パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
【新麦コレクション主催】一緒に、小麦の種をまこう【参加者募集!】

(写真はイメージです)

 

パンラボ・池田が理事長を務める「NPO法人新麦コレクション」主催、食と農の体験型プロジェクト!
人気ベーカリーシェフといっしょに小麦の種をまき、育て、製粉し、食べる!

 

「【種から種へ】第1回 一緒に、小麦の種をまこう」
《2018年10月21日(日)10:00〜15:00 恵泉女学園大学》

 

新しいプロジェクトの始動です!
みんなで種をまき、育て、製粉し、いっしょにパンを作るところまで行う体験・参加型イベント。
無農薬・無化学肥料で栽培。

収穫された小麦の一部をとっておき、翌年また種としてまき、自然の循環を実感します。
人気ベーカリーのシェフたちといっしょに農作業、昼食にはパンもご用意しております。


「【種から種へ】第1回 一緒に、小麦の種をまこう」のポイント!
1.  1年かけて小麦からパンがどんなふうにできあがるか体感!

パンはいつも食べているかど、その原料である小麦がどんなふうにできるかわかりませんよね?

いっしょに土に触れて、自然の中に身を置いて、食べ物ができる現場を体感しましょう!

 

2.「365日」杉窪章匡シェフや「カタネベーカリー」片根大輔シェフ参加! 昼食は両店のパン!
杉窪・片根の両人気シェフやパンラボ池田浩明も参加。

プロといっしょに小麦を育て、パンを作るというまたとない体験ができます。

昼食として「365日」「カタネベーカリー」の作ったパンもついています!

 

(小麦を栽培する畑)

3.東京とは思えない自然な風景!
恵泉女学園大学とNPO法人みどりのゆびが協働で管理している多摩丘陵の里山にある畑で行います。人工物などなにも見えない丘に囲まれた自然な場所。ここに小麦を植えることは、このうつくしい里山を保存することにも貢献します。

 

4.オーガニック界の第一人者が農業指導!
専門家の指導付きなので誰でも簡単に農業が楽しめます。
・澤登早苗先生
恵泉女学園大学大学院平和学研究所人間社会学部教授、教育農場長、農学博士
・ジョン・ムーアさん
Seeds of Life代表(元電通コピーライター、元パタゴニア日本支社代表)

 

●日時 10月21日(日)10時集合
●集合場所 恵泉女学園大学南野キャンパス河井道ラウンジ(東京都多摩市南野2−10—1)
*小雨決行、大雨順延。中止の場合は、朝、メールで通知
*順延の予備日時 10月27日(土)14時~16時
*電車利用の場合は、多摩センター駅より路線バス(所要時間約10分)をご利用いただく(日曜日のためスクールバスなし)。自動車の場合は駐車場は利用可。
詳細 http://www.keisen.ac.jp/about/campus/access/


●申し込み インターネットにて

https://tanekaratanehe1.peatix.com/
一般2700円(種持参の場合2500円) 会員2200円(種持参の場合2000円)

 

タイムスケジュール
9時30分 受付開始 
10時 畑へ移動 
10時10分 講義開始 澤登先⽣、ジョン・ムーアさん
10時30分 作業
11時30分 休憩(トイレ)
11時45分 作業
12時30分 お昼ご飯
終了15時(最長の場合。進行によって早く終わることもあり)

 

ぜひいっしょに小麦を育てましょう!

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/2173
<< NEW | TOP | OLD>>