パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
堀道広×池田浩明の即興漫画ライブ




6月7日土曜日、吉祥寺パルコブックセンターで行われた
「パンの漫画」発刊記念イベント、
その名も「即興漫画ライブ」。

説明しよう。
即興漫画ライブとは、
「誰かが出したお題に漫画家が、その場で、たった数分で、即興で、絵を描き場を湧かせる」
というなんとも無茶ぶりなライブである。

パンの漫画の発刊イベントでなんかネタがないものか…と堀さんと相談していたときに、

ナカムラ「漫画大喜利とかどうです?」
堀さん「けっこう得意です(キリッ)」

…と、めずらしく堀さんが(キリッ)としていたので、
ごく短い会話であらかた決まってしまったイベントです。


当日は池田さんのMCで会場の人からお題をつのりましたが、
実は打ち合わせ段階で、
「お客さんからネタが出てこない可能性があるから、ある程度ネタをストックして、
あらかじめ堀さんに考えておいてもらおう、スベったらやばいし…」
という準備という名の裏工作があったにも関わらず、
当日はお客さんからほぼ途切れることなくネタが飛んできて、
本当の本当に即興漫画ライブになってしまいました(汗)。

というわけで、以下、即興漫画ライブの模様を大公開。
この日堀さんが描いたイラストは全て会場のお客さんにプレゼントされました。

お題「中町が猫だった!?(中町はパンの漫画に出てくる刑事の若手の相棒)」

いきなりパンの漫画を読み込んで頂いた方からの、けっこうコアなお題でした。

お題「梅雨」

メロンパン的傘。

お題「矢追純一が好きそうなパン」

お客さんのお題がかなりアバンギャルド。
UFOバーガー。具が硬そうです。ガリガリしそうです。

お題「スケバン刑事の新キャラ クロワッサン・フランソワーズ」(池田さんのお題)

け、けっこう凶暴そう…。
ちなみにスケバン刑事クロワッサン・フランソワーズにやられたやつは、
パンのように折り畳まれて、クロワッサンにされちゃうそうです。怖っ!

お題「宮崎駿の次回作 堀道広ver.」

なぜか武士が主人公!? その名も「崖の上の長時間発酵バゲット」。
池田さんもツッコんでましたが、どっちかっていうと「武士の一分」、山田洋次っぽい。

お題「タモリがパン屋さんだったら」
相変わらず、お客さんのお題がなかなかにハイセンス!

ケンタッキーのカーネルサンダース的なタモリ。
なるほど、タモリが自分でやる…というより、もはやフランチャイズなんですね。

お題「となりに(今風なブーランジェリー)ができてしまった老パン屋」(池田さんのお題)

あらかじめ用意してあったネタだけに、これはトンチがきいてます。
お隣を孫の店にしちゃえば、師匠の店も旨かろう…とお客さんいっぱい来ますね。

お題「ふなっしーのお友達のキャラクター」
キタ、コレ。ふなっしーを見ないで描くというミッションをも堀さんに課す、手強いお題。

ふなっしーの目がやばいなっしー。
キチ・ジョージは堀さんが大好きなドイツ風のドーナツ「クラップフェン」がベースに
なっているキャラです。

お題「パンのベストイレブン」
今度は超大作になりそうなお題キタ…。ベストイレブンということは、11個描くのか!?

チャバタとリュスティックの描き分けがつかず…!
一番左下はなぜかパン粥です。
ワントップは堀さんの好物のタマゴサンドです。

お題「最強の敵」

池田さんがコーンパンが苦手…ということで、コーンパン的な強そうな奴。

お題「赤ちゃんとパンのキャラクター」
とっても可愛い赤ちゃんを連れて来て下さったお母さんからのお題。
ここは腕の見せ所っす。
ネコドッグ。
このイラストがよかったのか、会場の雰囲気にサービスしてくれたのか、
赤ちゃんがニッコリ笑いました。よかった〜〜!

お題「ワン・コロネオーネとニャン・コロネオーネとチュン・コロネオーネの戦闘シーン」
ひゃー、これはパンの漫画を読んでくださった非常にコアなファンからのお題です。

堀さんはこのお題に、三すくみで永遠に続く食物連鎖的な戦闘シーンを描きました。
ワン・コロネオーネを食べちゃう、チュン・コロネオーネには戦慄を禁じえません。

お題「パンの3ピースバンド」
みなさん、自分のお題のイラストを貰える…ということで、
後半はお題も欲張りになってきました(笑)。

力作です。ベンチタイムというのはパン生地を分割後に休ませる時間のこと。
この休憩時間をとると成形しやすくなるそうです。

お題「快適なパンの乗り物」

車やバスかと思いきや、人力車がきました。

というわけで一部はしょりましたが、
約1時間30分、会場のみなさん全員にイラストが行き渡るまで
描いて描いて描きまくった堀さん、お疲れ様でした。
あと堀さんが描いている間、ひとりで間を繋いだ池田さんもお疲れ様でした。

素敵な売場を作って下さっただけでなく、イベントに呼んで下さった
吉祥寺パルコブックセンターのみなさま、本当にありがとうございました
(まさかパンの漫画が週刊ランキングで1位をとるとは!)。

なによりも、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
みなさまの温かさとお題のセンス(本当に皆さん、お題がハイレベルでした!)に
救われたこともあり、即興漫画ライブはなんとか無事終わりました。

次なるパンの漫画発刊記念イベントは…新宿の紀伊國屋書店本店!

6月27日金曜日、19時より、
堀さんの仕事場のすぐ近くにある馴染みのパン屋さん
「ヨシダベーカリー」の吉田シェフと
立川にある「シンボパン」の神保シェフを
ゲストにお迎えしたイベントです。

これまた、即興漫画ライブ同様、パンラボらしい
スリリングな実験的トークイベントになりそうです。
どうぞ宜しくお願いします。

お申し込み方法は紀伊國屋書店の特設サイトをご覧下さい。


【ナカムラ】



JUGEMテーマ:美味しいパン
パンの漫画 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1805
<< NEW | TOP | OLD>>