パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
【告知】職人インタビュー 平山翔(SHŌPAIN ARTISAN BAKEHOUSE)ONLINE開催!

職人インタビューとは:

ひとりのパン職人に焦点を当て深堀りする。

生い立ち、パン職人を志したきっかけ、経歴、思い出のパン、衝撃を受けたパン、パンの開発秘話、お店のこと、生産者への思い、現在地、未来像まですべてを語ってもらう。

 

パンラボblogで一番人気を誇った「職人インタビュー」。

レジェンドが多数登場し、パン職人としての生き様に焦点を当てるロングインタビューが、インターネットを使った双方向のライブ中継「パンラボonline」で5年ぶりに復活します。

パン職人の素顔が見られる、自分で質問できる、ノーカット、距離も関係なし!

パンラボ池田浩明が、注目のパン職人に、根掘り葉掘り聞きまくります!

 

第1回は、SHŌPAIN ARTISAN BAKEHOUSEの平山翔シェフ。

パンシーンに地殻変動を起こしている「国産小麦の世代」の先頭ランナー。

西海岸や日本の最先端の技術をキャッチアップしつつ、過去にとらわれないしなやかな発想で「やさしいパン」を作りだす人。

那須に軸足を置いて、地元の食材を使用。

東京中心から地方へとパンシーンがシフトしつつある現在のトレンドを象徴する存在でもあります。

 

日時

6/28(日)18:00〜19:30

 

使用媒体

ZOOM

チケット購入者にURL・IDとパスワードを送付

(はじめての方でも簡単なアプリです)

 

料金

1000円(+税)

 

チケット発売

PEATIX

https://shohirayama.peatix.com/

- comments(0) -
『こんなときだから、パンの話をしよう。』オンラインサロン緊急開催

新型コロナウイルスで被害に遭われたすべての方に、お見舞い申し上げます。

 

パン屋に行けないいま、ぼくも巣篭もりしてパンを食べています。

毎日もりもり食べています。

家に閉じこもってパンを食べるのもいいもんだなあと思う一方、なんだかむずむずしてきました。

外出もしない、イベントもしない、人にも会わない。

そんな毎日がつづくと、「みんなといっしょにパンを食べたい!」「パンの話をしたい!」という気持ちがぐんぐんふくらんできす…。

 

外には出られないけど、いまはネットがある!

同じ気持ちの方、オンラインでいっしょにパンを食べませんか?

ぼくもパンの話をします。

あなたの話も聞かせてください。

(聞くだけがいい人は、フォームのいちばん下「伝達事項」欄にその旨ご記入ください。)

 

ZOOMを使ったオンラインでのトークイベントです(パソコン、スマホ、タブレットで簡単に参加できます)。

時間になったら、みんな思い思いのパンをもって、パソコンやスマホの前に集合してください。

近所で買ったパン、通販で買ったパン、自分で作ったパン、コンビニパン、冷凍庫の奥から発掘されたパン、なんでもOKです。

カメラを通じてあなたのパンを見せてください。

よかったら、そのパンについて話をしてください。

 

パンラボONLINE『こんなときだから、パンの話をしよう。』

 

日時 5月17日(日)13:00-14:00(開場12:30)

参加費 無料(特別料金)

出演 池田浩明 / pansuki harapeko cyclist SHO

最大定員 40名

お申し込み

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d008f9be664485

(募集は終了しました)

 

pansuki harapeko cyclist SHO

パンを食べる会などを主宰。異常に人なつっこく友達を作るのが大好きという、池田と真反対のキャラでパン界隈をさわがせるニュースター。

Instagram https://www.instagram.com/pansukiharapekocyclist/

 

*当日開始時間までに、ZOOMのダウンロードなどの準備、操作可能かどうかのご確認を済ましていただくと、スムーズに参加できます。

*ZOOMは「壁紙」機能で部屋を映らなくすることもできます。

*はじめてでZOOMの操作に自信のない方は、12:30に会議室にお入りください。
設定のお手伝いをさせていただきます。
13:00のトーク開始以降は操作についての質問にお答えできないことがあります。

 

ご質問

ikedahiloaki(@)yahoo.co.jp

(カッコは外してください)

 

よろしくお願いいたします。

- comments(0) -
パンの研究所「パンラボ」 第9回「あんぱん」

コロナウイルスの影響を考慮し、一旦中止とさせていただきます。

お申し込みいただいた方には、たいへん申し訳ありません。

実施時期が決まりましたら、また発表いたします。

ご理解をよろしくお願いいたします。

 

