パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
シナモンパンを追う。
 



小滝橋にある食パンCAFEについに立ち寄った。

ついに!(写真はコイデェーのを拝借。シシシ…)

馬場から早稲田通りを15分ほど早めに歩くと、そこに食パンCafeなる活かしたキャフェがあることは
コイデェーの日記で読んで知っていた。

実際、店の前を何度も何度も通りすぎていたので、いつかは自分も、そう思っていたけど、
自分の生活帯とCafeの生活帯がどうも合わず、
今日(先週土曜日)まで縁がなかった。



ボイーーーーン!

食そと


シナモン食パン。


食パンとフォカッチャ食パンとシナモン食パンの3種類があって、
迷わずシナモン食パンを購乳。ボイーン。

写真撮影失敗! ふた山の食パンを買ったのでそれを伝えたかったのに肝心のふた山感が伝わらない! だから字でボインボイン!



しょくなか


シナモンの香りとシナモンの舌触りとシナモンの湿りがいい塩梅にバランスされていて、
食べていて後をひく。

香る部分があれば、ザラっと味わえる部分があって、それを追うように食べるんだけど、
ときどきシナモンの湿り気が凝縮された部分にあたって、それがヤバイ。

もちろん湿った部分を追いかけて、追いかけて、
気がつけばふた山消失。ボインボイン。

追わせるなぁ〜。追わせるパンぜよ。


シナモン系は無条件に「あたためたい」自分だけど、
店員いわく「焼いても焼かなくてもおいしいです。焼く場合は焦げないように注意してくだされ。ちなみにあたくしは常温派どすえ」などというものだから、

じゃあってんで、半分常温で、半分あたためようと決意し、
自転車に乗りながらパク! パク! と追いかけていたら、
お察しのとおり、自転車を降りるときにはぜ〜んぶ消失。ボイ〜〜〜ン。



さすがにふた山食べるとお腹いっぱい。

写真は、こんなこともあろうかと2本買っておいた、もう一本で。


土曜日に編集部に行っても誰もいないと思いきや、
喫煙室に5Fの食いしん坊と3Fの食いしん坊がいたから、

「シナモン食パン食べるぅ〜?」つって、
「ちょっと追わせちゃうよぉ〜」なんつって、
おすそ分け。
好評でございました。


高田馬場駅から競歩で15分くらい。
サイトはただいま工事中のようです。



そういえば二日前にコイデェーがシナモンロールについてアップしてたけど、
ぜんぶ偶然どすえ。



写真は久しぶりにスーパーでジャケ買いしてしまった牛乳パン・コーヒー(フジパン)。

こーぱけ


こちらは乳が3山。

こーそと


中に牛乳コーヒークリームがサンドされている。

味はライオネス・コーヒー・キャンディー!(みたいな味)(ちょっと苦味とちょっと酸味のある、だけど甘い味)

こーなか


ライオネス・コーヒー・キャンディーは坊ちゃん、お嬢ちゃんには伝わりにくいかもしれないけど、
コーヒーキャンディーの老舗、王様で、昔はしょっちゅうCMが流れてたんだよね。






かしわで
パン・トリップ comments(3) trackbacks(0)
Comment








さすが本家。

ボインボインにむしゃぶりつくかしわで氏が
目に浮かぶせくしーなラボですね。

シナモン好きなワタシですが、
フォカッチャ食パンにも
激しく反応してしまうのでした。
from. ヒランヤ | 2011/08/22 21:57 |
パンラボ愛読者です。
調子に乗って2回目のコメントさせていただきます。

シナモンが大大好きなので、シナモンパンの存在を知れて嬉しいです。
私も一気にふた山いってしまいそうです。

>ときどきシナモンの湿り気が凝縮された部分にあたって〜

ごっくん!
小滝橋という場所も初めて知りましたが、買いに走りたいです!!
from. すぎはら | 2011/08/23 09:13 |
かしわで

調子に乗る。おおいに結構でしょう。
すぎはらさん、
前のめってくだされ。

小滝橋とは早稲田通りと小滝橋通りを結ぶ道路的には有名な交差点。
(小滝橋通りとは新宿西口から出てる通り)

懐に余裕があるなら、新宿西口からヘイ、タクスィーして、
「小滝橋まで」で1000円くらいか?

まぁ馬場から競歩で15分だから、それが一番だとは思いますが。


ヒランヤよ、本家とか言わないように。
本家はこのサイトではどう転んでもコイデェーよ。へへ。
あたくしはいつだって、非でございます。非社台系でございます。
ニギは永遠にニギです。


フォカッチャ食パンは中に葉っぱのようなものが入っていて(ローズマリー? オリーブ?)、
それはそれでおいしそうでございました。


from. かしわで | 2011/08/23 21:49 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>