パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
パンコレ出品ファイル23 Zopf
5月23日(金)〜25日(日)まで、東急ハンズ池袋店で開催されるパンコレ(特設ホームページ→【スマホ版】【PC版】)。
朝10時からは全国のパンを販売します。

Zopf
ご存知、行列のできるパン屋がパンコレにやってきます!
すべてが伊原靖友店長による「The 俺の好きなパン」。
Zopfのパンを食べると、お口の中が伊原ワンマンショー。
わかりやすいコンセプトのパンを、高い技術と並外れたサービス精神と気遣いで実現する。
それが、みんなの大好きなZopfだと思います。

ヨーグルト・ライ
ライ麦パンはサワー種で作られるものです。
サワー=乳酸菌。
理論としては知っていても、サワーをヨーグルトで置き換えようという大胆な発想は、伊原さんならではです。
カスピ海ヨーグルトで作るので、酸味はまったくなく、ただすがすがしい甘さだけが広がります。
ライ麦パン嫌いのためのライ麦パン。
「顔の見えるパンコレ」にふさわしく、十勝アグリシステムのキタノカオリ使用です。

そしてなんと、「パンコレ・ロール」という名前のパンを作ってくれました。
ヨーグルト・ライの生地で、セミドライトマト、ツナ、チーズ、カシューナッツ、ブラックペッパーを巻き込んだ、ゲルマンな惣菜パン。
トマトとツナというまちがいのない組み合わせが食欲を誘いそうです。

それから、NYの某有名店に学んだ秘密の製法で作られる「グラハム・オレンジ・くるみのベーグル」。
十勝の農家・前田農産のきたほなみの自家製粉グラハムを使用した「顔の見えるパン」です。

昨年は伊原店長乱入というハプニングがありましたが、今年はどうなのでしょう?
お待ちしております!
パンコレ2014 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1788
<< NEW | TOP | OLD>>