パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
波乱爆笑の池田浩明プロ

「誰だって波乱爆笑」でパンラボ池田浩明プロがスタジオに持ち込んだパンは3種類。

 

1 キャメルバックのすし屋の玉子サンド

2 グリオットのガラスのシナモンロール

3 SONKAの焼きそばフランス

 

池田プロのおいしそうな食べ方が伝染したのか、著名人の方々の食べた瞬間の顔芸が面白かった。

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、池田プロの存在をテレビで初めて知った方のために池田プロの著作物も紹介しておく。

 

 

パンラボ 

パン文界に衝撃を与えた

もはや伝説の一冊。パンラボ・池田浩明、最初のパンの本。

堀道広さんの描くパンに住む男はここで生まれた。

 

 

 

サッカロマイセスセレビシエ

名だたる名店から、地域密着店まで、東京近郊のパン屋を

巡りに巡った情熱的パン屋本。

 

 

パンの雑誌

「おいしいパンってなんだろう?」をテーマに

池田浩明が企画総指揮・80%執筆した雑誌という名のムック本。

全国国産小麦MAPはここで生まれた。

 

 

 

食パンをもっとおいしくする99の魔法

切り方や焼き方、塗り方やのせ方、ちょっとした工夫で

いつもの食パンがもっとおいしくなる。

そんなおいしい魔法をおいしそうな写真付きで99個集めた本

 

 

パンラボ&comics 漫画で巡るパンとテロワールな世界

その土地のパンをその土地に赴き、もしくはその土地に住む漫画家に

描いてもらった世界初のパンづくしの漫画。

池田浩明原作、堀道広画伯描き下ろしの

「さすらいのクロックムッシュ氏」を3本掲載。

京都で農家パン屋を目指す青年の話の前編・掲載。

 

 

 

 

最新刊

パンラボ&comics2 京都・国立・フランスの農家パン、漫画で紡ぐパンと作り手と小麦の世界

パンが繋ぐ新しい世界。ただ新しいだけじゃない世界。

池田浩明原作、堀道広画伯描き下ろしの

「さすらいのクロックムッシュ氏」を2本掲載。

京都で農家パンを目指す青年のフランス修行編は必読。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/2081
<< NEW | TOP | OLD>>