パンの研究所「パンラボ」。
誌面では紹介しきれなかったパンのあれこれをご紹介します。
パンのことが知りたくて、でも何も知らない私たちのための、パンのレッスン。
沖縄はパン屋ラッシュ

沖縄が梅雨入りでじゃぶじゃぶ雨が降っていると聞きながら、

沖縄へ行って来た。


私が行く前の週はかなりひどい雨降りが続いていたようだけど、

私が行ってからはほとんど降らず、たのしい沖縄暮らし♫


今回の滞在先は名護の友人/元パンの会の会員さんのお家/アパート。

那覇空港までお迎えに来てもらい、名護へ向かう途中の宗像堂でひと休み。

宗像堂の宗像さんとはず〜っと前、彼がパン屋さんをはじめた頃からの知り合いで、

最後に会ったのはパンの会のイタリアツアー(2005年秋)。

かなり久しぶりだった。


宗像さんと美人奥さんのみかさんと友人と私の4人でパンを囲んでいろんなおしゃべりをして来た。

蚊に刺されながらね(苦笑)

そのときに「沖縄はパン屋ラッシュ」だと聞いた。

確かにこの10年でぢゃんぢゃかパン屋さんが増えていてた。

以前宗像堂にいたソウイチくんも読谷村に「水円」という

ステキなベーカリーカフェを開店させていた。


友人宅がある名護にも「パン・ド・カイト」というパン屋さんが出来ていた。

パンカレンダーの秋山ちゃんの紹介で訪れたカイトはおいしいハード系のパンが並ぶ、

沖縄らしからぬお店。

オーナーシェフの河本さんは横浜生まれで、

沖縄へ来る前は茅ヶ崎にいた海好きくんだった。子どもの名前も「海」。


友人は元会員さんなので当然パン好き。

なので毎夕食パンだった。

宗像堂(宜野湾)、麦焼(恩納村)、パン・ド・カイト(名護)、Coo(今帰仁)のパンたち。

水円ははるばる訪れたけれど「梅雨休み」だった。

ま、そのおかげで麦焼のパンを食べてみることが出来たんだけどね。



足が靴擦れで豆だらけになるくらいたくさん歩いて、

毎晩ビールで乾杯し、沖縄お惣菜でパンを食べる日々。


なかなか充実していてたのしかった。

いろんな意味で名残惜しかったが、

帰路は冷凍してた宗像堂パンと当日買いに行ったパン・ド・カイトのパンを中心に

ゴーヤや島にんじん、ハンダマ(水前寺菜)など沖縄食材もたっぷり持ち帰って来た。

荷物が重すぎて、大変なことになったけど、がんばったよ。

これだけパンがあるならまた沖縄も行っちゃおうかな〜って思ってま〜す。


              ◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎


渡邉政子さん comments(1) trackbacks(0)
45才*パン子 
14日に45才という立派な大人になった。

ずいぶん前から大人なはず。

しかし実年齢ばかりが先行し、どうも中身が伴っていない気がする。


パンの会を一緒にやっていた秋山ちゃんも今月がお誕生日で、

彼女は何と4月12日/パンの日生まれで、

こんなにパンを愛している私はなんで12日に生まれなかったのかと思うこともあるが、

パンの日生まれで愛パン家やってるなんて出来過ぎた話のような気もするので、

二日遅れくらいがちょうどいいのかもしれない。


パンのプレゼントがいっぱい届くのかと思われがちだけど、

今までほとんどパンのお誕生日プレゼントをもらったことはない。

パンまわりのものは多く、今年のナイスチョイスプレゼントはコレ!



ブログで活躍してるかしわでさんから。


六花亭のマルセイバターサンドは好きで、

おみやげでいただいたりするとうれしくてバンザイ。

大事に大事にまさこスライスで食べていた(笑)


しかし、マルセイバターサンドの意味をよく考えたことはなく、

マルセイバターがあるとは知らなかった。

正式名は「マルセイバタ」?

