさせます。
あるいは、どこの会社のどういうパンか失念したのですが、他にも東北のメーカーのパンがありました。
つまり、NEWDAYSでは、JR東日本管内至るところのパンメーカーとコラボをしているのです。
毎日がちょっとした「ご当地パンまつり」であり、マイナーメーカーの袋パンを発見するのが楽しみです。

と思えば、ローソンのがんばりも見逃してはなりません。
ちょっと前、クイニーアマンという(私的に)スマッシュヒットを飛ばしていたように、ごりごりの新製品路線というより、ちょっと王道、ゴージャス路線に、ローソンの妙があるわけです。
で、最近の注目商品は、なんといってもエッグベネディクトです。
エッグベネディクトって、ペニンシュラだとかリッツカールトンだとかそういう高級ホテルで優雅に食べるものだと思っておりましたが、コンビニで食べられる時代になりました。

エッグベネディクトといえば、サラベスですね。
その前には「世界一の朝食」が一世風靡しましたが、「世界一」とこられた日には、他の朝食はどうしたらいいのか、と他人ながら心配しておりましたところ、「朝食の女王」という称号があったもんだと、感心したことを覚えております。
私もミーハー精神を発揮し、新宿ルミネに駆けつけたわけですが、さすがにうまいものでした。
で、いまやあせつつある、記憶のイメージをひっぱりだしてみると、このローソンのエッグベネディクトは、少なくともビジュアルは再現性が高いのではないか。
低価格という制限の中で、それをやっただけでも、拍手ぱちぱちものだと私は思います。

それと、もうひとつ言っときたいのですが、最近、近所のスーパーでシベリアを見つけました。
前からあったかもしれないですが、急に目についたわけです。
もしやあの飛行機アニメ映画の影響で急遽投入されたのでしょうか。
すごいな、ヤマザキの時流に乗っかり具合は、と。
袋パンとしての完成度だってなかなかのもの。
シベリアの真ん中の黒っぽいところは、水ようかんです。
袋パンというのは、その性質上、ぱさつきがち。
水ようかんはそれをカバーするのにとても都合がいいわけです。
飛行機映画の時流関係なしで、なかなかいいもんだと、私は思いました。(池田浩明)

パンラボ


サッカロマイセスセレビシエ

まさこジャム

- comments(4) trackbacks(0)
Comment








こんにちは!詳しいご紹介と解説、ありがとうございました。
早速、キヨスクに走りました。
専門家の記事を楽しみにしております。

トラックバックの仕方が分からすコメントを残させていただきました。
from. りぼん | 2013/11/18 19:29 |
りぼん様

コメントありがとうございます。
コンビニの袋パンに関しては、特に取材せず、通りすがりの感想を述べております。
それでよければ、今後もウォッチを続けますので、ご覧になってください。
from. 池田浩明 | 2013/11/22 18:42 |
ご無沙汰しています
かいじゅうやの近くから会社が移転して品川いやいや大井町までやってきてしまいました
シベリア!
最後に久々に赤丸ベーカリーに行ったら
シベリアが復活していました
にやにやしながら思わず購入
買ってから、ああ!映画の影響??って思ったしだいです
コンビニやスーパーでも発見する頻度が増えましたね
from. ぱんこ | 2013/11/26 12:27 |
デイリーヤマザキで、予約注文して購入するゴールドソフトという箱入り食パンがあり。美味しい!

ゴールドソフトのレシピもネットにいっぱい載っていて楽しい。

パン屋さんのないところに引っ越しても、デイリーヤマザキがあれば安心。中でメロンパンとか焼いてる店舗もあるしね。

from. あーちゃん | 2013/11/27 09:07 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>