パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
新麦コレクション『収穫祭2015』
小麦農家×パン屋×製粉業者×消費者
みんなで作るパンイベント

新麦コレクション『収穫祭2015』

2015年10月5日(月)〜25日(日)
GARDEN HOUSE CRAFTS(ログロード代官山)など都内各所で

全国8つの産地の新麦パンとトークを楽しむ「新麦パーティ EATLIVE!」
全国の名店から寄せられた新麦パンが買える「新麦パーティ 販売会」
パンと料理とお酒のマリアージュを提案する「新麦ダイナー&トーク」
新麦のパン作りを気軽に体験する「新麦パン作り体験」
など、自然の恵みに感謝するイベントを続々展開! 
 

新麦コレクションは、10月5日(月)〜25日(日)の期間中、今年度産・挽きたての「新麦」を使ったパンのイベントを展開いたします。

新麦コレクションとは、とれたての新麦を使ったパンを食べていただき、パンが小麦という「自然の恵み」からできることを知っていただくプロジェクトです。

6月に九州からはじまる小麦の収穫。小麦前線は日本を縦断して北上し、7月下旬〜8月には北海道に到達。最速で製粉された日本中の新麦が10月はじめに出そろいます。小麦の一年という壮大なストーリーのフィナーレを飾る「収穫祭」(日本版「サンクスギヴィングデイ」)に日本を代表するパン職人が集結。日本中からやってきた新麦をパンにし、多くの方々に麦の持つテロワール(その土地の味)を楽しんでいただきます。

イベントの核となるのは、17日に行われる「新麦パーティ」。会場には全国からトップシェフたち、小麦生産者が来場。参加者のみなさんに小麦のメッセージを直接語りかけます。

参加ベーカリー(予定):
365日、カタネベーカリー、ブラフベーカリー、GARDEN HOUSE CRAFTS、パーラー江古田、ブーランジェリージャンゴ、ブーランジェリーレカン他、全国から20店舗以上

参加農家(予定):
前田茂雄(北海道・十勝)、廣瀬敬一郎(滋賀県)、東博己(熊本県)他


新麦コレクションとは
小麦生産者、製粉会社、流通業、パン屋、消費者が出会う場所。小麦というバトンを受け渡すチームとしてみんなが話し合い、もっとおいしいパン、よりよき未来について語り合います。小麦が畑から食卓に届くまでのストーリーを知り、互いの仕事を尊重して「おいしい」「ありがとう」という言葉を伝えるとき、日本の食はきっと変わるはずです。「EATLIVE!」「販売会」「ツアー」「講習会」などを通じて、出会いの場、メッセージが伝わる場を作りだしていきます。
ホームページ mugikore.net  

■ イベント全体概要
・総タイトル : 新麦コレクション「収穫祭2015」
・場所 :    GARDEN HOUSE CRAFTS(ログロード代官山)など都内各所
・日時 :    2015年10月5日(月)〜25日(日)
・主催 :新麦コレクション    

■ 新麦パーティ EATLIVE!
・場所 :    GARDEN HOUSE CRAFTS 屋上イベントスペース(ログロード代官山)
・日時 :    2015年10月17日(土) 第1回13:00〜15:00 第2回15:30〜17:30 第3回18:00〜20:00(完全入替制)
・チケット予約方法: 新麦コレクションHP、新麦コレクションFACEBOOKからネットで予約。9月21日〜27日までは会員先行予約期間です。割引価格で購入できます(一般発売は9月28日〜)。
・定員 :各回80名(計240名)    
・概要:九州から北海道まで、全国8つの地域から小麦生産者が来場。彼らとつながりを持つパン職人と二人一組となり、その小麦でパンを作る。小麦がどのように育ったか、小麦をどのように解釈し、パンを作ったのか。来場者は、生産者・パン職人が語るストーリーを聞きながらパンを食べる「EATLIVE!」(イートライブ)という新しい形式で送る。
・出演:【生産者】東博己(熊本)、廣瀬敬一郎(滋賀)、東博己(熊本)他
    【パン屋】365日、ブラフベーカリー、カタネベーカリー、パーラー江古田、ブーランジェリーレカン、麦ノ屋(鳥取)、パンデュース(大阪)他(すべて予定)
・詳細&予約 :本日から一般発売! 10月17日「新麦パーティ EATLIVE!」。365日、パンデュース、ブラフベーカリー、カタネベーカリー、パーラー江古田、ブーランジェリーレカン…全国から農家、有名パン職人が集結!新麦のパンとトークショー。
予約・決済ページ  