きっとこのバターを使っているからマルセイバターサンドなんだ!


そして添えられているのはオシャレなバターナイフ。

バターナイフはかわいいのがあると自分でも買ってしまうキッチンアイテムで、

今やコレクションと言ってもいいほど集まっているが、

こんなスタイリッシュなものはマイコレクションにはない。

どちらかというとほっこり系が多い。


さすが男性目線のチョイスは違うなぁと感心した次第だ。


45才になっても

No Bread No Life.

おいしくたのしいパンライフを送ろうと思う。


◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎



渡邉政子さん comments(2) trackbacks(0)
ミャンマーで炭水化物ダイエット
タイへ行っている間に10日間のミャンマーの旅に出かけた。

ミャンマー/ビルマ。


正直言ってパンはダメだった/涙

中ランクのホテルに全部で9泊(マンダレー、バガン、ゴールデンロック、ヤンゴン)だったけど、朝食では小ぶりなしょうもない角食パンのトーストのみ。


マンダレーのホテルでは甘くてふにゃふにゃのクロワッサンがあったけど。。。

マンダレーではパン屋さんをのぞいてみたし、

ヤンゴンではスーパーのインストアベーカリーをチェックしたけれど、

町中の商店も含め、ふかふかの菓子パンと調理パン、角食パンくらいしかなかった。

ハード系は「これですか?」ってバゲットと、

バゲットと同じ生地だというカンパーニュを見ただけ/トホホ@ヤンゴンのスーパー。


おいしかったのはパンの仲間、蒸しパンのパオシー@マンダレー。



写真が良くないけど、

これはスライスしたココナッツを甘いシロップで煮たものが入っていた。

私のグー/握りこぶし位の大きさで20円くらい。


他には豚肉(=豚まん)や鶏肉ってのもあって、

こっちはスイートチリソースみたいなのが添えられていた。

鶏まんは野菜やゆで卵も入ってて◎

ココナッツまんよりもふたまわりくらい大きくて40円。

朝4時から夜まで大盛況のパオシー屋さんだった。


パオシーはココナッツのと鶏のを1/3個くらいおいしく食べたけど、

10日間ほとんどパンを食べることがなく、

ミャンマー料理や中華料理などで食事のときにもごはんってものをほとんど食べなかった。


そしたら炭水化物ダイエット状態に陥り、10日間のミャンマーの旅でスマートになった。

タイよりも日射しが強く日焼けもした。

そのおかげでますます痩せて見えてしまう。

ミャンマーから帰って来た頃の私は、私好みの良く焼けたバゲットのようだった(苦笑)


ダイエットしたかったらミャンマーへ行こう!なんてね。

でも食べたいパンがないところに行くと痩せることがよ〜くわかった。


パンはイマイチだったけど、ミャンマーは大好きになったので、

次は日もちするカンパやロデヴを持参で行ってみたいと思う。


◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎



渡邉政子さん comments(0) trackbacks(0)
グリーンデイズの自家製パン@タイ/チェンマイ

1月のおしまいからタイ/チェンマイへ逃冬で渡り、

途中10日間ミャンマー旅行へ出かけ、3月4日に帰国。


5日にはパンコンテスト/ジャパンカップのために大阪へ行き、

週末に戻ってからも5週間のツケがたまっていて。。。

すんごい久しぶりの登場になってしまった(ちょっと反省)


今年のチェンマイは昨年同様タイ料理でパンを食べる日々。

昨年報告したリンピンスーパーマーケットの

インストアベーカリーのパンを食べ続けた。


さらに昨年スムージーを食べに行っていた

日本人女性が営むカフェ/グリーンデイズで今年は自家製パンを焼いていることがわかり、

そのパンもときどき食べるようになった。



ロイクロウというタイマッサージの学校の近くにあるグリーンデイズには

ロイクロウの日本人生徒が大勢訪れ、日本語が通じる。



いつも食べていた小倉ミルクスムージー(60バーツ/約180円)



パンを焼いてくれているかよちゃん。

「パンはラオスもいいですよ〜」って。来年はラオスパンツアーか?!