所長は池田、研究員はみなさん。
パンを味わう研究所。

写真は第8回カレーパン


シリーズ最終回!
テーマは「あんぱん」。
よりすぐりのあんぱん8種類をテイスティング。
おいしい、だけでなく、「日本人とパン」について考察します。
 
2020年3月19日木曜日
昼の部14時〜16時(受付15分前より)  
夜の部18時30分〜20時30分(受付15分前より)

 
募集定員 昼の部・夜の部 各20名
研究費 1講座10,000円(税込) 試食パン8種をお持ち帰りいただけます。
 
※費用に含まれるもの
パン/テイスティング資料/1ドリンク
場所・折形デザイン研究所 港区南青山4-17-1(表参道駅・外苑前駅 徒歩8分)
  
受講された方には「パンラボ研究員認定証」(シリアルナンバー入り)を発行します。
お申し込みは以下のリンクよりお願い致します。
 
パンラボ 3月19日昼の部 9回目「あんぱん」
https://business.form-mailer.jp/fms/ac6b526e114528 
 
パンラボ 3月19日夜の部 9回目「あんぱん」
https://business.form-mailer.jp/fms/92454deb114529 
 
先着順にて受付させていただきます。
※募集人数に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
※参加費は当日お持ちいただきます様にお願い申し上げます。
 

・パンの研究所「パンラボ」とは?
見る、触れる、切る、嗅ぐ、噛む、味わう、飲み込む、そして消化する。
五感と脳を総動員してパンを味わう新しい体験。
参加者は、「パンラボ見習い研究員」となり、毎回テーマに沿った8種の名作パンを味わい、テイスティングの方法をともに学びます。作り手の思い、歴史、意味論、コネタ、食べ方まで。最終的には、パンをこれから食べていくための「座標軸」をみなさんの頭の中に持っていただけるようにしたいと思います。
 
・テイスティングとは
「外観・内観」「質感」「アロマ」「食感(噛みごたえ・舌触り)」「口溶け」「フレーバー」「喉越し」からなる鑑賞のフレームに沿って、パンを味わい、表現する方法。今回みたいに、複数のパンを同時に味わう「比較テイスティング」の場合、それぞれの記憶が鮮明なため、個性がすごくわかりやすいです。
見習い研究員のみなさまのご意見も参考にしながら、パンのテイスティングについて一冊の本にまとめたいと思っています。まさにみんなで共同研究する「ラボ」です。

- comments(1) -
パンの研究所「パンラボ」 第8回「カレーパン」

(前回「クロワッサン」より)

 

所長は池田、研究員はみなさん。

パンを味わう研究所。
8回目にしてはじめて、「惣菜パン」に踏み込みます!
 

2月の研究テーマ「カレーパン」

炭水化物、旨味、油。
無敵のトリプルフォーメーションが生み出す圧倒的快楽に身をまかせつつも、テイスティング理性を働かせてみよう。
スパイスの覚醒効果の助けも受け、カレーパンの新たな目覚めを得るだろう。
 
2020年2月13日木曜日
昼の部14時〜16時(受付15分前より)  
夜の部18時30分〜20時30分(受付15分前より)
 
募集定員 昼の部・夜の部 各20名
研究費 1講座10,000円(税込) 試食パン8種をお持ち帰りいただけます。
 
※費用に含まれるもの
パン/テイスティング資料/1ドリンク
場所・折形デザイン研究所 港区南青山4-17-1(表参道駅・外苑前駅 徒歩8分)
 
2月13日 カレーパン
3月19日 あんぱん *日程が変更になりました。ご了承ください。

 

受講された方には「パンラボ研究員認定証」(シリアルナンバー入り)を発行します。
お申し込みは以下のリンクよりお願い致します。
  
パンラボ 2月13日昼の部 8回目「カレーパン」
https://business.form-mailer.jp/fms/b4fab3ed114527 
 
パンラボ 2月13日夜の部 8回目「カレーパン」
https://business.form-mailer.jp/fms/76fa2e35114526 
 
パンラボ 3月19日昼の部 9回目「あんぱん」
https://business.form-mailer.jp/fms/ac6b526e114528 
 
パンラボ 3月19日夜の部 9回目「あんぱん」
https://business.form-mailer.jp/fms/92454deb114529 
 
先着順にて受付させていただきます。
※募集人数に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
※参加費は当日お持ちいただきます様にお願い申し上げます。
 
