パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
「パンの漫画」イメージキャラ決定!
パンラボシリーズの最新刊
堀道広さんの「パンの漫画」に向けて、
シンボルとなる新キャラを堀さんと共に模索してきましたが、ついに完成致しました。

その名も「ドン・コロネオーネ」!


コロネを身にまといしダンディー。
堀さんが描いてくださったいろいろなキャラの中から選び抜かれた伊達男です。


背景に原色を敷くと、なにやらアンディ・ウォーホルっぽい雰囲気も漂います。

「パンの漫画」のカバーや発売イベントなどに使うイメージキャラとして考えていたんですが、
あまりにもカッコイイので……!!!


「パンの中の男」、「クロックムッシュ氏」に続く、
パンラボシリーズ第三のキーホルダー「ドン・コロネオーネ」のキーホルダーも
作っちゃいます!

今回のキーホルダーはせっかくなので、
「パンの漫画」と合わせてご予約頂けるようにしたいな〜と考えています。


さて、肝心の「パンの漫画」の中身ですが、現在絶賛制作中。


全部で100篇を超える堀さんのパンの漫画全てに、
池田さんがエッセイで即興セッションする…という、
実にパンラボ的なこころみ。


堀さん夫妻やパン好きの刑事、恋に悩む女の子、謎の将軍、
女子高生、謎のやくざなど、実に様々な登場人物がやりたい放題好き放題しているけれど、
全篇を通してパンが出てくる、
だいたいソフトでときどきハードなパンのような漫画たちが楽しめます。

パンラボブログにアップしている原稿を超える50篇以上を描き下ろし。
さらにスペシャルな中編読み切りも入ります。


じゃん!
これはいわゆる「束見本」という本の見本(中身は真っ白です)。
どんな判型でどんな紙でどんな厚みになるのか、
実際の仕上がりを把握するためのもの。
デザインするときに雰囲気を掴むという意味もあります。

以前もご紹介しましたが、ご覧のとおり縦に長い判型。
実はこれ、わざわざこの本のために考えられた極めて特殊な判型です。
縦はミシュランガイドよりも長い。
こんな判型の本、多分他にはほとんどないような…。
一体どんなデザイン、どんなカバーになるのか、もうドキドキです。

というわけで、パンラボシリーズ最新刊の「パンの漫画」は5月22日発売。

さらにこの本の発売日の翌日5月23日から3日間の予定で、
昨年「サッカロマイセスセレビシエ」発売時に行ったあのイベント
パンコレ」も開催しますよ〜!
パンの漫画やドン・コロネオーネキーホルダーの進捗状況とあわせて、
こちらも追ってご報告したいなと思います。

【ナカムラ】
JUGEMテーマ:美味しいパン



パンの漫画 comments(5) trackbacks(0)
Comment








コロネオーネ氏とパン漫画のセットはAmazonでも予約出来ますか⁉︎
from. Otama | 2014/03/23 18:07 |
Otamaさま、コメントありがとうございます。
「ドン・コロネオーネとパンの漫画のセット」は
うちの会社からの直販予約のシステムを準備しておりますので、
アマゾンさんでは本のみのご予約となる予定です。

4月上旬には体制が整いますので、予約の受付をはじめる時に
改めてブログやTwitterでお知らせさせて頂きます。
宜しくお願いします。
from. ナカムラ | 2014/03/28 15:06 |
こんにちは。買いそびれてしまった「パンの中の男」、「クロックムッシュ氏」のキーホルダーはまだどこかで買えたりしますか?
from. otsuka | 2014/04/02 10:14 |
売り切れていたクロックムッシュ氏キーホルダーの増産が完了したようです。
近々にキーホルダー担当のナカムラタクミが入手できるお店の最新情報をアップすると思われます。

パンの中の男はもうしばらくお待ちください。
from. かしわで | 2014/04/06 22:48 |
otsukaさま、コメントありがとうございます。
クロックムッシュ氏は現在、下記のブログに書いてある所で
お取り扱い頂いております(売り切れている所もあると思いますが…)。

http://panlabo.jugem.jp/?eid=1716

4月下旬からは代官山蔦屋書店さんでのパンフェアで、
5月23〜25日は池袋東急ハンズさんでパンコレを行いますので、
そちらでもお取り扱い頂く予定です。

パンの中の男は只今復刻版を生産中で、完成次第、
ご紹介させて頂きます。クロックムッシュ氏と同じ
お取り扱い店さんが有力かと思います。

宜しくお願いします。
from. ナカムラ | 2014/04/07 14:58 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1740
<< NEW | TOP | OLD>>