かよパンでお気に入りだったオレガノのフォカッチャ40バーツ。

少量のイーストで作っているそうで、もちもちむっちり。

まさこスライスで生食いが好きで、これがあるとついつい買ってしまっていた。




パンは日替わりで、こんな丸パンやパン・オ・フリュイがある日もある。

フリュイもおいしかったよ。


どこかで勉強したわけではないらしいかよちゃんだけど、試行錯誤を繰り返しながら、

暑いチェンマイでおいしいパンを焼いてくれている。

リンピンパンは相変わらずおいしいので、

リンピンときどきかよパンってのが私には合ってたみたい。


来年はどんなかよパンに会えるのかたのしみ♫


◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎


渡邉政子さん comments(3) trackbacks(0)
パン正月
んっ?! 
見ての通りこれは切り餅。
元旦に食べるはずだった私の分のお餅。
未だに食べられずにいるかわいそうなお餅。。。

年末年始は実家へ帰って、家族と賑やかに和やかに過ごしていた。
お年越しの食事&年越しそばを総勢10人でいただいた。
私の恒例のお年越しが始まったのはその後。
京都のたま木亭から届いたパンを年を越しながら食べる。
深夜にひとり、テレビで映画を観ながらパンを食べるのが恒例になっている。
除夜の鐘は聞こえなかったなぁ。。。
今回はたま木亭のカンパーニュを食べているときに新年を迎えた。
いい感じの年明け♫
そんなことをしているので、みんなが元旦の朝お雑煮を食べている頃、私はまだすやすやと眠っている。
毎年私の分のお雑煮の汁とお餅はとっておいてくれるが、食べるときがない。
夕食のときにお雑煮の汁は薄めてお吸い物としていただいたが、パンを食べたいのでお餅を食べるチャンスがない。
元旦の夕食もたま木パンを食べていた。
その後も連日パンを食べていたので、お餅は食べないまま。。。
「おいしいから、まぁこも食べたら?」と家族にすすめられ、結局東京にまで持って来てしまった。
カビてしまう前に自家製あんこと食べようかとも思うがあ・や・し・い。
キケンなのであとで冷凍しちゃお〜っと。

2013年もパン三昧のしあわせな一年になりそうおおおおおおおお♫

               ◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎



渡邉政子さん comments(0) trackbacks(0)
食パン男*失踪事件
ほぼ毎日スポーツジムへ泳ぎに行くときは、
パンラボグッズ*食パン男を付けたリュックサックを背負って行く。
つまり毎日食パン男と一緒♫
先週末、彼が失踪した。
どこへ行ってしまったのか心配したが、
ジムの女子ロッカールームに滞在していた(笑)
もしかして、とスポーツジムで落とし物がなかったかと
食パン男の風貌を伝え問い合わせると
「見ました!」とレセプションのおねーさん。
「すごく印象に残ってたのでおぼえてました」と。
忘れ物/落とし物ノートには
「パン おとこ」と記されていた。
サインをして無事私のところへ戻って来たすね毛パン男。
一瞬だけど彼がいない間はおいしそうな食パン/トーストを付けてみた。