・パンの研究所「パンラボ」とは?
見る、触れる、切る、嗅ぐ、噛む、味わう、飲み込む、そして消化する。
五感と脳を総動員してパンを味わう新しい体験。
参加者は、「パンラボ見習い研究員」となり、毎回テーマに沿った8種の名作パンを味わい、テイスティングの方法をともに学びます。作り手の思い、歴史、意味論、コネタ、食べ方まで。最終的には、パンをこれから食べていくための「座標軸」をみなさんの頭の中に持っていただけるようにしたいと思います。
 
・テイスティングとは
「外観・内観」「質感」「アロマ」「食感(噛みごたえ・舌触り)」「口溶け」「フレーバー」「喉越し」からなる鑑賞のフレームに沿って、パンを味わい、表現する方法。今回みたいに、複数のパンを同時に味わう「比較テイスティング」の場合、それぞれの記憶が鮮明なため、個性がすごくわかりやすいです。
見習い研究員のみなさまのご意見も参考にしながら、パンのテイスティングについて一冊の本にまとめたいと思っています。まさにみんなで共同研究する「ラボ」です。

- comments(0) -
パンの研究所「パンラボ」 第6回「クロワッサン」

 

所長は池田、研究員はみなさん。
今年で「基礎編」を終了、1月から新たに「応用編」開始。
3回シリーズで「クロワッサン」「カレーパン」「あんぱん」をとりあげます。

 

クロワッサンの層は百層以上。
薄い薄い膜が何枚も重なり合っている様を、考えただけで途方もない気持ちになります。
私たちはそんな超絶技巧の産物を特に考えもせず、むしゃむしゃ食べてしまう。
だが、このパンラボという研究の場では、あたかも一枚一枚皮を剥いていくように綿密に食べます。
新たなクロワッサン体験にきっと出会えるでしょう。

 

1月の研究テーマ「クロワッサン」

※月ごとにパンのテーマは変わります。

 

2020年1月9日木曜日

昼の部14時〜16時(受付15分前より)  

夜の部18時30分〜20時30分(受付15分前より)

 

募集定員 昼の部・夜の部 各20名
研究費 1講座10,000円(税込) 試食パン8種をお持ち帰りいただけます。

 

1月ー3月の3回連続お申し込みの方は10%割引

9,000円 ×3回 =27,000円でお申し込み頂けます。
(お手数ですが、下記のリンクから3回分それぞれお申し込みください)

 

※費用に含まれるもの
パン/テイスティング資料/1ドリンク
場所・折形デザイン研究所 港区南青山4-17-1(表参道駅・外苑前駅 徒歩8分)

 

1月9日 クロワッサン
2月13日 カレーパン
3月12日 あんぱん


受講された方には「パンラボ研究員認定証」(シリアルナンバー入り)を発行します。
お申し込みは以下のリンクよりお願い致します。

 

パンラボ 1月9日昼の部 7回目「クロワッサン」
https://business.form-mailer.jp/fms/3b563087114479 

 

パンラボ 1月9日夜の部 7回目「クロワッサン」
https://business.form-mailer.jp/fms/f0d182ed114480 

 

パンラボ 2月13日昼の部 8回目「カレーパン」

https://business.form-mailer.jp/fms/b4fab3ed114527 

 

パンラボ 2月13日夜の部 8回目「カレーパン」
https://business.form-mailer.jp/fms/76fa2e35114526 

 

パンラボ 3月12日昼の部 9回目「あんぱん」
https://business.form-mailer.jp/fms/ac6b526e114528 

 

パンラボ 3月12日夜の部 9回目「あんぱん」
https://business.form-mailer.jp/fms/92454deb114529 

 

先着順にて受付させていただきます。

※募集人数に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
※参加費は当日お持ちいただきます様にお願い申し上げます。

 

・パンの研究所「パンラボ」とは?
見る、触れる、切る、嗅ぐ、噛む、味わう、飲み込む、そして消化する。
五感と脳を総動員してパンを味わう新しい体験。
参加者は、「パンラボ見習い研究員」となり、毎回テーマに沿った8種の名作パンを味わい、テイスティングの方法をともに学びます。作り手の思い、歴史、意味論、コネタ、食べ方まで。最終的には、パンをこれから食べていくための「座標軸」をみなさんの頭の中に持っていただけるようにしたいと思います。

 

