パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
丸山珈琲・西麻布店のプレオープンに突撃!
以前のパンラボの「パンとコーヒーのカップリング」の回で
お世話になった丸山珈琲が東京に2店舗目を出す。
さらにそこではパンも食べられる。

…というお話を聞いてから数ヶ月。

10年来の熱烈な丸山珈琲ファンのかしわでさんともども、
今か今かと首を長〜〜〜〜〜くしていた丸山珈琲の新店「西麻布店」が
12月21日、オープンしました。

今回はそのプレオープン日にお邪魔させて頂きました。
ヤッホ〜!

各国の大使館も多い西麻布3丁目、外苑西通り沿いの
ガラス張りのビルの1階。
なかなかにオシャレな外観です。


丸山健太郎さん率いる丸山珈琲。
日本にスペシャリティコーヒーを根付かせた、まさに草分け的存在。
世界中の産地、農園を巡り、直接買い付けを行っています。

通販でよく豆を買っていますが、実に多彩な豆を扱っていて
時期によって刻々とラインナップが変わります。
タイミングが良ければ、カップ・オブ・エクセレンスと呼ばれる
コーヒー豆の世界的なコンテストで入賞した豆も入手できます。


どど〜ん!と西麻布店でも世界中のスペシャリティコーヒーが壁一面に並んでます。
テンション上がるなぁ〜。
もちろん、購入も可能ですよ。


それぞれの豆には細かい説明があり、味や煎り具合はもちろん、
産地、農園、生産者まで分かるようになっています。

今月はこの豆、来月はあの豆…といった具合に、
ゆっくりと時間をかけて色々な豆を飲み比べていき、
自分の好みの煎り具合や産地を探すのは本当に面白いです。


店内はシックでかなりスペースに余裕がある贅沢な造り。
ゆっくりコーヒーを楽しむことができそう。


こちらは日本で導入しているのは2店舗しかない(西麻布店が2店舗目)…
というその名も「スチームパンク」。
驚くべきことに、Googleで検索してもほとんど引っかからない…という、
本当に最先端なマシンのようです。

メニューによると
「スチーム圧を利用したお湯の上下運動と
均一な蒸らしと撹拌によって抽出する新型マシン。
豊かな質感とフレーバーが特徴です」
とあります。

しかも操作は脇にあるiPad的なタッチパネルで行っていました。
なんかちょっとSFチックですげ〜!


そしてこれがスチームパンクで淹れて頂いたコーヒー。
豆は「2013ブラジル レイトハーベスト COE(カップ・オブ・エクセレンス)3位
ファゼンダ JR(中煎り)」。

飲み口にものすごく透明感があり、スーッと体に沁み込んで行くえも言われぬ感じ。
うまい!
家で丁寧に淹れても、絶対この飲み口にならないだろうなぁ…。


そして、かしわでさん曰く、「とんでもなく旨いカプチーノ」。
確かに、これは………絶妙の温度!
カプチーノの味を旨く文章で表現できなくて、
今、書きながらヤキモキしてますが、
「なんだこりゃ!? カプチーノってこんなに旨かったのか…!」というのが正直な感想でした。

それもそのはず。
だって日本チャンピオンになったバリスタ、鈴木樹さんも当日お店に
いらっしゃいました。
なんて贅沢な店なんだろう…。


そしてお待ちかね、コーヒーのおともとなるパンは、
麻布十番の「ポワンタージュ」のもの。

こちらは「リンゴのクイニーアマン」。
甘さは比較的控え目ですが、外側の砂糖が溶けた甘い部分と内側のリンゴ、
味と食感のコントラストが最高。
コーヒーに合うなぁ〜。


こちらはドイツの伝統的なデニッシュ「モーンプルンダー」。
ケシの実とクルミが入ってます。
アイシングとか、見るからにコーヒーに合いそう♡

中はしっとり、上の黒くなっている所は齧るとごくごく細かく口の中でクラッシュして
メチャウマです。
渾然一体となった甘みをコーヒーで洗い流す……まさに至福の一時。


そして、これが「ミルクフランス」。
予備知識なしに食べたんですけど、これは一口食べただけで、ありゃっ!?となる旨さ!
パン生地はかなり柔らかめです。
中の練乳は「一生舐めていたい系」。

ものすごく人気があって、ポワンタージュといえばミルクフランス!と
叫ぶ人も多い、売り切れもある大人気パンだとあとで知りました。
そりゃあ人気になるわな…旨いもの、このミルクフランス。

ミルクフランスはプレオープン時のみの予定だそうです。
これまた、コーヒーとの相性はバツグンでした。

丸山珈琲西麻布店では、他にも
「金属ドリップ(ゴールドフィルター)」で淹れたコーヒー
(何度も使える金属のフィルター、油分を通すのでプレスに近いが、
飲み口はすごくスッキリ)や、中国茶や日本茶など、様々なメニューがあります。

世界中の良質な豆とトップバリスタの確かな腕による極上のコーヒーとポワンタージュのパンが
楽しめる、なんとも贅沢な(贅沢ですけど、そんなに高くないんですよ、お値段)、
居心地の良いお店でした。
ああ、近所に出来ないかなぁ…。

【ナカムラ】

サッカロマイセスセレビシエ

パンラボ
まさこジャム

JUGEMテーマ:美味しいパン
ナカムラ comments(1) trackbacks(0)
Comment








丸山珈琲のカプチーノは、エスプレッソはもちろんベストショットでしょうけど、
ミルクの温度もベストショットなのではないか?
ミルクの甘味が引き立つ最高の温度(60℃くらいだったけかな?)
だから美味しいのではないかと勝手に思ってます。

スチームパンクはツイッターでも書きましたが、
近未来サイフォンって感じですね。

日頃、プレスで飲むことの多い自分には
なめらかにもほどがあるコーヒーに思えました。
ツルツルでした。
from. かしわで | 2013/12/24 20:37 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>