パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
パンラボ講座「おいしいパンってなんだろう。」

2月16日に行う、次回のパンラボ講座
4つのパンを食べ、「おいしいパンってなんだろう」ということをいっしょに考えます。

日々パンについて伝える仕事をする中で、いかにして味や香りを表現したらいいのか、考えています。
「パンラボ」をはじめた動機のひとつは、みんながパンのことを語り合うことができるようにするための、共通の言葉を作ることでした。
まだ道半ばではありますが、現時点でのパンを表現する言葉について、お話したいと思います。

まずは基本となるパンのテイスティング方法を順序立てて確認いたします。
そして、パンを見る方法、パンの香りを表す言葉、「アロマ」と「フレーバー」のちがい、中身と皮の問題について…。
フランス産小麦・国産小麦・北米産小麦のちがい、私がよく使う言葉「ミネラル感」や「穀物感」とはなにをさしているのかがわかるように、4つのパンを選び、授業を構成していきたいと思っております。

『パンラボ講座』の目標は、おいしいパンがなにかを押しつけることでは決してありません。
それはもちろん、人それぞれちがうものです。
自分にとっておいしいパンとはなにかを考え、それを人に伝え、話し合うためのフレーミングをみんなで共有したいと思っています。
ぜひ、あなたの「おいしい」を私に教えてください。(池田浩明)

パンラボ講座「パンを巡る冒険」
2月16日(日)14:00〜15:30
場所:池袋コミュニティ・カレッジ(西武百貨店内)
お知らせ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>