・テイスティングとは
「外観・内観」「質感」「アロマ」「食感(噛みごたえ・舌触り)」「口溶け」「フレーバー」「喉越し」からなる鑑賞のフレームに沿って、パンを味わい、表現する方法。今回みたいに、複数のパンを同時に味わう「比較テイスティング」の場合、それぞれの記憶が鮮明なため、個性がすごくわかりやすいです。
見習い研究員のみなさまのご意見も参考にしながら、パンのテイスティングについて一冊の本にまとめたいと思っています。まさにみんなで共同研究する「ラボ」です。

- comments(1) -
パ道 X'mas Tea Party お知らせ

世に、茶の道があり、華の道がある。
ならば、パの道もありうべきではなかろうか。
パの道は、おもてなしの道であり、風流の道であり、同時に食い意地の道なり。
もし風流ありとても、食い意地満たされざるは、腹さびし。
もし食い意地満たされるとも、風流なかりせば、心さびし。
一服の抹茶と、心づくしのパンあらば、心くつろぎ、腹ペコいやされる。

これパの道なり。

 

亭主
長谷川葉月(表千家講師)

 

パン(おみやげつき)
BEAVER BREAD

 

茶道具
折形デザイン研究所

 

パンの研究所「パンラボ」所長 池田浩明さんに、抹茶にピッタリ、クリスマスにバッチリのパンをご提案頂き、表千家講師の長谷川葉月さんのお点前で「パンと茶道」=「パ道」を開催します。
折形デザイン研究所所有のお茶の道具で、ちょっと不思議な取り合わせもお楽しみください。
お茶の心得の無い方も大歓迎!                   

折形デザイン研究所

 

パンに牛乳、ではなくお抹茶を。
パンラボ池田さん発案のもと、この度茶道ならぬパ道を開催することになりました。
今回亭主として美味しい麺麭(パン)とお茶をご用意して皆様をお待ちしております。
師走の慌ただしい時期ではございますがどうぞお出かけくださいませ。    

長谷川葉月

 

日時 2019年12月22日(日)
場所 折形デザイン研究所
参加費/3,000円 当日お持ちください。
持ち物なし
定員/各席 11名
*キャンセルは3日前までにお願いします。食材の準備の関係上、2日前から料金をいただきます。ご理解をお願いいたします。

お申し込みは下記より。

 

パ道 12月22日(日) 一席11:00-12:00

https://business.form-mailer.jp/fms/c38f2dce114484

 

パ道 12月22日(日) 二席13:00-14:00

https://business.form-mailer.jp/fms/d810683a114522

 

パ道 12月22日(日) 三席15:00-16:00←満席のため締め切りました
https://business.form-mailer.jp/fms/369e180c114523


パ道 12月22日(日) 四席17:00-18:00←NEW
https://business.form-mailer.jp/fms/35e05756114804

- comments(3) trackbacks(0)
パンの研究所「パンラボ」 第5回はベーグル!

所長は池田、研究員はみなさん。
食事パンを取り上げてきた「基礎編」、最終回はベーグル。

 

ベーグルといえば、もちもち。
でも、もちもちの中に、いろんな「もちもち」があります。
しなやかなもちもち、溶けながら弾むもちもち、エアリーなモチモチ、ほどけのいいもちもち…。
もちもちに対する感性がアップさせると、ベーグルを食べるのがもっともっと楽しくなります。

 

ベーグルは硬くて食べにくい?
先入観をくつがえす体験が、あなたをベーグルの虜にする、かもしれません。

 

11月の研究テーマ「ベーグル」
※月ごとにパンのテーマは変わります。

 

2019年11月14日木曜日
昼の部14時〜16時(受付15分前より)  
夜の部18時30分〜20時30分(受付15分前より)

 

募集定員 昼の部・夜の部 各20名
研究費 1講座10,000円(税込) 試食パン8種をお持ち帰りいただけます

 

※費用に含まれるもの
パン/テイスティング資料/1ドリンク
場所・折形デザイン研究所 港区南青山4-17-1(表参道駅・外苑前駅 徒歩8分)

 

2019年度「基礎編」
6月13日 食パン
7月11日 バゲット
8月8日 カンパーニュ
9月12日 ライ麦パン
10月10日 フォカッチャ
11月14日 ベーグル

 

2020年度「応用編」
クロワッサン/デニッシュ/シナモンロール/あんぱん/クリームパン/カレーパン(予定)

 

