パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
すし屋の玉子サンド
IMG_2314.JPG

パンの雑誌の好評企画「美食倶楽部」にて、
平野紗季子さんを恐怖のどん底に陥れつつ、ロマンチックとも言わしめた
神山町のコーヒースタンド「キャメルバック・サンドウイッチ&エスプレッソ」の
新しいサンドウイッチ。


20150729_083045.jpg

すし屋の玉子サンド。

ムッシュ池田が、
「とにかくおいしい! あんな玉子焼きサンドを食べたことがない!」
と空想サンドウィッチリーの取材で滋賀県へ行く車中で語っていたのが、今から1か月くらい前。

ついに遭遇。


IMG_2313.JPG


カタネベーカリーのコッペパンに
厚みのある玉子焼き。
つなぐものはバターと和からし。

ドシンプル。

だけどドえらいおいしさ。


すし屋で玉子を頼んだら、シャリじゃなくって、パンに挟まれて出てきちゃったよ!
でも食べたら、その美味しさに圧倒されて、
「大将! 玉子もう一貫! 今度もパンで!」
って言いたくなるような、
そんな美味しさだった。

え?よくわからない? 
よくわからなくても、やり取りのシーンはわかっていただけるはず。

「梅さん! たまご! パンで挟んで!」
って、ヒロシが言っちゃうような…
おっと余計わからなくなっちゃったかな…
要するにただちにもう一つ食べたくなると言いたいわけです。



玉子は完全に火が通っているのに、中はしっとりしている(元すし職人のなせる業)。

カタネベーカリーのもっちりした飛び切り美味しいコッペパンを横にカットして、
ちょっとトーストして、
バターを塗って、和からしを塗って、
玉子を挟む。

お寿司を握るかのような肯定です。
シンプルに、だけどおいしさのインパクトと余韻を同時に残す。
ブリーチーズとりんごのサンドとは違う、別の凄みがある。




ブリーチーズとりんごのサンドの凄さについては、
絶賛発売中のパンの雑誌にて。


Amazon
蔦屋書店


(か)
- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1934
<< NEW | TOP | OLD>>