パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
「とかち小麦ヌーヴォー解禁祭りin東京」イベント開催!
小麦畑の感動がそのまま届く。
「とかち小麦ヌーヴォー解禁祭りin東京」が、9月28日(日)に青山・国連大学前広場「ファーマーズマーケット」内で開かれる。

■イベント内容詳細
○ヌーヴォーパン解禁即売会 
次世代のトップブーランジェたちのヌーヴォーパンが全国より一堂に集まる夢のパン即売会。ブーランジェの個性と感性が新麦のポテンシャルを存分に引き出し表現します。旬な小麦の味と香りを唯一無二のヌーヴォーパンでお楽しみいただけます。 
1.即売会 第1部 10:00〜13:00(※都外のお店が中心となります。)
2.即売会 第2部 14:00〜17:00(※都内のお店が中心となります。)

参加店舗(敬称略:50音順)
・カタネベーカリー(東京)
・komorebi(東京)
・ブーランジェリーレカン(東京)
・365日(東京)
・シティベーカリー(大阪)
・セテュヌ・ボンニデー(神奈川)
・ダンディゾン(東京)
・Cicoute Bakery(東京)
・テーラ・テール(愛知)
・パーラー江古田(東京)
・パラオア(千葉)
・パンストック(福岡)
・パンデュース(大阪)
・ベッカライ ビオブロート(兵庫)
・ブルージャム(福岡)
・もあ 四季彩館(神奈川)
・ル ルソール(東京)
・ヨシダベーカリー(東京)
・nukumuku(東京)
※都合により販売が中止となる店舗がある場合がございます。予めご了承いただけますようお願い致します。


9月23日に解禁となる、とかち小麦ヌーヴォー。
全国200店舗に及ぶパン屋が参加。
今年の8月にとれたばかりの小麦を使って、思い思いのパンを作り、それぞれの店頭で販売する。
その中でも新進気鋭の若手パン職人が、国産小麦にふさわしい「日本のパン」を提案するイベントというのが「東京イベント」の位置づけである。

そもそも、とかち小麦ヌーヴォーとはなにか。
ボジョレヌーヴォーのように今年の小麦のでき具合をいち早く味わい、収穫のよろこびを分かち合う。
収穫された小麦がこんなに早くパンになることは従来なかった。
製粉された小麦粉は数週間〜数ヶ月に及ぶエイジング=熟成期間がおかれるからだ。
酵素活性を弱めパンを作りやすくすることが目的だが、一方で挽きたての風味は薄れていく。
小麦の香りをそのまま食卓に届けたい。
挽きたての小麦粉でパンを作るという困難な試みにあえて挑戦するのが、今回とかち小麦ヌーヴォーに参加するパン屋である。

国産小麦の時代がやってくる。
パンの原料となる小麦粉は、北米から輸入されたものが普通だった。
製粉会社の努力により、あらかじめ繊細にブレンドされ、パンが作りやすいよう調整がなされている。
それは銘柄や機能によって語られるばかりで、小麦の作り手や、それを生み出す自然に思いが及ぶことはあまりない。
奇妙なねじれだ。
海の向こうから小麦を取り寄せなくても、私たちのすぐそばで小麦は栽培されているのだから。
とかち小麦ヌーヴォー参加店の多くは、北海道に足を運び、十勝の広大な原野に広がる広大な小麦畑を自分の目で見た。
農家と会話をし、彼らの苦労と情熱に共感し、小麦のひと粒さえ無駄にせず、本来の香りを活かしきってパンを作りたいと願っている。

小麦はそれぞれの品種に特徴がある。
土地によっても、栽培方法によっても、風味やふくらみ方も変わる。
今年の小麦の個性をどのように表現するのか。
各シェフによる競い合いを目の当たりにできるのが、とかち小麦ヌーヴォー東京イベント最大の楽しみである。
パンラボblogでは、当日まで参加各店のプロフィールと最新情報を発信していく。

主催のアグリシステムは、北海道・十勝に本拠を置く製粉メーカー。
すべての小麦を契約栽培、農家から直接届けられた原料で小麦粉を作る。
ロッドことにぜんぶナンバリングされ、生産者名だけではなく、栽培方法(肥料や農薬を何回与えたか)まで記録される。
現在望まれる最高の安全・安心システムといえ、一部農家限定の小麦粉も販売している。
フィールドマンが各農家を巡り、高品質な環境保全型農業をともに作りあげていく取り組みを行う。
石臼をゆっくりまわす「石臼方式」、石臼挽きに近い状態に挽ける昔ながらの粉砕型製粉をヒントにした独自の「麦の風方式」による製粉を採用。
えぐみのある表面1層のみを削りとり、栄養価も風味も高いふすまの部分を残した全粒粉を提供することにこだわりを持つ。
それら先端的な取り組みが評価され、多くのパン職人から篤い信頼を得ている。

とかち小麦ヌーヴォー解禁祭りin東京
■日時 2014年9月28日(日)10時〜16時
■場所 青山ファーマーズマーケット http://farmersmarkets.jp/
      青山・国連大学前広場(港区神宮前5-53-70)

なお、12時半13時より(12時12時半開場)会場内でトークショーが行われる。


小麦でつながるトークショー
出演:杉窪章匡(365日オーナーシェフ)
   岩永歩(ル・シュクレクールオーナーシェフ)
   寺町智彦(小麦農家)
   伊藤英拓(アグリシステム専務)
   池田浩明(パンラボ主宰)
時間:9月28日13時〜14時(開場12時30分)
場所:とかち小麦ヌーヴォー解禁祭りin東京イベントステージ(青山・国連大学前広場内)
特典:365日、ル・シュクレクールの一般販売されないイベント用のパン、アグリシステムのヌーヴォー小麦ゆめきらり(500円相当)がおみやげにつきます。
定員:先着30名限定
チケット:1000円
販売方法:当日12時半より、会場内のレジで販売いたします。

全国各店舗で開かれるとかち小麦ヌーヴォーの情報はこちらへ

小麦ヌーヴォー comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1827
<< NEW | TOP | OLD>>