受講された方には「パンラボ研究員認定証」(シリアルナンバー入り)を発行します。


お申し込みは以下のリンクよりお願い致します。

「パンラボ」11月14日木曜日昼の部(14時から16時) 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c8ee0c27625505

「パンラボ」11月14日木曜日夜の部(18時30分から20時30分) 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cdba3e59625506
 
※先着順にて受付させていただきます。
※募集人数に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
※参加費は事前にお振り込みいただきます様にお願い申し上げます。

 

・パンの研究所「パンラボ」とは?
パンのテイスティングについて、学び、研究する場。
見る、触れる、切る、嗅ぐ、噛む、味わう、飲み込む、そして消化する。
五感と脳を総動員してパンを味わう新しい体験です。
参加者は、「パンラボ見習い研究員」となり、毎回テーマに沿った8種の名作パンを味わい、テイスティングの方法をともに学びます。作り手の思い、歴史、意味論、コネタ、食べ方まで。最終的には、パンをこれから食べていくための「座標軸」をみなさんの頭の中に持っていただけるようにしたいと思います。

 

・テイスティングとは
「外観・内観」「質感」「アロマ」「食感(噛みごたえ・舌触り)」「口溶け」「フレーバー」「喉越し」からなる鑑賞のフレームに沿って、パンを味わい、表現する方法。今回みたいに、複数のパンを同時に味わう「比較テイスティング」の場合、それぞれの記憶が鮮明なため、個性がすごくわかりやすいです。
見習い研究員のみなさまのご意見も参考にしながら、パンのテイスティングについて一冊の本にまとめたいと思っています。まさにみんなで共同研究する「ラボ」です。

- comments(1) trackbacks(0)
陸前高田のためにおいしいパンを焼いてくれる人、募集。

2020年秋、陸前高田で「ベーカリーマーロ」がオープンします。

陸前高田のためにおいしいパンを焼いてくれる人を募集しています。

 

2011年以来、被災者のみなさんにパンをお配りするため、彼の地を何度も訪れました。

そのたびに、パンが人を笑顔にするところを見、おいしいパン屋さんがほしいという声を何度も聞きました。

陸前高田でパンは求められています。

 

8年前の、ちょうど今ごろでした。

津波をからくも逃れた丘の上で、私はりんごが赤い実をつけるのを見ました。

その可憐さは、無残にも津波が流し去った市街地の跡とはあまりに対照的でした。

私は夢を見ました。

りんごのパンが名物のパン屋をこの街に作って、街の人に元気を与えるととともに、遠くから食べにきてもらえないかと。

 

「希望のりんご」という復興支援のグループを作り、ことあるごとにそれを言いつづけていたところ、本当にそんなパン屋を作りたいという人が現れました。

田村満さんという、地元の自動車学校の社長さんで、自分の学校を開放してまで復興に尽力し、街で尊敬を集めている方です。

震災以来、市街地がなくなり、若年人口も減り、過疎が進行しています。

このままでは 陸前高田はなくなってしまう、そんな危機感を共有する人たちによって立ち上がった「CAMOCY(発酵の里)」というプロジェクトの一環です。
しょうゆやみそといった陸前高田で古来からつづく発酵文化ともコラボし、またビールや日本酒といったさまざまな発酵の職人たちとも協働し、発酵のパラダイスを作ろうという雄大な構想です。
シェフの候補を求めています。
必要なのは、技術以上に、あなたのイメージと情熱です。
陸前高田の人にどんなパンを食べてほしいか、どんなパン屋があればにぎわいが生まれ、幸福な日常がやってくるのか。
そんなことを自由にイメージして、パンを作ってください。
強力な助っ人もいます。
震災のあとから、ずっと復興支援活動に協力、何度もいっしょに陸前高田を訪ねてきた、ZOPFの伊原靖友シェフも支援を快諾してくれています。
興味がある方、まずは一度、話をしてみましょう。
もし可能なら、陸前高田を訪れてみてください。
その上で、自分にできることがある、と思えたら、陸前高田のために手を貸してください。
↓応募要項

- comments(0) trackbacks(0)
麦フェス2019、今年は11月24日、パン祭りゾーンあり!

パンラボ池田が理事長を務める、NPO法人新麦コレクション主催!

昨年大盛りあがりだった、新麦を味わう収穫祭がスケールアップして帰ってきた!

パン、ラーメン、イタリアン、フレンチ…豪華絢爛たる名店が参加!
中でもパンオタク的注目点は、パン祭りゾーン。

小麦への熱き思いを胸に、すごい店が参加しているのだ!

