パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
春を待ちわびてパンとコーヒー カネルブレッド+カフェ・ファソン
新麦コレクションの冬企画として、
1月20日(水)〜25日(月)まで銀座三越7F 催物会場で、
小麦が主役のベーカリー&カフェをオープンいたします!
題して、「春を待ちわびて、パンとコーヒー。」

 
カネルブレッド。
みなさん、この店名をぜひ覚えてください。
弱冠28歳の平山翔さんがシェフを務めるパン屋。
素材を重視したパン作りを行う新世代が台頭してきたのです。

フォカッチャや食パンはもとより、メロンパンやあんばたまで。
彼の作るパンからは小麦の声が聞こえてきます。
小麦のフレーバーや食感を、副素材やフィリングと合わせつつ、こんなにうまく引き出すことができる新星が現れたことは事件ではないでしょうか。

今回、栃木県那須黒磯からカネルブレッドが特別に銀座三越に出張。
オーブンやミキサーを入れて、その場で焼きたてのパンを提供。
東京の人たちに、最良の状態でカネルのパンをお披露目いたします。

そして、最高のパートナーに参加いただけることになりました。
中目黒のカフェ・ファソン。
ZOPF、365日、トラスパレンテなど並みいる名店に愛され、豆を提供している自家焙煎の雄。
オーナーの岡内賢治さんもまた、テロワールを表現することにすばらしく長けた方です。
小麦のフレーバーを重視したパンに圧倒的相性を見せる「新麦ブレンド」を引っさげて、登場します。
その場で一杯一杯丁寧にお淹れする他、シングルオリジンの豆も販売。
パンとコーヒーの驚くべきマリアージュをぜひ体験してください。(これについては後日詳報)

この企画は、銀座三越7階 催物会場で行われる「GINZAでパンとコーヒー」展の目玉として行われます。
会場には他にもいろいろなパン屋が出展。
池田も基本的にずっと会場におります。
青山パン祭りチームのパンアイドル・入江葵さんもカネル大ファンとしてサポートしていただきます。
ぜひ遊びにきてください!(池田浩明)
- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/1994
<< NEW | TOP | OLD>>