パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
バインミー★サンドイッチ
3高田馬場にベトナムサンドイッチのパン屋さんが!!

バインミー☆サンドイッチHP http://banhmi3.exblog.jp/
(↑ブログで日替わりメニューの詳細や定休日が事前に把握できるので要チェック)


4ベトナムサンドのことをバインミーと言うらしい。
ベトナムはフランスの植民地だったこともあって、フランスパンに野菜や肉を挟むスタイル。
朝食や昼食として手軽に食べられるファーストフードなのですね。


1赤と白でデザインされた薄い紙に出来たてをさっと包んでくれた。
片方だけをキュキュッと軽く閉じて、ゴムで留める仕草が見ていて心地よく、
ベトナムへ行って屋台でテイクアウトしている気分。


2可愛いのでしばらくじーっと見る。


55種類ある中で、"海老とアボカド"のミニを選択。
レギュラーサイズは500円なのですが、ミニサイズ(レギュラーの2/3くらいの大きさ)だと300円。
他には
◎ベトナムハムとレバーペースト
◎鶏焼肉
◎豚焼肉
◎牛焼肉
があり、具の追加が可能。あとパクチーを抜ける。


6"海老とアボカド"は海老・アボカド・レタス・パクチー少々・人参と大根のなますが軽いマヨネーズ風味のソースで味付けされてフランスパンに挟まれていた。

フランスパンは歯切れの良い柔らかめ。
ベトナムのフランスパンは米粉を使用していることもあるらしいので、もしかするとそうなのかな。
あとバターの香り。塗ってあるのかも。

具は人参と大根のなますが印象的。
不思議と調和が取れていて、しかもたぶんかなりヘルシー。
パクチーは苦手なので抜きたかったのですが、たいした量ではないので手で取り除いた。

なんとなくサブウェイっぽい感じをイメージして行ったのですが、
サンドイッチといってもソースとパンの味でこんなに違うんだと思い知りました。


7事前に調べておいた日替わりスイーツ"もっちりチョコバナナケーキ"。
なんかこれがかなりオススメらしいのです、パンに詳しい人びとの間では。
(サンド以外にスイーツともっちりパンが日替わりで何種類もある)


8片面はチョコレートコーティングされてボリューミー。
あまり甘くないので、ミニサイズのサンドイッチを食べた後にデザートで軽く食べて丁度いい感じ。
確かにもっちり。しっとりもっちり。


そういえば昨年渋谷にできたNYセレクトショップ「オープニングセレモニー」の地下階に
ポットラックというカフェがあって、たしかそこもバインミーを売っていたと記憶します。
行こう行こうとまだ行けていない一軒。

バインミーの話題が続けて耳に入っただけで、ベトナムの風を感じるのは安易ですが
ヘルシー志向の女性には(しかもパンがおいしいとなれば!)本当に受けそうなサンドですね。

食後にぼーっとしていたら、
『ベトナムから遠く離れて(Loin du Vietnam)』という映画の題名を思い出しました。
どんな内容だったっけな。【D】
パン・トリップ comments(4) trackbacks(0)
Comment








このサンドイッチはとても興味あります。
西洋の食材以外のものとパンはどのようにマッチングするのか?
ちなみに『ベトナムから遠く離れて』はゴダール監督の作品で、
ベトナム戦争の撮影に行く経費がないので、
パリのスタジオで自分のカメラを映しつづけているだけ
という変な映画です。
from. ぷ | 2010/04/03 22:19 |
>ぷさん
ピクルス的なイメージでマッチしていました。
高田馬場駅からすぐの場所なのでぜひ行ってみて下さい。

面白そうな映画ですね。
真面目に観ていなかったので、観たいです。
from. 研究員 | 2010/04/04 13:50 |
初めまして。
検索で辿り着きました。
バインミー★サンドイッチの「米粉のパンが日替わりで何種類もある」とありますが、これは「もっちりパン」のことでしょうか?
以前お店の方に材料を尋ねた所、基本生地には「小麦粉、ブラウンシュガー、天然塩、アルカリイオン水」を使用しているとの事でしたので、特に米粉を使ってはいないようですよ。
米粉を使用すればもっちりするのでしょうけど、小麦粉使用であのもっちり感を出してるそうですので誤解があるといけませんのでコメントしました。
from. yuki | 2010/04/09 12:48 |
>yukiさん
ご指摘ありがとうございます。
勘違いしていたようなので、訂正させてもらいました。

小麦粉のみでと知り、食べるのが楽しみになってきました。
from. 研究員 | 2010/04/09 13:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>