トーストはたった一日でまたお箱入り。
また毎日食パン男とジム通い復活♫

            ◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎

渡邉政子さん comments(0) trackbacks(0)
ジャム子復活
京都/一乗寺のステキな本屋「恵文社」さんでの『ジャムるフェア』のために先週はせっせとジャム作りをした。
「まさこジャム」のときも、八百屋のお母さんのため(私のりんごジャムが大好物だというので、ときどきイタミかけのりんごでジャムにしてあげている)、フルーツや野菜がいっぱいのときにジャム作りはしていたが、大量に作ったのは久々。
前回の大量ジャム作りは、池田さんが東北の被災地にジャムを持って行きたいと言って来たときで、一年半前だった。
そして今回のジャムは「まさこジャム」に載っているものという約束だったので、その中から常温でも大丈夫そうな6アイテムを選びジャム子になった。
まずはトマトとバナナ、キウイフルーツを買って完熟にさせることからはじめた。
家の中に大量のバナナがぶら下がり、あちこちにトマトやキウイ、かぼちゃ、ごぼう、小豆。
何だか動物園のよう。。。
ゾウでも飼っているかのようなお家に帰って来るたび「クスッ」と笑いがこみ上げた。
同時進行でほどよいサイズの瓶を探して購入すること、そして原材料等を書いたラベルを作った。
これらは今までにない作業とも言えるが、販売するとなるとやらないわけにはいかない。

ジャム作りは2日に分けて行い、煮沸した瓶に詰めた。
今回のあんこ用の小豆はなかなかやわらかくなってくれなくて、3時間も炊いた。しかも大きな鍋がないので2回に分けて。
3時間は過去の豆炊き最長時間。
あんことかぼちゃの2色ジャムは瓶詰めでちょっと苦労もしたが、我ながらキレイにできた気がする。
それが先日このブログにアップされた写真。
その後表ラベル「あんこ」「バナナ」「ごぼうピクルス」などのラベルを手書きしてはり、原材料等の小さなラベルなども貼り、ちょっとだけラッピング。


ちまちまと内職のようだったが、だんだん手慣れて来て作業もスピーディに。
と思った頃にはお・し・ま・い。
全部で60本のジャムが完成した。
それを箱詰めし、近所のコンビニまで運んだ。
総重量16.5キロ!
4階から階段を下り(エレベーターないから)、横断歩道を渡り。。。
力持ちだけど、きつかった。

恵文社さんで17日から販売されているはず。
みんながパンと一緒においしくたのしくジャムってくれることを願っていますです。

東京では12月にブロートハイムでジャム。
寒くなるので、どんなメニューにしようか考え中。
でも一番うれしいのはブロートハイムのパンと、ちょびっとお話をしてくれる店主/明石さんだったりしてね(笑)。

              ◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎


渡邉政子さん comments(2) trackbacks(0)
パンカレンダー2013
今年も残すところ2ヶ月を切った。
一年って早いなぁってしみじみする季節。
今年は「まさこジャム」作りをしていたので、よりスピーディーだった気がする。
このブログの「まさこジャム」に関するコメントも読んでいて、元パンの会の会員さんや、会ったことがないパンラボファンからの言葉に、ひとり「ありがとう」とニンマリする今日この頃なのだが、お返事を書けないのが申し訳ない/ごめんちゃいな私。。。

「まさこジャム」を作っている頃、秋山洋子ちゃんのカレンダーの原稿も書いていた。
2013はちょっとパンのお勉強バージョン。それで私が原稿を担当することになって、食パン、フランスパン、カイザーゼンメルなど、わりとみんなが知っているパンについて、調べて簡単にまとめてみた。


読みごたえもあるけれど、おいしそうな秋山ちゃんパンイラストに食欲増進!
またはパン屋さんで販売されているはず。
おいしそうなパンを見ながら来年のたのしいパン計画を立ててね♫

                  ◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎



渡邉政子さん comments(0) trackbacks(0)
食べそこねたカレーパン
10月30日は「2012 パングランプリ東京」の表彰式。
今年で3回目を迎えたパンコンテストで、審査があったのは9月の終わり。
夏休みを終えて、東京へ戻って来た直後だった。
審査員だった私は当然結果は知っていたものの、まだ内緒にするようにと言われていたので、言いたい気持ちをぐっと我慢していた。
表彰式も終わったんだから、もう解禁!
山型食パン部門、カレーパン部門、国内産小麦パン部門の3部門があり、
各部門グランプリと全部門で最も良い作品1点が「東京都知事賞」だ。
東京都知事賞はVIRONの松田くんだった。
何と昨年に続いて2年連続!
なんとカレーパン部門「巣ごもりカレーパン」で受賞!!
サクサクした細い衣をまとったカレーパンで、パン生地もサックリ、カレーのお肉もとろりんやわらかく煮込まれたもので、全体に口溶けがいい。
見た目のインパクトもあった。
審査のときはもちろん食べたが、その後「もう一度」と思ったら、スタッフに食べ尽くされていた/涙
それで「表彰式のときに!」と思っていた。
ところがこれだ。


