パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
パングランプリ審査会に潜入
 
どーん!!



パングランプリの審査会に行ってきた!!

池田さん「パングランプリってのあるんだけど、取材させてもらえるみたいだよ」
D「パングランプリ…!?」
池「わたくしは事情によりどうしても行けませんので、行ってくるといいよ」
D「ぴょーん!!」

渡邉政子さんも審査員をつとめているので、渡邉さんの姿を見つけて安堵しつつも、
どのようなものか理解しきれていないまま会場へIN。


そこに広がる審査会然とした光景!!

なんと、あの日本全国ご当地パン祭りの東京代表を決める審査会なのだった!!

昨年、日本最速レポートとか言って当日の様子を日記でUPしまくった日本全国ご当地パン祭りが
今年もあるってことDESUNE!!


その名も
『全日本パンフェスティバル
〜第2回日本全国ご当地パン祭り〜』


でた! フェス! 今どきの人達は何かにつけすぐフェスフェス言いやがるぜ! (ブツブツ)
なんて思ってたら昨年と比べてもフェス度がアップしていた。
◎第2回日本全国ご当地パン祭り
→日本全国のご当地パンが食べられる/買える!
◎親子パン作り教室(200組)
→昨年は100組だったので、倍の人数!
◎シェフ実演コーナー
→ツオップの伊原シェフ、VIRONの牛尾シェフによる実演販売!
◎元祖パンコーナー
→アンパン、ジャムパン、カレーパンなどの元祖のパン屋さんが集合する!
◎2011パングランプリ東京
→今回潜入した審査会の結果発表がある!

 

その前段階でこのような審査会があったなんて、ご当地パンになるのも大変なんだナー(棒読み)。

写真は審査員席の様子。
6名の審査員それぞれの席にセットされていたナイフを見て、さすがだなと思った。



2011パングランプリ東京は
「デニッシュ部門」「メロンパン部門」「東京ご当地パン部門」が設定されていて
それぞれの部門ごとにひとつずつ審査がある。

審査員の皆さんは全てのパンをじっくり食べながら粛々と審査を進めていて、
見入ってしまった。






会場には関係者が数十名集まっていて、実に新鮮な雰囲気。

9/23(金)の様子は昨年にひきつづき実況レポートしていくので
当日来られない方も、どうか晴天を願いつつ、楽しみにしていてくださいネ。【D】


第1回日本全国ご当地パン祭り日本最速レポート1
第1回日本全国ご当地パン祭りレポート2
第1回日本全国ご当地パン祭りレポート3
第1回日本全国ご当地パン祭りレポート4



にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう
(雨ふったほうがフェス感あるけどね)

パンラボ comments(2) trackbacks(1)
Comment








わあ、今年も行こうっと!!
from. あーちゃん | 2011/09/08 22:02 |
>あーちゃんさん
ぜひ晴れてほしいですネ!!
会場でお会いしたりするかもしれませんね(゜∨゜)えへえへ
from. 研究員D | 2011/09/09 19:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/09/08 07:29 |
<< NEW | TOP | OLD>>