パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
まさこあんぱん@タイ

パンラボに携わっていながらも、あまりにもブログ記事を書かないので、

そろそろ忘れられているかもと思いつつ、

約半年ぶりにまさこぱん登場。。。ハハハ


今年の大雪だった冬もタイ/チェンマイに滞在。


帰って来ると「いなくてよかったよぉ」と家族にも友人にも言われた。

エアコンがない部屋では凍死しただろうって(苦笑)


今年の冬もチェンマイでまさこタイ料理とパンで過ごしていたが、

今年はいいことがあった。


まさこジャム」にも掲載したあんこで

パン屋さんにあんぱんを作ってもらった。まさこあんぱんだ!!

知人の奥さんの妹さんがパン屋さんをやっていて、知人家族と来店してパン談義。

あんぱん話になり、日本のあんこの作り方を伝えたのだが、

煮こぼすとか灰汁を取るとかタイ人にとっては未知の世界らしい。

そのパン屋さんのあんぱんは既製品のあんこを使っていて、あんこなんて作ったことがないそうだ。

それで一度私が作ったものを食べてみたい&それであんぱんを作ってみたい

という話になりあんこを炊いた。


これが出来上がったまさこあんぱん。




そして数日後まさこあんこで作ったあんぱんを食べさせてもらった。

既製品のあんこほど甘くないまさこあんこ。

この量だとちょっと物足りなさを感じる。


チェンマイに住む80代のおじいさんも食べてみて

「実に日本的なあんこだ」とよろこんでくれたが、

タイ人がコレを食べたら「ケチなパン屋さんだな」って思われると言ってた。

「砂糖をケチった」と思われるとのことだ。


タイの甘いものはクラっとするほど甘い。

菓子パンはパン生地もフィリングも甘い。

日本人のように繊細な素材の味を味わうってのはまだ先のことのようだ。

私はまさこあんこがこの1.5倍くらいの、あんこたっぷりあんぱんが好み。


その後あのあんこがどうなったのか、

タイのこのパン屋さんのあんぱんがどうなったのかは????

来年のタイに行ったときのお・た・の・し・み


◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎



『パンの漫画』予約ページ

サッカロマイセスセレビシエ』(東京の200軒を巡る冒険の単行本』
渡邉政子さん comments(1) trackbacks(0)
Comment








わぁ、まさこあんぱん!
た、食べてみたい…ぜひ何かのイベントのときにでも
販売してくださーい。

私も「すきあらば豆煮星人」なので、あんこをたくことはしますが
その先、あんぱんになったことは… 1度だけです(笑。
from. ナホ | 2014/05/03 16:42 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>