受賞者や関係者と歓談しているうちにこんなことになっていた。
また食べそこねてしまった/涙
あまりにも悔しいのでこの衣だけもらって帰って来た/トホホ
衣だけでもおいしかったから。
まさこジャム「豆腐ぐちゃぐちゃサラダ」のトッピングに加えて食べた。
ホントに食べたいのはこの形ぢゃなかったんだけどなぁ。
と思いながらだったけど、おいしかった。

このパンコンテストに参加するパンは、店に売っているパン、または今後販売するパン。
いつか買って食べられるはず。
VIRONってのはありえないだろうから、みんなのパンやさんかなぁ。
ちなみにカレーパン部門のグランプリは同じくVIRONの岡崎さんで、レンコンやごぼうなど根野菜を使った「根カレーパン」。
そのうち「みんなのぱんや」さんで「カレーパンの日」なんてのがあるのかもね。
たのしみ〜♫

今後、私が審査員でお手伝いするのは、現在投票受付中(もうすぐ閉め切り)のくるみパンコンテスト「くるみパン オブ・ザ・イヤー」
そして、来年度3月に第1回目が開催される「ベーカリージャパンカップ」

審査するのはちょっときついとき(お腹が苦しい)もあるけど、どんなおいしいパンに出会えるかと思うとウキウキ♫

               ◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう

渡邉政子さん comments(0) trackbacks(0)
ゴントランのみみ
まさこジャムの出版記念イベントの打ち合わせで
はじめて渋谷の「ゴントラン シュリエ」へ行った。
オープンしてから数ヶ月経つのに今頃?
でも「今頃」になってしまった。
ついでに言えば、その日の打ち合わせの前にはじめてヒカリエの「ロブション」にも行ってみた/ハハハ。
はじめて本物のゴントランパンを見て食べてみた。
パンを物色した第一印象/感想は
「白い」だった。
池田さんが手がけたと言うパンフレットに載っかっているパンやペストリーは
どれもこれも私好みの濃い茶色の焼き色なのに、
店に並んでいるクイニィアマンもクロワッサンも焼き色が薄い。
それで「白い」だった。
ついでに言えば形もさまざま。
打ち合わせでは、その白く不揃いだったクイニィアマンをいただいた。
広がったような巻き終わりはやや茶色が濃いめで香ばしくリッチな味わいでおいしかったし、真ん中辺りの白い部分もムニュッとして悪くはなかった。
感想を一言で言えば「おいしかった」となるのだが、
写真のようなしっかり焼き込まれたクイニィアマンもいつか食べてみたい。


お家に持って帰って食べたのはタワー状の栗クリーム入りのモンブラン、トマトのリュスティックとプティくるみカンパ。
このタワー状のモンブランは何ぢゃ? と思ったら、デニッシュペストリーで作ったコロネを立てたものだったので、横にしてまさこスライスでいただいた。
他もまさこスライスで。
どれもこれもおいしかったよ。
でももっと気に入ったのは二日後にまた別な打ち合わせで訪れて買った
「パンのみみ」¥100。
パン・ド・ミの耳を一斤分ほど集めたひと袋。
耳好きな私にはぴったりんこ。
牛乳入りの生地のせいか、ほんのり甘くて香ばしい。
生でもりもりいただいた。
ゴントランのみみ、オススメよ〜♫

               ◎ ○ ◎ まさこぱん ◎ ○ ◎


にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ panlaboをフォローしましょう
渡邉政子さん comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/5 | >>