■ 新麦パーティ 【販売会】
・場所 :    GARDEN HOUSE CRAFTS 特設会場(ログロード代官山)
・日時 :    2015年10月17日(土)第1回10:30〜 第2回12:30〜 第3回14:30〜売切れ終了(各回ごとに出店者が異なります)
・概要:九州から北海道まで、麦にこだわりをもつパン屋さん約20軒が作ったパンを一般販売。東京初出店の知られざる名店も多数。
・販売方法 :予約なしでどなたでもお買い上げいただけます。
・出店者 : パンストック(福岡)、ブルージャム(福岡)、禅パン(広島)、シェ・ジョルジュ(広島)、テーラ・テール(愛知)、セテュヌ・ボンニデー(神奈川)、チクテベーカリー(東京)、GURUGURU BAKERY(東京)、パーネ・エ・オリオ(東京)、川越ベーカリー楽楽(埼玉)、カネルブレッド(栃木)(すべて予定。その他現在交渉中)
※出店者情報は分かり次第更新いたします。

■ 新麦ダイナー&トーク
・日時 :     10月10日(土) パーラー江古田
      10月11日(日) ブーランジェリージャンゴ(場所:ハロー・オールド・タイマー)
      10月11日(日) カタネベーカリー
      10月12日(祝) 365日×アルドアック×15℃(場所:アルドアック)
      10月16日(金) GARDEN HOUSE CRAFTS
      (日時場所未定) ブラフベーカリー
・予約方法: 各店店頭もしくはお店に電話で直接予約(会員先行予約は9月21日〜、一般は9月28日〜)。
・概要: パーラー江古田・原田浩次、カタネベーカリー・片根大輔、365日・杉窪章匡、ブラフベーカリー・栄徳剛、ブーランジェリージャンゴ・川本宗一郎、GARDEN HOUSE CRAFTS・村口絵里ら、日本を代表するベーカーが、各地の新麦を使ったパンと、それに合う料理・ドリンクを提案。料理人とのコラボレーションもある、一夜限りのスペシャルダイナー。各シェフとパンラボ池田浩明が、パンと料理の関係、小麦畑で見たもの、食の未来について語り合うトークも。
詳細:新麦コレクションFacebookイベントページ

■ オリジナル新麦パン限定発売
・場所 :    GARDEN HOUSE CRAFTS(ログロード代官山)
・日時 :    2015年10月5日(月)〜18日(日)
・概要: GARDEN HOUSE CRAFTSシェフ・村口絵里が新麦で作るパンを販売。この時期しか食べられない、小麦産地のテロワールが感じられるスペシャルなパン。

■ シンポジウム「小麦・未来・展望2015」
・場所 :    BSホール(高田馬場)
・日時 :    2015年10月18日(日)13:00〜
・出演 :安孫子俊之(江別製粉株式会社)、東博己(ろのわ)、廣瀬敬一郎(大地堂)、杉窪章匡(365日)、片根大輔(カタネベーカリー)、原田浩次(パーラー江古田)、池田浩明(パンラボ)
・概要: 全国から小麦生産者、パン屋、製粉会社、パン屋がパネラーとして登壇。安心・安全でおいしい小麦とは? テロワールを引き出す製粉方法とは? 小麦の個性をどのようにパンに活かすか? 地産地消にどのように取り組むか?などをテーマに語り合う。ノウハウを共有し、アイデアを出し合い、パンと小麦の未来を展望する。
・チケット予約方法: 新麦コレクションHP、新麦コレクションFACEBOOKからネットで予約
・詳細&予約 :http://mugi-1.peatix.com/

■ 新麦パン作り体験&新麦販売@青山パン祭り
・場所 :    青山パン祭り(国連大学前広場)
・日時 :    2015年10月24日(土)・25日(日)
       第1回10:00〜 第2回12:30〜 第3回15:00〜
・料金:2200円(会員・賛助会員) 2500円(一般)
・チケット販売方法: 9月21日より新麦コレクションHP、新麦コレクションFACEBOOKからネットで事前予約
・概要: ポリ袋に小麦粉などの材料を入れ、しゃかしゃかふるだけで、誰でも簡単にパンが作れる「ポリパン」で、新麦パン作りを体験できる。講師に梶晶子(happyDELI主宰)などを迎える他、滋賀県の小麦生産者・廣瀬敬一郎も来場し、小麦ができるまでについて語る。新麦を使った小麦粉(家庭向けサイズ)の販売も行う。
・詳細&予約 :近日中に公開

新麦コレクション

新麦コレクションFacebook
新麦コレクション comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1945
<< NEW | TOP | OLD>>