パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
農家パン屋ってなんだろう?

 

パンの漫画2発売記念特別トークショー

 

農家パン屋ってなんだろう?

 

9月2日(日)田原町のReadin' Writing'で行われました。

 

 

パンの漫画2で2回に渡り漫画化された、京丹後で農家パン屋・弥栄窯を営む

太田光軌さんを招いてのマボロシトークショー。

緊急イベントなのに会場はいっぱいで、大いに盛り上がりました。

 

 

 

 

左から 堀道広さん・池田浩明さん・太田光軌さん・粉花さん姉妹

 

漫画に登場する粉花さんも二人で参加していただけました。

 

 

 

太田青年をズームアップ!

 

 

この日のために太田くんが焼いてくれたパン

左から 農家のブリオッシュ カンパーニュ コンプレ・ビオ

 

農家のブリオッシュの解説

「僕たちにとっての農家パンの原点、フランス・ノルマンディ地方のオーガニックファーム"Chante la vie(シャント。ラ・ヴィ)。

その農場主・セルジュの、お爺ちゃんの代から大きな窯で焼かれている。

パリのそれとはすこし、いやだいぶ違っていた直焼きの無骨なブリオッシュ。ジャムを塗って嬉しい朝食に!」

 

卵を使わずにジャージー牛乳とバターなどを使って焼いているそうで、無骨だけど優しい味が後を引くおいしさだった。

実際、奥様曰く「出来立ては特においしくて、一人でまるごと1つ食べてしまいます」とか。

 

 

セルジュとブリオッシュといえば、太田青年がフランス語もままならないときにかり出された「りんご祭り」で作ったりんごのブリオッシュが思い出されます。

 

 

パンの漫画2より

 

 

 

移動式の窯をトラックで運び、その場でパンを焼く。

 

 

左がセルジュ 右が太田くん

 

 

りんご1個をブリオッシュで包み込んだパン。

その場で焼かられて、振る舞われるのだからおいしいに決まっている!

 

 

 

 

 

 

 

 

このような写真なども紹介しながら、フランスでの農家パンについて話してくれたのでした。

 

 

 

 

 

 

パンの漫画2さすらいのクロックムッシュ氏編

好評発売中です。

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/2148
<< NEW | TOP | OLD>>