 

(昨年の麦フェス。SHŌPAINさん)

=新麦パン販売ベーカリー=
・パンストック×マツパン(福岡)
・CICOUTE BAKERY(南大沢)
・ビーバーブレッド(東日本橋)
・SHŌPAIN ARTISAN BAKEHOUSE(那須塩原)
・soil by HOUTOU BAKERY(横須賀)
・発酵所(太田)
・パーネ・エ・オリオ(護国寺)
・クロフトベーカリー(前橋)
・blanc(虎ノ門)
・チェスト船堀(船堀)

 

【参加費】前売りチケット ¥1,500(税込)
【日時】 2019年11月24日 (日) 11:00~19:00
【会場】 寺田倉庫TMMT
〒140-0002 東京都品川区東品川2-11-1
※お申込後のキャンセル・返金はご対応できませんのでご了承ください

 

会場のTMMT。

今年はチケットをご購入いただけば出入り自由。

広々とした会場で、好きなだけ過ごすことができます。

 

詳細・チケット購入

https://mugifes.peatix.com/

 

(昨年の麦フェス。飯田商店さん)

パン以外も超豪華!

らぁ麺屋 飯田商店(湯河原)
 × 饗 くろ喜(浅草橋)


素材派ラーメン店の二大巨頭がコラボ、この日だけの特別メニューを提供。

 

ナポリピッツァ世界大会1位の実力派「ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ」(石神井公園)、横浜で名を馳せるフレンチの巨匠「レストラン アルティザン」(元町・中華街)も参加!

 

会場内で行われる「ワークショップ」では、人気シェフが登場、匠の技を披露する!
参加費:500円 / 定員 各回50名
・第1回 12:00 ~ 12:40(実演販売:栄徳剛/ ブラフベーカリー) 
・第2回 14:00 ~ 14:40(実演販売:杉窪章匡/365日・15°C・ジュウニブンベーカリー) 
・第3回 16:30 ~ 17:10(実演販売:片根大輔/カタネベーカリー)
・第4回 18:00 ~ 18:40(実演販売:原田浩次/パーラー江古田)
*開始30分前より会場にて整理券を配布します 

 

もちろん、パンラボ池田も会場にずっといます。

小麦に懸ける職人たちによる魂の真剣勝負を見にきてください!

 

詳細・チケット購入

https://mugifes.peatix.com/

 

- comments(0) trackbacks(0)
パンの研究所「パンラボ」 第5回はフォカッチャ

所長は池田、研究員はみなさん。

フランス、ドイツと研究を行ってきた「パンラボ」、次はイタリアにテーマを移します。

 

フォカッチャに開けられたたくさんの穴、なんという名前? 

なんのために開けられている?

イタリアの小麦粉と国産小麦、どんなちがいがあるでしょうか?

今回も8人の作り手を比較テイスティング、フォカッチャの謎を紐解いていきます。

食べ方も研究、イタリアならではの食文化も垣間見れる構成にしたいと思っています。

 

2019年10月10日木曜日
昼の部14時〜16時(受付15分前より)  
夜の部18時30分〜20時30分(受付15分前より)


10月の研究テーマ「フォカッチャ」

※月ごとにパンのテーマは変わります。

 

募集定員 昼の部・夜の部 各20名
研究費 1講座10,000円(税込) 試食パン8種をお持ち帰りいただけます

※費用に含まれるもの
パン/テイスティング資料/1ドリンク

 

場所・折形デザイン研究所 港区南青山4-17-1(表参道駅・外苑前駅 徒歩8分)

 

2019年度「基礎編」
6月13日 食パン
7月11日 バゲット
8月8日 カンパーニュ
9月12日 ライ麦パン
10月10日 フォカッチャ
11月14日 ベーグル

 

2020年度「応用編」
クロワッサン/デニッシュ/シナモンロール/あんぱん/クリームパン/カレーパン(予定)

 

受講された方には「パンラボ研究員認定証」(シリアルナンバー入り)を発行します。

 

お申し込み方法は以下のリンクよりお願い致します。
「パンラボ」10月10日木曜日昼の部(14時から16時) 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c8ee0c27625505

 

 「パンラボ」10月10日木曜日夜の部(18時30分から20時30分) 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cdba3e59625506
 
先着順にて受付させていただきます。

※募集人数に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
※参加費は事前にお振り込みいただきます様にお願い申し上げます。

- comments(0) trackbacks(0)
| 1/193 | >>