パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
ヴィヴァン(武蔵浦和)
第20軒目


住宅街の中に突如あるベーグル屋。
小さな店の中に70種類ものベーグルが詰め込まれている。
フィリングはオーソドックスなものから、ここでしか食べられないちょっと変わったものまで。
これだけたくさんあるのだから、おやっと思うものがきっとあるはずだ。

姉妹で営む、天然酵母のパン教室からスタートした。
だから、パンはひと通り焼くことができる。
なのになぜベーグルなのか?

市川さんはいう。
「雑誌を見ていろんなパン屋さんにいってみたのですが、ベーグルだけは、自分たちの作ったのがいちばんおいしかった。
パン教室で即売会をやっても、やっぱりベーグルがいちばん評判よくて」

ホシノ丹沢酵母と国産小麦を使用している。
プレーンを食べたとき特にわかる、しょうゆの焦げたような香りや、噛み進んだあとの小麦の生(き)の味わいが豊かなのはそのせいだろうか。
「低温発酵でうまみを最大限に引き出しています」
生地につけられた甘さも、フィリングの甘さも最低限にとどめられ、生地のおいしさが十分味わえるバランスになっている。

ドライトマトとオリーブ(250円)。
ドライトマトとオリーブの組み合わせは、フランスパンでは定番といっていい組み合わせである。
それがベーグルになるとどうなのか。
オリーブの油が生地全体にしっとりとまわり、そのために味わいも強くなり、ベーグルの食感はよりやさしくなっている。
そのために、フランスパンのような味わいであって、より目が詰まり、よりなめらかで、よりむっちりとした、なにかすばらしいものになっている。

塩餡お豆ちゃん(250円)。
塩豆大福のベーグルバージョンというべきか。
生地に練り込まれたよもぎの風味にエッジがあり、鮮烈。
こしあんは甘さが上品。
ただ、豆の周囲のみ塩気によって味わいがじわじわとしていて、またよもぎと響き合う部分もあって、ひとつのあんこが一様にならず、複雑さに彩られている。

ピーナッツ ノア ミルク(250円)。
ピーナッツクリームとホワイトチョコレートはこんなに不思議な合い方をするものなのだ。
キャラメルのようなねっちり感。
ピーナッツと思えば、ホワイトチョコ。
ホワイトチョコと思えば、ピーナッツ。
似てるけど、似ていない。
混ざりきるかと思えば、混ざりきらない。
的の絞りきれない味わいが、噛むたびにミックスされ、さらなる複雑と幻惑を呼ぶ。
実は両者をくるみの存在が微妙に取り持ってもいるし、全粒粉のコクとも好相性である。(「ぷ」こと池田浩明)

JR埼京線武蔵浦和駅
048-839-4311
7:00〜18:00(売切れ次第閉店)
日祝休

#020


にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう
(応援ありがとうございます)


JUGEMテーマ:美味しいパン
 
200(JR埼京線) comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/742
<< NEW | TOP | OLD>>