パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
シナモンロール探訪5
エクセルシオールカフェのシナロン

食べたいと思うと見かけない。
それほど食べたいと思っていない時にかぎって見かける。
シナモンロールは自分のなかでだいたいそういうことになっている。
この日もやはり後者だったが、
シナモンロールにしてはやや清純そうな、しかし強かさも垣間見える姿に心が揺れ
つい手にとってしまった。

シナロンはシナモンロールの略称と思いきやそんなこともなさそうで
曇りガラスのような透けすぎない包装と相まって
出し惜しみしつつ可愛いぶっている。
イイネ。


隠されているほど興奮するし脱がせたくなる。
とはいえ、脱がせないままのプレイもたまらない。

包装を破ると乳白色のものがたっぷりと上部を覆っていた。
ほう、DEAN&DELUCAのシナモンロール並にたっぷりとした放出ではないか。
透明シートが被せられたままの状態をひとしきり鑑賞することが
シナロンを楽しむ第一段階である。

「キミにたっぷりと放出された乳白色のものは
生クリーム的なものか? それともアイシング的なものか? 」 という破廉恥な問いに
シナロンは無言を貫くだろうから、
今日はここまでにしておいてやるよと若干白けたような調子で透明シートを取って
さっさと食べてしまおう。

小ぶりで、かつ全体に水分が行き渡っているような生地は好ましく、
乳白色のものが食べ終えても口内を執拗に甘く気怠くさせた。




にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう
(かわいいやつめ)
パンラボ comments(2) trackbacks(0)
Comment








今回は、かしわでさんが書いたの!?
と思うくらい

せくしーな探訪記ですね。


どきどきして読みました。

きゃっ!
from. ヒランヤ | 2011/08/21 21:41 |
>ヒランヤさん

せくしーと思うヒランヤさんが
多分とてもせくしーなんだと思います。
シナロンは小ぶりなくせに結構カロリー高いみたいですが、
おやつには最適でしたよ。
from. 研究員D | 2011/08/22 15:09 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://panlabo.jugem.jp/trackback/983
<< NEW | TOP | OLD>>