パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
食パンをおいしくする『喫茶店』で使える魔法
「食パンをもっとおいしくする99の魔法」の編集作業も佳境に入っている。

そのせいか、最近はとにかく何を食べても食パンにのせたり、挟んだり、巻いたり、ぶっ込んだりしたくなる。

おっと、ぶっ込むは少々乱暴な書き方でございました。
突っ込…いや詰め込むかな。
詰め込んでみたくなってしょうがない。



たとえば、
DSC_0624~2.jpg


スパゲッティ・ミートソースとトースト。
純喫茶巡りの達人・難波里奈さんに強く薦められた東中野喫茶店・ルーブルの「ミートソース」。
純喫茶のスパゲッティとしては最高レベルの美味しさと聞いて、もちろん飛びついた。

ただ前述したように今は食パンの魔法に取り憑かれているので、トーストも同時に注文した。

にしてもミートソースが旨い!
コクがあるとは聞いていたけど、想像よりコクがあっておいしい。
お箸が進む的にフォークのグルグルが高速で進む。

イタリアンではなく日本の純喫茶で育まれたおいしさだ。
つまり、それは日本の食パンにも合う美味しさのはず。パンに合わせる定番はナポリタンだけど、ミートソースだって絶対に美味しいはずだ!

喫茶店の分厚いトースト(4枚切り)に切り込みを入れて、
そこにミートソースをぶっ込…いや詰め込んだ。


DSC_0626~2.jpg


厚い食パンは、切り込みを入れると簡単に即席サンドイッチ、即席ラン◯パックになる。
食パンの魔法「6」の応用だ。

トーストに付いてきたバターを薄く切って、パンの切り込みに入れて、そこにミートソースを投入。

うむ、思ったとおりの美味しさだ。バターがおいしさをいっそう引立てている気がするぞ。

純喫茶だからこそできる食パンの魔法だ。







食パンをもっとおいしくする99の魔法
2月19日発売






 
- comments(2) trackbacks(0)
Comment








ニッポンの美味しいパンの本買いました。近くの本屋さん、やっと入荷してくれて、買いましたよー。パンラボpresentsオトコのパン、男でなくても食べたくなりますよー。近くにあったら絶対食べ比べしたくなります。あー、食べたい
from. 丹 理佳子 | 2016/01/28 18:52 |
丹 理佳子様
Discover Japanお買い上げいただき、ありがとうございました。
胃の腑にぐっとくる惣菜パンはやっぱり魅力的ですよね〜!
from. 池田浩明 | 2016/01/29 11:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>